Windows AzureのOpenness (オープン性) に関するアップデート

Posted: 2011/12/13 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , ,

 

日本語訳

マイクロソフトのオープン ソース コミュニティ シニア ディレクターとして、Windows Azure上の幅広いオープン ソース開発のアップデートを皆さんと共有できて、これ以上幸せなことはありません。

Windows Azureに対して漸進的な改善を続けながら、我々は開発者コミュニティとの連携に取り組み続けています。我々は皆さんの声を聞くことに時間を費やし、皆さんの声をはっきりと聞こえています。

クラウドでアプリケーションを構築するために開発者が使いたい多数の異なるテクノロジーがあることを、我々は理解しています。開発者は、経験、スキル、アプリケーション要件に最も適合するツールを使いたいことでしょう。我々の目標は、そういった選択肢を可能にすることです。

この目標に沿って、Windows Azure上でのNode.js、MongoDB、Hadoop、Solr、memcachedの新しく改善されたエクスペリエンスを提供できて、とても嬉しく思います。

これは、開発者がすでに知っている言語やフレームワークを使って、Windows Azure上でアプリケーションを構築できるエクスペリエンスを提供し、データベースの管理とスケーリングに関してお客様に優れた柔軟性を提供し、お客様がWindows Azureでクラウド コンピューティングを使い始めて思い通りに使うこと簡単にするという、我々の継続的な約束を果たすものです。

本日の発表のハイライトは、次の通りです。

Windows Azure SDK for Node.jsをオープン ソースとしてリリースします。GitHubで入手可能です。このライブラリは、我々の最近のNode.jsへの貢献を完全に補完するものであり、Windows Azure上でのより良いNode.jsのエクスペリエンスを提供します。Windows Azure開発者センターにアクセスし、Windows Azure上でNode.jsを使い始めるためのドキュメンテーション、チュートリアル、サンプル、ハウツー ガイドを入手してください。

・Node Package Manager for Windowsのコードも提供します。これは、簡単で迅速なNode.jsの構成と開発のために、Windows上でnpm (Node Package Manager) を利用可能にします。Widnows開発者は、npmを使ってNodeモジュールをインストールし、npmのモジュール依存性の自動処理などを活用できるようになりました。

Apache Hadoopに関する最近の発表に基づいて、Widnows Azure上のApache Hadoopベースのディストリビューション サービスの限定プレビューを利用可能にします。これによって、Hadoopアプリケーションを数日ではなく数時間でデプロイ可能になります。また、これには、Hadoop JavaScriptライブラリと、ODBC DriverとExcel Plugin for Hiveを介した強力なデータへの洞察も含まれます。詳しくは、Windows Azure Team Blogをご覧ください。このプレビューの試用に興味をお持ちの場合、このフォームを入力し、ビッグ データのシナリオの詳細をお知らせください。マイクロソフトは、使用シナリオを基にして、選ばれたお客様にアクセス コードを発行する予定です。

・NoSQLファンに皆さんのために、我々は過去数か月の間、10Gen、およびMongoDBコミュニティと密接に連携してきました。もしあなたが先週のMongoSVに参加していたら、Windows Azure上で稼働するMongoDBをすでにご覧になっているはずです。10GenのWebサイトで、ダウンロード、ドキュメンテーションなどを入手してください。Node.jsとMongoDBという人気の高い組み合わせを使っている場合、簡単で分かりやすいインストール プロセスで、Windows Azureを使い始められます。詳細はこちらから

・Java開発者の皆さんは、新しく刷新されたEclipseプラグインを含む、アップデートされたJavaサポートをご確認ください。新機能は、このポストで一覧にするには多すぎますが、スティッキー セッションのサポート、リモートJavaデバッグの構成といった心躍る新機能のおかげで、より優れたエクスペリエンスを期待できます。詳細は、Windows Azure開発者センターにアクセスしてください。

・アプリケーションで高度な検索機能が必要でしょうか? もしそうなら、Solrを使っていたり評価していたりする可能性が高いでしょう。朗報は、我々が、Windows Azure上で稼働するSolrを最大限活用するための一連のコード ツール構成ガイドラインをリリースしたことです。

開発者の皆さんが、商用サイトの検索にチューニングされたSolr向けのツール、構成、サンプル コードを試してみることをお奨めします。公開されたガイダンスでは、検索処理対応のための複数インスタンス レプリケーション、インデックス生成のための単一インスタンス (および、Azureストレージからマウントされた永続インデックス) を使った、Windows AzureでのSolr/Luceneの構成/ホスト方法を示します。

・Widnows Azure上でのOSSの優れた例として、動的Webアプリケーションのパフォーマンスを改善する人気の高いオープンソースのキャッシュ テクノロジーである、memcachedサーバーの使用があります。Maarten Balliauwは、Windows Azure上のmemcachedサーバーの管理を簡素化する彼のMemcacheScaffolderについて、最近ブログを書きました。このブログ ポストはPHPだけに集中していますが、memcachedがサポートする他の言語でも同じアプローチを採用できます。

・クラウドでのデータのスケーリングは、極めて重要です。本日、SQL Azureチームは、SQL Azure Federationを利用可能にしました。この新機能は、クラウドのデータを伸縮自在にスケールアウトするための、データ シャーディング (データの水平パーティショニング) の組み込みサポートを提供します。この新機能のリリースと同時に、クラウドでのスケーラビリティのためのデータ シャーディング (データの水平パーティショニング) を可能にする追加のSQL機能を記述した、SQL Database Federationsという新しい仕様を、Microsoft Open Specification Promiseの基でリリースしたことを発表します。Ram Jeyaramanのブログ ポストで紹介されてるように、このSQLの追加機能によって、クラウドのデータを伸縮自在にスケールアウトするために、データベース層がデータ シャーディングのための組み込みサポートを提供できます。

これらすべての素晴らしいニュースに加えて、Windows Azureのエクスペリエンスも大きく改善され合理化されました。サブスクリプション管理と請求の簡素化、無料であることが保証された90日間試用版と迅速な登録プロセス、料金の値下げ、データベース スケール管理の改善などです。これらの素晴らしいニュースについては、Windows Azure Team Blogのポストをご覧ください。

すべての開発者と開発者の選択を基にした相互運用可能なソリューションへのニーズをサポートする、より良いクラウドをともに構築するために、オープン ソース コミュニティと協力することで、Widnows Azureが、開発者が知っていて愛しているOSSツールを受け入れるというロードマップを継続していることをホリデー シーズンに共有できて、嬉しく思います。

最後に、我々は皆さんの声を聞き続けるつもりであることを強調したいと思います。皆さんのフィードバックをお送りください。我々はメモを取っているので、安心してください!

関連情報

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中