日本マイクロソフト – 東北地方太平洋沖地震に伴う支援と対応について

Posted: 2011/03/15 カテゴリー: Uncategorized
タグ:,

3/12からスタートしたWindows Azure 無料パスをはじめとする、日本マイクロソフトによる東北地方太平洋沖地震に伴う支援と対応をまとめたニュース リリースです。

  • S/N Ratio > 東北地方太平洋沖地震 対応用 Windows Azure 無料パス (2011/03/12)
  • 日本マイクロソフト > 東北地方太平洋沖地震に伴う支援と対応について (2011/03/15)

東北地方太平洋沖地震に伴う支援と対応について

このたびの東北地方太平洋沖地震で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

マイクロソフトは、被災者の救済および被災地の復興に役立てていただくため、200万ドル相当の支援を行うことを決定しました。また、日本マイクロソフトの社員からの募金を、被災地にて支援活動を展開しているNGOに全額寄付します。

また、マイクロソフトは、救援活動および災害復興の支援を最優先に、以下の活動を実施します。今後、状況を見ながら、追加支援を検討してまいります。

MSN(R)サイトでの情報提供

震災関連情報ポータルページを設置するとともに、安否情報や震災関連情報を掲載し、迅速な情報提供に努めています。

クラウドを活用した緊急情報提供用のWebサイト構築および移行支援

アクセスの集中などによる高負荷状態のWebサイトや、緊急情報提供用のWebサイトについて、クラウドサービス(Windows Azure(TM) Platform)を活用したサイト構築および既存サイトの迅速な移行を支援します。高負荷がかかり処理が追いつかないWebサイトのミラーサイト構築を行うとともに、当社の開発者支援チームが技術支援の提供や、サイト構築を簡素化する支援ツールも提供します。

上記支援を希望される場合は、事務局 info311a@microsoft.com (電子メール)までご連絡下さい。

また、Windows Azure Platformを90日間無料で利用出来るパスを発行しています。

当社クラウドサービスによる救援活動および災害復興の支援

電力供給が制限される状況において、電力消費が少なく、すぐに利用出来る情報提供および共有の手段として、マイクロソフトのクラウドサービスを90日間無償提供します。

  • 提供する機能:連絡用電子メール、電子掲示板および伝言板、文字/音声/映像チャット、緊急支援物資の管理、緊急管理用データベースなど

対象となるクラウドサービスおよび申し込み/問合せ先は以下のとおりです。

非営利法人(NGO/NPO)向けの支援

被災地の復旧支援を行う非営利法人を対象に、復旧作業の業務に必要なWindows(R)製品、Office製品およびサーバー製品などの当社ソフトウェア製品を一定の枠内にて無償でダウンロード提供します。支援を希望される場合、問合せ窓口(japanca2@microsoft.com)まで、団体名、ソフトウェアの活用用途、希望ソフトウェア製品名および数量を電子メールにてお送りください。担当者よりご連絡します。

なお、ネットワーク回線への負荷軽減や節電を考慮し、3月15日(火)午後1時に予定していた最新ブラウザーInternet Explorer(R) 9日本語版の製品版提供の延期を決定しました。新たな提供日については復旧状況を見ながら決定次第ご案内申し上げます。

マイクロソフトは、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げております。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中