Linuxの個人イメージと仮想マシンに対する緊急対応が必要です

Posted: 2012/12/23 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , ,

我々は、現在プレビューである仮想マシンのパフォーマンスと安定性をさらに向上させるために、Windows Azureをアップデートしています。今回のアップデートに関連する技術的詳細については、次のFAQをご覧ください。今回のアップデートでは、次の定義に適合するカスタムLinux仮想マシン イメージに対して、「2013年1月15日までに」緊急対応が必要です。

  • 2012年12月21日かそれより前にもともと作成された仮想マシンから、ストレージ アカウントに取り込んだ (キャプチャした) ギャラリーLinuxイメージ
  • 2012年12月21日かそれより前にWindows Azureにアップロードした、独自のLinuxイメージ

実行中のLinux仮想マシンは、正常に実行され続けます。ですが、プラットフォームとエージェントの改善を利用するために、できる限り早くアップグレードすることを強くお薦めします。しかし、もし実行中のLinux仮想マシンからイメージを取り込んで保存するつもりがあり、そのLinux仮想マシンが2012年12月21日かそれより前に作成された場合、次の手順を使って、仮想マシンをアップデートすべきです。

カスタム イメージから新規Linux仮想マシンをプロビジョニングできなくなる可能性があるので、先延ばしにしないでください。2013年1月15日までに、次の手順に従って対処しなくてはなりません。もし間に合わなかった場合は、次のFAQをご覧ください。

もともとギャラリーから作成された個人イメージ、または仮想マシンをアップデートする手順

「個人イメージ」は、実行中の仮想マシンをストレージ アカウントに取り込むことで作成されたイメージです。個人イメージは、通常、新規仮想マシンをプロビジョニングするために使われます。Windows Azure管理ポータルを開き、「仮想マシン」オプションをクリックし、次に「イメージ」オプションをクリックすることで、個人イメージの一覧を参照できます。

手順1: 個人イメージから、実行中の仮想マシンを作成

実行中の仮想マシンをアップデートしていて、アップデートする個人イメージを持っていない場合は、手順2に進んでください。

ストレージ アカウント内の個人イメージをアップデートするには、このリンク (英語 / 日本語 (機械翻訳)) にある手順に従って、仮想マシン インスタンスを新規作成してください。「仮想マシンのオペレーティング システムの選択」UIで、前述のドキュメントで言及されている「プラットフォーム イメージ」オプションの代わりに、「マイ イメージ」オプションから個人イメージを選択する必要があることに注意してください。

手順2: 実行中の仮想マシンで、Linuxアップデート リポジトリを修正

お使いのディストリビューションに対応するカーネルとエージェント パッケージを扱うWidnows Azureリポジトリを使うように、実行中のLinux仮想マシンをアップデートする必要があります。

この手順は、お使いのLinuxディストリビューションごとに異なります。お使いのLinuxディストリビューションに対応するリンクを参照してください。

手順3: 実行中の仮想マシンのカーネルをアップデート

次に、仮想マシンのカーネルをアップデートする必要があります。この手順は、お使いのLinuxディストリビューションごとに異なります。お使いのLinuxディストリビューションに対応するリンクを参照してください。

手順4: 実行中の仮想マシンのWindows Azure Linux Agentをアップデート

次に、最新のWindows Azure Linux Agent 1.2.x (あるいはそれ以降) をインストールする必要があります。この手順は、お使いのLinuxディストリビューションごとに異なります。お使いのLinuxディストリビューションに対応するリンクを参照してください。

手順5: 実行中の仮想マシンを個人イメージとして取り込む

手順1でアップデートすることを選択した既存の個人イメージを置き換える場合にのみ、この手順を実行する必要があります。この操作は、個人イメージ作成時に、実行中の仮想マシンを終了させます。

