Windows Azure: 開発/テスト向けのオファー、BizTalkサービス、WebサイトでのSSLサポート、ADの改善、分単位の課金

Posted: 2013/06/04 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , ,

今朝、いくつかの素晴らしいWindows Azureへの拡張をリリースしました。

  • クラウドにおける開発/テスト: MSDN使用権、強力なMSDN割引率、MSDNクレジット
  • BizTalkサービス: クラウドにおけるEDIとEAI統合を可能にする、Windows Azure向けの素晴らしい新サービス
  • 分単位の課金と、停止されたVMの無料化: 使ったコンピューティングの正確な分に対してのみ課金されるようになり、停止されたVMが無料化
  • WebサイトでのSSLサポート: カスタム Webサイト ドメインに対する、IPアドレスおよびSNIベースのSSLバインディングのサポート
  • Active Directory: アップデートされたディレクトリ同期ユーティリティ、Windows Azure管理ポータルからのOffice 365ディレクトリ テナントの管理機能
  • 無料評価版: より柔軟な無料評価版プラン

多数の改善があるので、それらすべてをカバーするには、複数のブログ ポストを各必要があります! 本日のアップデートの高いレベルの概要は、次の通りです:

クラウドにおける開発/テスト

Windows Azureは、開発/テストのための素晴らしい環境を提供します。これは、クラウドで開発/テストし、クラウドで運用環境のアプリを稼働したいシナリオ、および、クラウドで開発/テストし、既存のオンプレミス サーバー環境を使って運用環境のアプリを稼働したいシナリオの両方に当てはまります。

Windows Azureの新しいIaaS (英語 / 日本語) と仮想ネットワーク (英語 / 日本語) の機能によって、エンタープライズの開発チームがクラウドを使って開発/テストを行うことが、本当に簡単になります。開発/テストのためにクラウドを使うことで、開発チームは、IT部門からのリソースを待ってボトルネックになることなしに、より柔軟でアジャイルな方法で作業できるようになります。開発チームは、代わりにセルフ サービス方式でWindows Azureを使って、リソースを数分で起動/停止できます。それから、アプリをデプロイする準備ができたら、クラウドにおいて、または、既存のオンプレミス サーバーを使って、アプリをデプロイすることを選択できます。後者の選択肢によって、今のところは運用環境のシナリオでクラウドに完全に賭ける必要すらなしに、クラウドを活用し始めることが本当に簡単になります。

本日、Windows Azureを開発/テストを行うさらに優れた環境にする、Windows Azureへの多数の拡張を発表します:

  • 停止されたVMの無料化
  • 分単位の課金
  • Windows Azure上でサポートされるようになったMSDN使用権
  • 大幅に割引されたMSDN開発/テスト料金
  • MSDNクレジット
  • MSDNクレジットの使用量を追跡するためのポータルのサポート

この組み合わせによって、驚くべき開発/テスト クラウド ソリューションと、すべてのMSDNサブスクリプションのお客様のための強力なオファーが可能になります。さらに学ぶには、新しい開発/テスト オファーに関する私の詳細なブログ ポストをご覧ください (英語 / 日本語)。

BizTalkサービス

本日プレビューを開始する新しいWindows Azureサービス「Windows Azure BizTalkサービス」を発表できて、興奮しています。

Windows Azure BizTalkサービスは、クラウド/ハイブリッド統合ソリューションのための企業間 (B2B)/エンタープライズ アプリケーション統合 (EAI) 機能を提供します。これには、パートナー間のEDI関係管理の組み込みサポートと、(オンプレミスのSAP、SQL Server、Oracle、Siebelとの統合の組み込みサポートを含む) オンプレミス資産とのEAIブリッジが含まれています。また、オプションとして、Windows Azure BizTalkサービスをオンプレミスのBizTalk Serverと統合でき、強力なハイブリッド エンタープライズ ソリューションを可能にします。

BizTalkサービスは、オンデマンドで数分でプロビジョニングできる、セキュリティで保護されたテナントごとに専用の環境で動作します。先行投資のライセンスは不要で、使った分だけ支払う課金モデルをサポートしています。Windows Azure BizTalkサービスのプレビューを設定しすぐに使い始める方法に関してさらに学ぶには、こちらをご覧ください (英語 / 日本語 (機械翻訳))。

分単位の課金と、停止されたVMの無料化

これまでは、あなたがWindows AzureのVMを停止すると、我々は1つのコンピューティング クラスターの中でそのVM向けの占有デプロイ スポットを維持し、あなたが明示的にデプロイを削除しない限り、VMコンピューティングに対する課金を継続していました。本日のアップデートで、あなたがVMを停止すると、そのVMの停止中は、(我々は依然としてデプロイの状態や構成を保存しますが) もはやそのVMに対するコンピューティング時間の課金を行わないようになりました。これによって、VMをアクティブに使っていないときに、課金を避けるためにVMを停止し、再度使いたいときに再起動することが、信じられないほど簡単になります。

