Windows Azure WebサイトがPHP 5.4をネイティブ サポート

Posted: 2012/11/22 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , ,

少し前、我々がWindows Azure Webサイトに独自のランタイムを持ち込む機能を有効化した際に、Windows Azure WebサイトでのPHP 5.4の有効化に関するブログ ポスト (英語 / 日本語 (機械翻訳)) を書きました。独自のPHP.iniファイルを管理したい場合や、PHPの特定のビルドを使っていることを保証したい場合には、この方法は引き続き有効な解決策です。

今回、Windows Azure Webサイトで、PHP 5.4がWebサイト内で有効化できるようになったことを発表できて、興奮しています。

PHP 5.4が利用可能になりましたが、既定で有効化されるのは引き続きPHP 5.3です。

Windows Azure WebサイトでのPHP 5.4の有効化

Windows Azure Webサイトを作成した (英語 / 日本語 (機械翻訳)) 後に、Webサイトの詳細ページに進み、「構成」タブを選択します。「フレームワーク」セクションに「PHPのバージョン」を見つけ、「5.4」を選択すると、(保存されていない変更を示す) 紫色に変わります。

ブラウザの下部に、「保存」ボタンが現れます。「保存」ボタンをクリックし、Windows Azure WebサイトでPHP 5.4を有効化します。

一旦変更が保存されると、成功の通知が表示されます。

また、PHP 5.4の紫色の表示が青色に戻っているはずです。

これで、Windows Azure WebサイトにPHP 5.4アプリケーションをデプロイする準備が整いました。

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中