今アップデートした仮想マシンを取り込むには、このリンク (英語 / 日本語 (機械翻訳)) にある手順に従ってください。

手順6: 古い個人イメージをリポジトリから削除

手順1でアップデートすることを選択した既存の個人イメージを置き換える場合にのみ、この手順を実行する必要があります。

今作成した個人イメージが、ポータル ギャラリーの「マイ イメージ」セクションの一覧にあることを確認したら、次のことを行う必要があります。

  • ポータルの左側メニューから「仮想マシン」UIに進みます。
  • 「仮想マシン」セクションから、(タイトルの直下にある)「イメージ」UIオプションを選択します。
  • 個人イメージの一覧が表示されます。今作成したアップデート済みイメージで置き換えるイメージを選択し、ポータルの下部メニューにある「イメージの削除」(ごみ箱アイコン) をクリックします。

FAQ (よく寄せられる質問)

1. なぜ、カーネルとWindows Azure Linux Agentをアップデートするよう頼んでいるのでしょうか?

我々は、各新規仮想マシン向けの構成を持つISOをSCSI CDROMドライブとしてアタッチすることで、プラットフォーム内で仮想マシンをプロビジョニングします。我々は、Windows Azureプラットフォームに対して、このCDROMドライブがIDEデバイスであることを必要とするアップデートを行っています。

CDROMのLinux IDEスタックは、(以前のバージョンではWindows Azureとの互換性がなく、そのために全てのイメージで無効化されていた) ATA PiiXドライバーを介して実装されています。我々は、このドライバーがWindows Azureとの互換性を持つようにする変更に貢献し、新しいドライバーはLinuxディストリビューション ベンダーによってバックポートされ、カーネルで再有効化されました。

この変更に対応し、プレビュー期間中に見つかっていたいくつかの問題を解決するために、最新バージョン1.2でWindows Azure Linux Agentにも変更が導入されました。

2. 実行中のLinux仮想マシンに影響はありますか?

実行中のLinux仮想マシンには、影響はありません。しかし、もし実行中のLinux仮想マシンからイメージを取り込んで保存するつもりがあり、そのLinux仮想マシンが2012年12月21日かそれより前に作成された場合、新規個人イメージの取り込み/保存を行う前に、対処して前述の手順に従うべきです。

3. Widnows Serverイメージ/仮想マシンをアップデートする必要はありますか?

Windows Serverイメージ/仮想マシンには、このドキュメントで言及されているプラットフォーム アップデートによる影響はありません。

4. このドキュメントの最初で言及されている1月15日の期限に間に合わなかった場合、どうなりますか?

このリンク (英語 / 日本語 (機械翻訳)) の手順に従って、ギャラリーで利用可能なアップデート済みイメージを基に、個人イメージを新規作成する必要があります。

5. ギャラリー イメージを基にしたカスタムLinux仮想マシン/イメージを作成していなか った場合は、どうなりますか?

このリンク (英語 / 日本語 (機械翻訳)) にある手順に従って、独自のアップデート済みLinuxイメージを作成できます。

6. SSH認証を無効化した後にカスタム イメージを取り込んだ場合は、どうなりますか?

もし (意図的にパスワード認証を無効化した以前のデプロイ、あるいはプロビジョニング後にのユーザーによる手動変更などの結果として) 取り込まれたイメージのsshd構成ファイルでPasswordAuthenticationが「no」に設定されている場合、イメージとして取り込まれた後であっても、次回のデプロイでそれは引き続き無効化されたままになります。セキュリティの理由で、一旦SSHパスワードが無効化されると、Windows Azure Linux Agentがをそれを明示的に有効化することはありません。

もし将来のデプロイでパスワード認証を使いたい場合は、取り込んだイメージ内の/etc/ssh/sshd_configに「PasswordAuthentication yes」という1行が必要です。

7. ギャラリーのOpenSUSEイメージに、何が起こったのでしょうか?

OpenSUSEイメージは、Windows Azureプラットフォーム アップデートに対応するために調整中です。これによって、ギャラリーからのOpenSUSE仮想マシンの新規デプロイが一時的に影響を受けています。既存のOpenSUSE仮想マシン/個人イメージは、前述の手順でアップデート可能です。SUSEは、準備ができ次第、OpenSUSEイメージを戻す予定です。SLESイメージは、ギャラリーから利用可能です。SUSEの最新情報については、このリンクにアクセスしてください。

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中