2月, 2013 のアーカイブ

Windows Azure、特にPaaS型のWindows Azureクラウドサービスの監視、管理のためのサービス、製品、ソリューションをまとめました。追加すべきものがあれば、お知らせください。

日本

海外

広告

Windows Azureチームは、Widnows Azure仮想マシンに一時的に影響を与えるメンテナンス作業を実行する予定です。予定されている影響は、一時的に仮想マシンが利用不可になることに限られます。また、こちら (英語 / 日本語 (機械翻訳)) に記述されているように、複数の仮想マシンが可用性セットに属してデプロイされている場合は、可用性セット内の単一の仮想マシンにだけ影響を与えます。次の表に、各サブリージョンにおける今回の作業の日次メンテナンス ウィンドウを示します。

スケジュール

サブリージョン スケジュール (日本時間)
東アジア 午前3:00 – 午前8:00 / 2013/2/27(水) – 2013/2/28(木)
西ヨーロッパ 午前8:00 – 午後2:00 / 2013/2/27(水) – 2013/2/28(木)
米国西部 午後2:00 – 午後8:00 / 2013/2/27(水) – 2013/2/28(木)
東南アジア 午前2:00 – 午前8:00 / 2013/3/1(金) – 2013/3/2(土)
北ヨーロッパ 午前8:00 – 午後2:00 / 2013/3/1(金) – 2013/3/2(土)
米国東部 午後2:00 – 午後8:00 / 2013/3/1(金) – 2013/3/5(火)

 
関連情報

Windows Azureストレージで、全てのサブリージョンにわたって、期限切れSSL証明書による、HTTPSトラフィックに影響を与える障害が発生しました。HTTPトラフィックは影響を受けませんでしたが、この障害は、ストレージに依存している多数のWindows Azureサービスに影響を与えました。我々は、影響を受けたクラスター上でSSL証明書を更新する修復手順を実行し、2/23(土) 午前1:00 (PST) (日本時間 2/23(土) 午後6:00) までに、全てのサブリージョンで可用性が99%以上に回復しました。2/23(土) 午後8:00 (PST) (日本時間 2/24(日) 午後1:00) に、我々は回復作業を完了し、全てのサブリージョンで完全な可用性を確認しました。今回の障害の範囲を考えて、我々は、SLAに従って、影響を受けたお客様に自発的に (お客様からの請求なしに) サービス クレジットを提供する予定です。サービス クレジットは、今後の請求に反映される予定です。また、我々のチームは、将来の再発を回避するための手順を含む、完全な根本原因分析 (RCA) に熱心に取り組んでいます。RCAは、公開可能になり次第すぐに、このブログに投稿される予定です。今回のサービス中断と、それによって引き起こされたあらゆる問題について、心よりお詫び致します。

 

2/22(金) 午後12:44 (PST) (日本時間 2/23(土) 午前5:44) に、Windows Azureストレージで、全てのサブリージョンにわたって、SSL証明書の期限切れによる、HTTPSトラフィックに影響を与える障害が発生しました。この障害は、HTTPトラフィックには影響を与えませんでした。我々は、影響を受けたクラスター上でSSL証明書を更新する修復手順を実行し、全てのサブリージョンで99%以上の可用性を回復しました。今後24時間、ストレージ サービスとSSLトラフィックのの健全性を監視し続けます。この期間中、お客様が断続的なエラーに遭遇する可能性があります。今回の障害でご迷惑をお掛けしたお客様に、心よりお詫び致します。

On Friday, February 22 at 12:44 PM PST, Storage experienced a worldwide outage impacting HTTPS traffic due to an expired SSL certificate. This did not impact HTTP traffic. We have executed repair steps to update SSL certificate on the impacted clusters and have recovered to over 99% availability across all sub-regions. We will continue monitoring the health of the Storage service and SSL traffic for the next 24 hrs. Customers may experience intermittent failures during this period. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

 