これまでは、Windows Azureのコンピューティング リソースに対する料金モデルは、時間単位の粒度での請求でした。これは、あなたが1時間のうちの6分間だけVMを実行し、それから停止した場合、我々は1時間の使用量に対して課金していたことを意味していました。本日のアップデートで、我々は分単位の粒度で請求するようになりました。そのため、あなたが1時間のうちの6分間だけVM (または、クラウド サービス、Webサイト、モバイル サービス) を実行した場合、我々は実際の6分間のコンピューティング使用量に対してだけ課金するようになりました (時間単価を案分するので、料金は num_minutes * (hr rate) / 60 です)。

これら2つの変更は、さまざまなシナリオに最適です。非常に弾力的な方法で頻繁にリソースを起動/停止するシナリオ (たとえば、開発/テストや、他の弾力性のあるワークロード) で、特に便利です。これを行うと、料金をさらに節約できるようになりました。

WebサイトでのSSLサポート

本日のアップデートで、Windows Azure Webサイトが、カスタム ドメインに対するSecure Sockets Layer (SSL) をサポートするようになりました。

SSL暗号化は、インターネット経由で送信されるデータのセキュリティを保護する、最も一般的に使われている方式です。Windows Azure Webサイトでホストされているカスタム ドメインでSSLを有効化するために使える、自身のSSL証明書をアップロードできるようになりました。本日のリリースで、IPアドレス ベースのSSLバインディングSNIベースのSSLバインディングの両方を設定できる機能をサポートしました。

Active Directory: ディレクトリ同期ツール、既存ディレクトリの管理

本日のアップデートで、Windows Azure Active Directoryに対する多数の改善を提供します。

重要なアップデートの1つが、ダウンロードできる無償の新しいディレクトリ同期ユーティリティです。これによって、既存のオンプレミスActive DirectoryをWindows Azure Active Directoryと同期することが、非常に簡単になります。このディレクトリ同期ツールはWindows Server 2003以降で動作し、ADFSを設定する必要なしに、セキュリティで保護された方法でディレクトリを同期できます。これによって、クラウドにおけるディレクトリを有効化するために必要となる手順が劇的に簡素化されます。

本日のアップデートには、(あなたの組織がOffice 365ですでに使っているWindows Azure Active Directoryなどの) 既存のWindows Azure Active Directoryを、Windows Azureアカウントで管理する機能も含まれています。この機能には、(Active Directoryテナントの管理者になっている場合に) Microsoftアカウントを使って設定されたWindows Azureアカウントで、既存のActive Directoryを管理する機能が含まれています。これによって、Windows AzureとOffice 365のリソースを統合することがさらに簡単になります。

無料評価版

また、本日のアップデートで、さらに単純で柔軟な無料評価版のエクスペリエンスを提供するように、Windows Azure無料評価版をアップデートしました。

これまでは、無料評価版には、個別のリソースの固定の使用量 (たとえば、750コンピューティング時間) が含まれていました。評価版ユーザーから、次のフィードバックを頂いていました:

  • 評価版ユーザーは、これらの各リソースの使用量を追跡する必要がありました。
  • リソース クォータのうちの1つを超過すると、サブスクリプションが無効化されてしまいました。
  • クォータを超過しそうな際の通知が、不十分でした。

本日のリリースで、お客様によるWindows Azure無料評価版のエクスペリエンスを、大きく変更します。無料評価版では、月あたり200ドル (17,000円) のWindows Azureクレジットが提供されるようになりました。このクレジットは、好きなどのサービスにも適用できます。これによって、好きなサービスを試すことがずっと簡単になります。また、これは、個別のリソースに対するクォータがないことを意味します。代わりに、200ドル (17,000円) を好きなように好きな機能に対して使うことができます。

また、Windows Azure管理ポータルとアカウント センターが、残っているWindows Azureクレジット残高無料クレジットを使うために残された日数の現在の状態をお知らせする、組み込みUIを提供するようになりました。これによって、これまでの消費とすべて使い切るまでの残高を確認することが、本当に簡単になります。

まとめ

本日のリリースに本当に興奮しています。誰もが活用できる多数の素晴らしい改善があります。Windows Azureアカウントをすでにお持ちでない場合は、無料評価版に登録して、今日から使い始めることができます。Windows Azure開発者センター (英語 / 日本語 (機械翻訳)) にアクセスして、アプリの構築方法についてさらに学んでください。

関連情報

コメント
  1. […] Windows Azure: 開発/テスト向けのオファー、BizTalkサービス、Webサイトでの… […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中