「ハイブリッド クラウド」を実現する新しいWindows Azureサービスの発表

Posted: 2012/06/07 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , ,

ハイブリッド クラウド」(複数のデータセンターにわたってデータやサービスを接続するアプリケーションの構築や利用) は、今日のクラウド コンピューティングの現実です。企業やアプリケーションは、それぞれのやり方で、それぞれのペースでクラウドに移行していきます。(オンプレミスであれ、、クラウドであれ、両方の組み合わせであれ) アプリケーションやITソリューションを設計、開発、デプロイするさまざまな方法に必要な柔軟性を提供するクラウド ソリューションが、この移行をサポートするために必要となります。

明日、我々は、クラウドとオンプレミスにわたるアプリケーションの構築を簡素化する、新しいWindows Azureサービスのプレビューをリリースします。インフラストラクチャー サービスとプラットフォーム サービスを組み合わせることで、Windows Azureの新機能は、アプリケーションのクラウドでの構築やクラウドへの移行に関して、より優れた柔軟性を提供します。また、新しいOSをサポートし、.NET、Java、PHP、Node.js向けの新しい言語ライブラリーをリリースし、新しい地域でのWindows Azureを利用可能にします。明日 (6/8)、Scott Guthrieが、これらの新機能を紹介するために「Meet Windows Azure」を主催しますが (日本時間 朝5時からストリーミング中継を予定)、そのハイライトは次の通りです。

  • Windows Azure 仮想マシン (Windows Azure Virtual Machines) – 仮想マシンによって、アプリケーションのモビリティ (移動性) が可能となり、仮想ハード ディスク (VHD) をオンプレミスとクラウドとの間で行き来できるようになります。Microsoft SQL ServerやMicrosoft SharePointといった既存のワークロードをクラウドに移行したり、Windows ServerやLinuxの独自のカスタマイズ済みイメージを持ち込んだり、ギャラリーからイメージを選択したりできます。VHDは、一般的な仮想化ファイル フォーマットとして数百のベンダーによって採用されており、VHDの仕様は、Microsoft Open Specification Promiseのもとで無償で入手可能です。
  • Windows Azure 仮想ネットワーク (Windows Azure Virtual Network) – 仮想ネットワークは、Windows Azureで仮想プライベート ネットワーク (VPN) のプロビジョニングと管理、そしてオンプレミスのネットワークをセキュアなクラウドへの拡張を可能にします。IPアドレス、ルーティング テーブル、セキュリティ ポリシーの構成といったネットワーク トポロジーの制御が可能であり、企業のVPNゲートウェイとWindows Azureとの間のセキュアな接続を提供するために、業界標準のIPSECプロトコルを使用します。
  • Windows Azure Web サイト (Windows Azure Web Sites).NET、Node.js、PHPをサポートし、GitやFTPなどの一般的なデプロイ テクニックを使用する、高度に伸縮性のあるこのソリューションで、WebサイトとWebアプリケーションを構築します。また、Windows Azure Web サイトによって、WordPress、Joomla!、DotNetNuke、Umbraco、Drupalといったオープン ソース アプリケーションを、数クリックで簡単にクラウドにデプロイできます。
  • 新しいツール、言語サポート、SDK – Windows Azure SDK 2012年6月版は、改善された最新のサービスに対してコードを書くための新しい開発者機能が含まれており、Java、PHP、.NETのサポートのアップデートとともに、Windows Azureでサポートされる言語としてPythonを追加します。加えて、SDKは、WindowsとMacの両方でコマンド ラインを完全にサポートするようになりました。
  • 新しい国でのサービス開始 – Windows Azureのサービス提供は、ロシア、韓国、台湾、トルコ、エジプト、南アフリカ、ウクライナを含む48の新しい国のお客様に拡大されつつあります。サービス開始は今月後半に完了予定であり、これによって、Windows Azureは、89の国と19の通貨で提供される、業界で最も幅広く利用可能なクラウド プラットフォームの1つとなります。

これらの新機能によって、あらゆる種類のアプリケーションのクラウドでの構築やクラウドへの移行が簡素化され、次の領域での柔軟性が得られます。

  • クラウドへのセキュアなVPN接続を介した、データセンター キャパシティの増大
  • 改善されたWindows Azure管理ポータルからの簡単な運用と管理と、クラウド アプリケーションのデプロイと管理のための強力な運用機能 (コマンド ラインからの管理も同様にサポート)
  • クラウド スケールでの、ASP.NET、PHP、Node.jsのWebサイト構築
  • クラウド アプリケーション構築のための、OSとOSS言語ライブラリの追加サポート
  • 移植可能な業界標準のVHDを使った既存アプリケーションをクラウドへの移行による、オンデマンドでのスケール (グローバルのスケールと最大限の制御を提供)
  • クラウド アプリケーションとオンプレミス アプリケーションとの間のセキュアな接続性
  • クラウドでの新規アプリケーションの開発、テスト、構成と、そのアプリケーションのオンプレミスでのデプロイ

皆さんがこれらの新機能を試し、我々にフィードバックし、Windows Azureで何が可能か確かめることに、興奮しています。Windows Azureと、Windows ServerとSystem Centerの次期リリースによって、オンプレミスとパブリック クラウドにわたってデータやサービスを接続する最高のプラットフォームとなります。これらの新機能の詳細については、ファクト シートをご確認ください。最もよく知られている我々のお客様がWindows Azureで何を行っているかを知るには、News CenterでPottermoreのFeature Storyをご確認ください。これらの日本時間 明日 朝5時の「Meet Windows Azure」イベントに参加して、アップデートの初めてのデモ、追加の発表、サービス プレビューにアクセスするための詳細をご確認ください。

関連情報

 

 

コメント
  1. […] 「ハイブリッド クラウド」を実現する新しいWindows Azureサービスの発表 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中