Windows AzureにおけるOpenness (オープン性) の新しいマイルストーン

Posted: 2012/06/07 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , ,

本日、Bill Laing (Corporate VP for Server and Cloud) が、Windows Azureの非常に重要な一連のアップデート発表しました (英語 / 日本語)。これらの新しいアップデートによって、Windows Azureは、これまで以上に、クラウドでアプリケーションを構築、実行するためのオープンで簡単なプラットフォームとなり、選択肢と柔軟性を持ちたい開発者のための場所となります。

Microsoft Open Technologies, Inc. (マイクロソフト オープン テクノロジーズ) がWindows Azureチームと密接に協力し、両者がOpenness (オープン性) を探求して、相互運用性を新しいレベルに引き上げる素晴らしい旅をしてきたことを、私は誇りに思います。今回のリリースには、1つのブログ ポストでカバーするにはニュースが多すぎるので、明日の「Meet Windows Azure」イベントに参加することを、皆さんに強くお奨めします。このイベントでは、Scott Guthrieやその他多数のスピーカーが数多くの追加情報を提供する予定です。同時に、Windows Azureがどのように興味深く心躍る時代を生きているかを示すために、Windows AzureにおけるOpenness (オープン性) の多くの側面のうちのいくつかに関して、次のいくつかの段落でご紹介したいと思います。

サービスとパートナーシップ

まず、Windows Azureがどれだけ包括的であるかに注目しなくてはなりません。すぐにIaaSのサポートについて紹介しますが、Windows Azureが、MySQL、CouchDB、Apache Solrといった魅力的なデータ サービスを提供する一連のパートナーシップをどれだけ発表しているかに注目してください。

これらのサービスはPaaSおよびIaaSの開発者が活用できるものであり、現場で業界をリードする専門家によるものです。真のサービスとしてのデータ (Data as a Service) を提供し、開発者やお客様がデータベースのプロビジョニングやメンテナンスを心配することなく、スケールするアプリケーションを構築できるようにするために、Microsoftは、ClearDBCloudantLucid Imaginationといったリーダー企業とパートナーになっています。同時に、我々と我々のパートナーは、Apache ClouchDBとApache SolrのWindows Azureに最適化されたバージョンの簡単なインストール パッケージを提供して、自身のPaaSやIaaSのインスタンス上でソフトウェアを実行することの方を好む人々のニーズに対処しました。最後に、我々は、Windows Azure上でのMongoDBのインストール エクスペリエンスを改善するために、10genと協力しました。これは最初は昨年12月に発表されたものであり、我々はWindows Azure上のMongoDBユーザーに素晴らしいエクスペリエンスを提供することを楽しみにしています。

さらに重要なこととして、我々のお客様が自身のデータがどこでも機能すると常に安心できるように、Microsoftと我々のパートナーは、基になるオープン ソース アプリケーションとの完全な互換性を常に維持することを約束しています。既存Windows Azure SQL データベース (Windows Azure SQL Database) やApache Hadoopにこれらの技術が追加されることで、データに関しては、Windows Azureは業界を大きくリードしています。

Windows Azure上でのOSS

Windows Azure上のデータベースは今や数クリックで使えますが、アプリケーションも決して忘れられているわけではありません。Windows Azureとプライベート クラウド データセンターの両方で動作するWebアプリケーションのホスティング フレームワーク「Windows Azure Web サイト」(Windows Azure Web Sites) の発表は、Windows Azure上で人気の高いオープン ソース アプリケーションを実行する驚くべき機会を明らかにします。WordPressであれDrupalであれ、JoolmaであれUmbracoであれ、DotNetNukeであれPHPBBであれ、Web サイト ギャラリーの中の多数のアプリケーションの1つであれ、Windows Azureにアプリケーションへのデプロイが、これまでになく簡単になりました。そして、開発者の皆さんが (.NET、Java、PHP、Node.jsに加えてPythonも含まれるようになった) Windows Azureのオープン ソースSDKの新リリースや、Gitとの統合を試すことを、私は待ちきれません。

また、我々は、(Microsoft Open Technologies, Inc. (マイクロソフト オープン テクノロジーズ)による)「Windows Azure Plugin for Eclipse with Java」のメジャー アップデートをリリースします。これには、ユーザーからのフィードバックによる多数の改善が含まれています。

中でも、劇的に改良された開発のエクスペリエンスは、GigaSpaces Technologies Ltdによってされたものです。彼らは、企業がJavaアプリケーションをクラウドに移行することを助けるリーダーであり、このプラグインの開発作業に最近参加しました。彼らの素晴らしい「クラウドへ発行」(publish to cloud) ウィザードは、Javaを扱うWindows Azure開発者が、Eclipseから直接、プロジェクトをWindows Azureクラウドにデプロイすることを、ずっと簡単にします。Martin Sawickiによる、より詳しいブログ ポストを近日公開するので、それをお待ちください。

最後に、来るべきIaaS、仮想マシン、Linuxのサポートに気づかれた方がいるかもしれません。私は、今回の動きが、Windows Azureが、これまでで最も包括的なプラットフォームになるという考えのもと、お客様が求めるものを中心に構築されていることを示すと考えています。お客様は高いレベルの柔軟性を要求し、可能性のあるすべてのシナリオをシームレスに実行したいと考えています。これらはハイブリッド プライベート/パブリック クラウドの興味深い例であり、言うまでもなくIaaS、PaaS、データ サービスによって創造的に「汚染」されています。我々は、確実にモノリシックなアーキテクチャーから脱却しています。今日のお客様と開発者は柔軟性を求めており、その資格もあります。

