1月, 2011 のアーカイブ

MSDNで、Windows Azure Platform ハンズオン トレーニングのポイントをまとめた動画シリーズが公開されました。短時間で Windows Azure Platform の技術概要を把握したい方、ハンズオン トレーニングに参加したいできない方などにオススメです。

また、無償のWindows Azure Platform セミナー & ハンズオントレーニングも引き続き開催中ですので、興味のある方はお気軽にご参加ください。

備忘録として、Oracle Database から SQL Azure Database への移行に関連する情報源をまとめておきます。

直接 Oracle Database から SQL Azure Database への移行を試みるよりは、まず Oracle Database から SQL Server に移行し、それから SQL Azure Database への移行を行う方がいいでしょう。SQL Server から SQL Azure Database への移行の際には、SQL Azure Database でサポートされていない機能に依存していないかどうか、注意してください。

まずは、Oracle Database から SQL Server への移行に関する情報から。

SQL Server Migration Assistant (SSMA) は、Oracle Database などの各種のRDBMSからSQL Serverへの移行を支援するツールです。

続いて、SQL Server と SQL Azure Database の違いや、SQL Server から SQL Azure Database への移行に関して。

ソフトウェア技術者のコミュニティ サイト「The Code Project」で、「Windows Azure Marketplace: The DataMarket Contest」というコンテストが始まりました。(なお、このコンテントは、マイクロソフトとは関係ありません。)

このコンテストは、Windows Azure Marketplace DataMarketのデータ セットにアクセスし、Windows Azure Platform 上で稼働するクラウド アプリケーションが対象だそうです。

1月から3月までの毎月上位2~3名には東芝のCore i7 ノートPC、全体を通した優勝者にはXbox 360 と Kinect のセットが、賞品としてプレゼントされるとのこと。

以前、コードネーム「Dallas」と呼ばれていた「Windows Azure Marketplace DataMarket」は、価値のあるデータへのアクセス (読み取り) を有償あるいは無償で提供するサービスです。

DataMarketで公開されているデータ セットは、 DataMarketのサイトで確認できます。金融や統計情報などのビジネス寄りのデータだけではなく、地図情報、天気、スポーツやエンターテインメントなど、様々なカテゴリのデータが公開されています。

「スポーツ」カテゴリには、MLB (メジャー リーグ) や NFL のスタッツ (統計情報) もありますね。たとえば、イチローの各種情報を可視化するアプリなんてどうでしょう?

日本からは、ゼブラル様が、日本の株式公開企業のディスクロージャ情報をDataMarketで公開しています。

DataMarketにアクセスするプロトコルは OData なので、.NET のみならず他言語のクライアント ライブラリを利用できますし、Excel などのクライアントから直接アクセスすることも可能です。

日本の開発者の皆さんも、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

2011

Posted: 2011/01/01 カテゴリー: Uncategorized
タグ:

あけましておめでとうございます。

昨年の秋に、10年以上所属していた前職から Microsoft に移り、Windows Azure Platform の Developer Evangelist として活動を始めました。これからまだまだ頑張っていかないといけませんが、楽しんで仕事をしております。

お世話になっている皆様、2011年も引き続きよろしくお願いいたします。