データセンターの拡張とキャパシティ プランニング

Posted: 2012/05/25 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, ,

Windows Azureが使っているサーバー コンピューティング キャパシティが、1999年に地球上で使われていたキャパシティ以上であることを聞くと、人々は耳をそばだてます。Windows Azureに登録する新規のお客様の数と、使用量を拡大し続ける既存のお客様の成長に、我々は興奮しています。新規および既存のお客様両方のニーズを考え、我々は既存のデータセンターにキャパシティを追加し、全世界にわたって新しい場所にデータセンターを追加することでグローバルのデータセンターを拡張し続けます。

既存のお客様のキャパシティへのニーズを予測するために、我々はデータセンターのキャパシティの動向を詳しく監視しています。お客様がすでにデプロイ済みのデータセンターで使用量を拡大できることを確実にするため、特定の閾値を超えたデータセンターは、新規のお客様に対する選択肢からは除外されます。本日、新規のお客様の選択肢として、South Central USリージョンにおけるコンピューティングとストレージ サービスを除外しました。South Central USリージョンにすでにデプロイ済みの既存のお客様は、影響を受けません。South Central USリージョンにおけるSQL Azureサービス バスキャッシュアクセス制御は、引き続き新規のお客様も利用可能です。

最近のブログ ポスト (英語 / 日本語) で発表したように、Windows Azureのお客様は、2つの新しい米国データセンター (West US、East US) を利用可能になりました。本日、East USリージョンにおいて、既存のコンピューティング、ストレージ サービスに加えて、SQL Azureが利用可能になったことを発表します。

お客様がWindows Azureに示す信じられないほどの興味に感謝し、新しい選択肢が利用可能になった際には、拡大するグローバル データセンターに関する今後のニュースをお伝えする予定です。いつもの通り、Windows Azureを試す最高の方法は、3か月の無料評価版です。

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中