Windows Azure上のLinux

Windows Azure上でLinuxの利用を可能にすることは、パズルの主要なピースであり、できる限り簡単である必要があります。データ サービスと同様に、すべては、業界のリーダーとの強いパートナーシップです。これが、驚くべきエクスペリエンスを提供するために、Windows Azureが主要なLinuxパブリッシャーとパートナーになっている理由です。そして、私は、これが心躍る継続的なストーリーになるだろうと確信しています。加えて、さらなる選択肢を提供するために、BitRockのようなパートナーがどのように興味深い作業をしているについて、言及しなくてはなりません。BitNami向けに2つの初期Linuxイメージが利用可能であり、カタログをさらに拡張することを楽しみにしています。

Openness (オープン性) の最後の例として、「Windows Azure Command-Line Tools for Mac and Linux」について紹介させてください (これは、Windows Azureユーザーが、WindowsやLinuxの仮想マシンをデプロイ、管理するためにローカル マシン上で実行するものです)。これはオープン ソースであり、MacおよびLinuxのクライアント向けに今すぐ利用可能です。そして、これは始まりに過ぎません。さらなる心躍るニュースをお楽しみに。

Openness (オープン性) と相互運用性

旅が重要なマイルストーンに達したときには、回顧して、ここまでの道について考えてみるのは、良いことです。私の場合、我々がクラウド プラットフォームの相互運用性の要素に対する我々の見解を共有した、2年前までさかのぼります。その当時、我々はお客様や開発者と話し、データ移植性、標準、移行容易性、デプロイと開発者の選択肢という4つの別個の要素をベースにした、オープンで相互運用可能なクラウドの概要を公表しました。我々は、異種のワークロードを可能にする、相互運用可能で柔軟なクラウド プラットフォームの探求に集中してきました。そして、本日の発表が我々が当時概説したビジョンにどれだけうまくマッピングされるか確かめることで、報われます。より正確には、次の通りです。

  • データ移植性に数多くの労力が費やされ、素晴らしい成果を生み出してきました。Windows Azure上では、データはJSON/XML呼び出しか、オープン インタフェースを介して利用可能であることを思い出してください (例として、SQL データベースのJDBC/ODBCサポートを考えてください)。サービスとして、あるいは独立したワークロードとして実行可能なデータ ソリューション (MySQL、Hadoop、Solr、CouchDB、MongoDB) を、我々のパートナーがどのようにして構築できてきたかを考えると、オープン インタフェースへの取り組みは、本当に利益をもらたすと思います。我々のお客様は自身のデータを所有しており、これは我々の心にとって非常に重要です。
  • 標準に関しては、Windows Azureは、REST、XML、Atompub、JSONなどとして公開された、最も完全なAPIレイヤーを持っています。我々は、クラウドでのID (アイデンティティ) や管理といった重要なトピックが標準ベースのAPIとして公開されることを保証するために、IETF、OASIS、DMTFといった標準化団体と協力しています。そして、我々は、中でもAMQP、ODataといった重要な標準化の取り組みの積極的な提案者です。
  • 既存投資を保護し、オンプレミス ソフトウェアとクラウド サービスの共存を可能にするクラウド プラットフォームの構築時には、移行とデプロイの容易性が主要因です。たとえば、Javaのお客様と開発者に改善されたEclispeのエクスペリエンスを提供するために、我々が行ってきた作業と、同時に、アプリケーションをデプロイ、管理するためにFTPやGitの柔軟性をすべての人に提供してすることを考えると、この領域で多くの進展が見られます。また、1クリックだけで好みのアプリケーション (WordPress、Drupal、Joolma、PHPBBなど) を配置するWindows Azure Web サイト (Windows Azure Web Sites) は、クラウドでのデプロイがどれだけ簡単になり得るかを示す素晴らしい例です。皆さんは、我々によるMagnetoを実行する段階的な手順書を確認したいかもしれません。
  • そして最後に、多様な開発ツール、ランタイム、言語を利用できる可能性として定義される、開発者の選択肢です。我々は、.NET、Java、PHP、Python、Node.jsをカバーする、標準API上のレイヤーである5つのSDKを持っています。我々は、PaaSであれIaaSであれ、WindowsであれLinuxであれ、パブリックであれプライベートであれハイブリッドであれ、最も幅広い多様なワークロードをサポートしています。我々は、アプリケーションとデータ サービスにおける最善の組み合わせを提供するために、オープン ソース コミュニティや業界をリードするベンダーと協力しています。どんなワークロードであっても、Windows Azureは、そのワークロードの優れた「家」となるでしょう。

このポストを短くするという自分自身への約束を破ってしまいましたが、辛うじて何とか今回の発表の表面を引っかいただけです。私には今後数週間の計画があります。共有することがたくさんあるので、このブログや他の多数のMicorosoftブログにとって、忙しい時期になることを知っています。明日の「Meet Windows Azure」イベントから、すべてが始まります。是非ご参加ください!

関連情報

コメント
  1. .NET Clips より:

    Windows AzureにおけるOpenness (オープン性) の新しいマイルストーン « S/N Ratio (by SATO Naoki)…

    素敵なエントリーの登録ありがとうございます – .NET Clipsからのトラックバック…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中