Feb 22 2013 8:44PM – We are experiencing an issue with Storage Worldwide and this is impacting all dependent services. We are actively investigating this issue and working to resolve it as soon as possible. Further updates will be published to keep you apprised of the situation. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 22 2013 9:30PM – We identified that HTTPS operations (SSL transactions) on Storage accounts worldwide are impacted. We are actively investigating this issue and working to resolve it as soon as possible. Further updates will be published to keep you apprised of the situation. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 22 2013 9:45PM – Access Control v2, Service Bus, WindowsAzure.com and WebSites services are impacted by Storage service degradation worldwide. We are actively validating the recovery steps to resolve it as soon as possible. Further updates will be published to keep you apprised of the situation. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 22 2013 10:15PM – We are currently validating the repair steps in our test environment. Further updates will be published to keep you apprised of the situation. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 23 2013 12:15AM – We have initiated the recovery on some of the impacted clusters. This is expected to take a few hours. We are also validating faster recovery options. Further updates will be published within 2 hours to keep you apprised of the situation. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 23 2013 2:15AM – The test deployments on two of the impacted storage clusters are making steady progress. We are evaluating accelerated repair options to mitigate the impact as soon as possible. We expect to finalize the repair steps within 2 hours, at which time we’ll be able to provide more details. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 23 2013 4:15AM – The test deployments on two of the impacted storage clusters are making steady progress. We finalized the accelerated recovery steps and will execute them on remaining Storage clusters. Further updates will be published within 2 hours to keep you apprised of the situation. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 23 2013 5:30AM – We executed repair steps to update the SSL certificate and majority of our customers are likely to notice recovery. Further updates will be published to keep you apprised of the situation. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 23 2013 7:30AM – Restoration of Storage service is complete on majority of the clusters in the sub-region and we are monitoring SSL traffic. We will continue to monitor the health of the service and address any intermittent failures before declaring the sub-region fully recovered. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

Feb 23 2013 9:00AM – We have executed repair steps to update SSL certificate on the impacted clusters and have recovered to over 99% availability across all sub-regions. We will continue monitoring the health of the Storage service and SSL traffic for the next 24 hrs. Customers may experience intermittent failures during this period. We apologize for any inconvenience this causes our customers.

ASP.NET and Web Tools 2012.2の正式リリースを発表できて、興奮しています。このアップデートは、Visual Studio 2012、および.NET 4.5向けの無償ダウンロードであり、ASP.NETとVisual Studioの両方にいくつかの素晴らしい新機能を追加します。

(さらに…)

Windows Azure PowerShell 0.6.10、クロス プラットフォームのWindows Azure Command-Line Tools 0.6.11、Windows Azure SDK for Node.js 0.6.10 がリリースされました。主な新機能は、次の通りです。

これらのツールやSDKをお使いの方は、最新リリースにアップデートして、新機能をお試しくださいませ。

Windows Azure PowerShell 0.6.10

 

 

  • PowerShell 3.0へのアップグレード
  • Windows Azure仮想マシン/Windows Azureクラウド サービス コマンドレットのソース コードのリリース
  • Windows Azureクラウド サービス向けコマンドレットの新規追加 (Add-AzureWebRole、Add-AzureWorkerRole、NewAzureRoleTemplate、Save-AzureServiceProjectPackage、Set-AzureServiceProjectRole -VMSize)。新規コマンドレットの詳細については、Web Camps TV (http://channel9.msdn.com/Shows/Web+Camps+TV/Whats-Coming-in-the-Command-Line-Tools-for-Windows-Azure-with-Glenn-Block) を参照
  • Add-AzureVhd の宛先UriでのSASサポートの追加
  • Remove-Azure* コマンドレットでの -Confirm、-WhatIf サポートの追加
  • Node.jsおよび汎用ロール向けの、構成可能なスタートアップ タスクの追加
  • Azure Cachingが有効化されたロールの、エミュレーター実行のサポート
  • ロール フォルダーで実行する際に、ロール ベースのコマンドレットがロール名を必要としなくなった
  • シナリオ テスト フレームワークの追加と、自動シナリオ テストの開始
  • 複数のバグ修正

Windows Azure Command-Line Tools 0.6.11

 

 

  • “azure sql” – Windows Azure SQLデータベース: サーバー、データベース、ファイアウォール規則の管理
  • “azure site log tail” – Windows Azure Webサイト: リアルタイム ログ ストリーミング
  • “azure mobile script upload” – Windows Azure モバイル サービス: 共有スクリプト、スケジューラ スクリプトのサポート(#179)
  • “azure mobile show” – Windows Azure モバイル サービス: スケール情報の表示 (#139)
  • “azure mobile scale” – Windows Azure モバイル サービス: モバイル アプリのスケール アウトの管理が可能に (#139)
  • “azure mobile job” – Windows Azure モバイル サービス: スケジューリングされたジョブの管理が可能に (#78)
  • “azure mobile data truncate” – Windows Azure モバイル サービス: モバイル テーブルの切り捨て (truncate) (#164)
  • “azure site deploymentscript” – Windows Azure Webサイト: 多数の修正

Windows Azure SDK for Node.js 0.6.10

 

 

  • SAS有効期限を生成するための、date.* ヘルパー関数の追加 (secondsFromNow、minutesFromNow、hoursFromNow、daysFromNow)
  • Windows Azure SQLデータベースのサーバー、データベース、ファイアウォール規則を管理するための、SQLクラスの追加
  • 最新のxml2jsモジュールへのアップデート

Microsoft Open Technologiesの我々のチームで、Windows Azure Plugin for Eclipse with Java 2013年2月版プレビュー リリースの準備が完了しました。

(さらに…)