Windows Azure Plugin for Eclipse with Java 2013年7月プレビュー リリース!

Posted: 2013/07/08 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , ,

Microsoft Open Technologiesは、Windows Azure Toolkit for Eclipse (Windows Azure Plugin for Eclipse with Java) の新しいアップデートをリリースしました。2013年7月プレビューには、Eclipse開発者がWindows Azureを扱うのをより簡単にする、多数の拡張が含まれています。

2013年7月プレビューの拡張

2013年7月リリースでは、JDK/サーバー デプロイ構成におけるWindows Azureストレージ アカウントの選択に対する、自動オプションを追加しました。これによって、特定のWindows Azureストレージ アカウントの選択を、「Publish to Windows Azure」(Windows Azureへの発行) ダイアログを使ってデプロイを発行するときまで先送りできるようになります。発行の準備ができたら、発行ウィザードで選択したWindows Azureストレージ アカウントが使われます。これは、2013年5月リリース (英語 / 日本語 (機械翻訳) / 日本語関連ブログ ポスト) で有効化された、選択されたJDK/サーバーのWindows Azureストレージへの自動アップロード機能に対する拡張です。さらなる詳細については、アップデートされた「Creating a Hello World Application for Windows Azure in Eclipse」(EclipseにおけるWindows Azureに対するHello Worldアプリケーションの作成) チュートリアル (英語 / 日本語 (機械翻訳)) をご覧ください。

また、今回のリリースから、Eclipseから、新規Windows Azureストレージ アカウントに対しても、完全なクラウド アプリケーションをデプロイ可能になりました。この機能で重要なのは、EclipseのUIから離れる必要なしに新規Windows Azureストレージ アカウントを作成する、「Add Storage Account」(ストレージ アカウントの追加) ダイアログにおける「New」(新規) ボタンの追加です。さらなる情報については、こちらをご覧ください (英語 / 日本語 (機械翻訳))。

また、より大規模なデプロイに対する新機能も追加しました。よくリクエストされていた機能の1つに、(巨大なJBossとJDK 1.7のデプロイの場合にそうである場合がありましたが) デプロイが既定のapprootフォルダーに含めるには大き過ぎる場合に、JDK/アプリケーション サーバーのデプロイ先としてローカル ストレージ リソースを指定する機能があります。大規模デプロイに関するさらなる情報については、こちらをご覧ください (英語 / 日本語 (機械翻訳))。大規模デプロイ向けの別の便利な新機能として、Windows Azureの新しいハイメモリー インスタンス (A6、A7) のサポート (英語 / 日本語 (機械翻訳)) があります。

また、サービス エンドポイントに対する新しいオプションを追加しました。中国のWindows Azure by 21Vianetのユーザーを特に念頭に置いて、対象にするWindows Azureクラウドのサービス エンドポイントを選択する方法を提供するようにしました。今回のリリースでのサービス エンドポイント オプションは、グローバルのWindows Azure、Windows Azure by 21Vianet、またはプライベートのWindows Azureです。されなる情報については、「Windows Azure Service Endpoints」(Windows Azureサービス エンドポイント) (英語 / 日本語 (機械翻訳)) をご覧ください。今回の新リリースで、エンドポイントの選択方法は次の通りです:

1

また、Microsoft Windows Azure Client API (英語 / 日本語 (機械翻訳)) のバージョン0.4.4をベースにした、Windows Azure Libraries for Javaパッケージに対するアップデートもあります。このパッケージには、Eclipseライブラリとして、最新のSDKディストリビューションとそのオープンソースの依存性が含まれています。このライブラリを (Windows Azureプロジェクトではなく) アプリケーションのプロジェクトのビルド パスに追加すると、すべての関連するWindows Azure APIライブラリが自動的に参照され、WARファイルに含まれます。

プラグインの入手

Windows Azure Plugin for Eclipse with Javaをダウンロード/インストールする完全な手順 (英語 / 日本語 (機械翻訳)) と、アップデートされたドキュメント (英語 / 日本語 (機械翻訳)) が、こちらにあります。いつものように、この最新リリースの動作や新機能の評価について、我々にお知らせください! フィードバックや質問を送るには、MSDNフォーラムStack Overflowをお使いください。

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中