SQL Azureへの接続の確認

Posted: 2011/08/27 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , ,

SQL Azureの2011年7月サービス リリースが展開されつつあるため、アプリケーション ロジックに対する重要な考慮点についてアドバイスしたいと思います。アプリケーションがSQL Azureに接続しているか、SQL Serverの他のエディションにに接続しているかを判断するために、プログラム的に確認しているお客様がいるかもしれません。サーバーのバージョン番号はアップグレードやサービス リリースによって変更されるので、アプリケーション ロジックがバージョン番号に基づかないようにすべきであることに、注意してください。ただし、ロギングの目的でバージョン番号を使うことは、問題ありません。

SQL Azureに接続しているかどうか確認したい場合、次のSQL文を使います。SQL Azureは「5」を返します。

  • SELECT SERVERPROPERTY(‘EngineEdition’)

SQL Azureのオンライン ドキュメントで、SERVERPROPERTY関数の完全な説明 (英語 / 日本語) をご覧ください 。

現在のSQL Azureサービス リリースは、SQL Azureデータベース エンジンのバージョンを10から11にアップグレードします。このサービス リリースは、データセンターに展開されつつあります。

今回のサーバー バージョン番号の変更は、次のサーバーサイドAPIで確認できます。

  • SELECT SERVERPROPERTY(‘ProductVersion’)
  • SELECT @@VERSION

次のクライアントサイドAPIでも、確認できます。

  • ODBC: SQLGetInfo (SQL_DBMS_VER)
  • SqlClient: SqlConnection.ServerVersion

サービス アップグレードの期間中 (数日間)、あるユーザー セッションがバージョン 10.25.bbbb.bb のSQL Azureに接続し、別のユーザー セッションがバージョン 11.0.bbbb.bb のSQL Azureに接続することがあります (bbbb.bb はビルド番号)。1つのデータベースに対するユーザー接続が、接続ごとに異なるバージョン番号となる可能性があります。アップグレード終了後には、すべてのセッションはバージョン 11.0.bbbb.bb のSQL Azureに接続します。

ユーザーのクエリやアプリケーションは、通常通り機能し続け、アップグレードによって悪影響を受けることはありません

2011年7月サービス リリースは根本的であり、全体的なパフォーマンスとスケーラビリティを向上するために設計された、基盤のエンジンの重大なアップグレードも含まれています。今回のアップグレードは、クラウドのSQL AzureサービスとSQL Serverの次期バージョン (コードネーム「Denali」) との間で、共通の基盤と機能セットを提供するための大きな第一歩でもあります。詳細情報は、ブログ ポスト「Announcing: SQL Azure July 2011 Service Release」(日本語訳「SQL Azure 2011年7月サービス リリース」) をお読みください。

関連情報:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中