Windows Azureの7月のアップデート: SQLデータベース、Traffic Manager、自動スケール、仮想マシン

Posted: 2013/07/24 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , , ,

今朝、Windows Azureに対するいくつかの素晴らしいアップデートをリリースしました。新しい拡張は、次の通りです:

  • SQLデータベース: 自動化されたSQLエクスポートと、新しいSQLデータベースのプレミアム層オプションのサポート
  • Traffic Manager: HTML5ベースの管理ポータルにおける、Windows Azure Traffic Managerの管理の新しいサポート
  • 自動スケール: Windows Azureモバイル サービスのサポート、サービス バス キューの深さに対する自動スケール規則、自動スケール アクションに対する警告
  • 仮想マシン: 管理ポータルにおけるIaaS管理エクスペリエンスのアップデート

これらの改善すべては利用可能になっており、今すぐ使うことができます (注: まだプレビューの機能があります)。詳細は次の通りです:

SQLデータベース: 自動化されたSQLデータベース エクスポートのサポート

よくリクエストされていた機能の1つに、お客様が、定期的に完全に自動化されたSQLデータベースのストレージ アカウントへのエクスポートを実行できる機能がありました。本日より、これはWindows Azureの組み込み機能になりました。定義したい任意のスケジュールを使って、定期的に自動化された方法で、SQLデータベースのトランザクション一貫性のあるコピーを、ストレージ アカウントの.bacpacファイルにエクスポートできるようになりました。

この機能を活用するには、自動エクスポート規則を設定したいSQLデータベースの「構成」タブをクリックします:

1

「エクスポートの状態」で「自動」をクリックすると、ページが展開され、選択したストレージ アカウントにトランザクション一貫性のある.bacpacファイルとして自動的にエクスポートされるようにデータベースを構成できる、いくつかの追加の構成オプションが表示されます:

2

エクスポートの時間とスケジュールを完全に自動化し制御できます。既定では週1回に設定されいますが、1日1回の頻度まで設定できます。開始日と開始時間によって、いつ初回のエクスポートが行われるかを定義できます。時間はUTCなので、毎日、米国東部標準時の午前0時にバックアップを行いたい場合は、UTCの午前5時に設定します。データベースのサイズによってはエクスポートに数時間かかる場合もあるので、開始時間が、エクスポートが完了する時間を保証するものではないことを、覚えておいてください。

次に、各エクスポート ファイルを保持する日数を指定します。複数のエクスポート ファイルを保有できます。バックアップとして使うエクスポート ファイルを常に最低1つ保持するためには、「常に1つ以上のエクスポートを保存してください」オプションを使います。これは保有期間をオーバーライドするので、30日間バックアップを停止した場合でも、依然として1つのエクスポート ファイルを保有します。

最後に、自動エクスポートが使うサーバー ログイン名とパスワードを指定する必要があります。自動エクスポートが必要とする情報を提供した後に「保存」をクリックすると、開始日と開始時間に達したら、初回の自動エクスポートが開始されます。SQLデータベースの「ダッシュボード」タブの概要リストで、データベース エクスポートの状態 (および、最後のエクスポートの日時) を確認できます。

エクスポートされたデータベースからの新規データベースの作成

エクスポートされたコピーから新規SQLデータベース インスタンスを作成したい場合は、Windows Azure管理ポータルで、単に「新規」>「データ サービス」>「SQLデータベース」>「インポート」オプションを選択します:

3

これによって、ストレージ アカウントからSQLデータベース エクスポートの.bacpacファイルを選択できるダイアログが表示され、簡単にデータベースの再作成 (および、好きな名前付け) を行えます。

コストへの影響

自動エクスポートが実行される際、Windows Azureは、.bacpacファイルを作成する前に、最初にデータベースの一時データベースへの完全コピーを行います。これは、エクスポートがトランザクション一貫性を持つことを保証する、唯一の方法です (エクスポートが完了したら、データベース コピーは自動的に削除されます)。結果として、エクスポートを実行した日に、このデータベース コピーに対して課金されます。データベースは1日単位で課金されるので、毎日エクスポートする場合は、理論的にはデータベースのコストが2倍になります。毎週エクスポートを実行する場合は、コストはずっと低くなります。

ストレージ アカウントがSQLデータベースとは異なるサブリージョンにある場合は、ネットワーク帯域幅に対して課金されます。ストレージ アカウントが同じサブリージョンにある場合は、帯域幅の課金はありません。ストレージ アカウントに保有しているすべての.bacpacファイルに対して、(格納されたGB単位の料金である) 標準のWindows Azureストレージ料金が課金されます。

自動エクスポートを設定する条件

自動エクスポートを設定するには、(上のスクリーンショットで、自動エクスポート規則で構成したサーバー ログイン名/パスワードを使った) Windows Azureのデータベースへのアクセスが許可されている必要があることに注意してください。これを有効化するには、データベース サーバーの「構成」タブに進み、「Windows Azureサービス」のスイッチが「はい」に設定されていることを確認します:

4

SQLデータベース: Windows Azure SQLデータベースに対する新しいプレミアム層の発表

本日、ビジネス クリティカルなアプリケーションに対してより予測可能なパフォーマンスを提供する、Windows Azure SQLデータベースに対する新しいプレミアム層のプレビューを発表できて興奮しています。プレミアム層は、(組み込みのセカンダリ レプリカも含め) データベース向けに一定の容量を占有することで、クラウド アプリケーションに対してより強力で予測可能なパフォーマンスを提供するのに役立ちます。この機能は、データベースをより分離して、より良くスケールさせるのに役立ちます。

占有容量は、次の要件を持つクラウド ベースのアプリケーションにとって理想的です:

  • 高いピーク負荷 – 操作を完了するために、多くのCPU、メモリー、IOを必要とするアプリケーション。たとえば、データベース操作が、長時間にわたって複数CPUコアを消費することが分かっている場合、それはプレミアム データベースを使う候補です。
  • 多数の同時リクエスト – 多数の同時リクエストを処理するデータベース アプリケーション。SQLデータベースの通常のWeb Edition/Business Editionは、180同時リクエストという上限を持っています。より多くの接続を必要とするアプリケーションは、必要となるリクエストの最大数を処理するために、適切な占有サイズのプレミアム データベースを使うべきです。
  • 予測可能な待機時間 – データベースからの最小の応答時間を保証する必要があるアプリケーション。あるストアド プロシージャが、より幅広いお客様の操作の一部として呼び出される場合、呼び出しの99%がわずか20ミリ秒で返されるという要件があるかもしれません。この種のアプリケーションは、占有された計算能力が利用可能であることを保証するプレミアム データベースから恩恵を受けます。

アプリケーションのパフォーマンスのニーズを評価し、アプリケーションが占有容量を必要とするかどうかを判断するのを助けるために、Customer Advisory Team (CAT) が詳細なガイダンスをまとめました。最適なパフォーマンスのために継続的にアプリケーションをチューニングする方法や、アプリケーションが占有容量を必要とするかどうかを知る方法に関するヒントについては、Windows Azure SQLデータベース プレミアムのガイダンスのホワイトペーパー (英語 / 日本語 (機械翻訳)) をお読みください。加えて、我々のエンジニアが、(プレミアム プレビューが受け付けられクォータが承認された後の、プレミアム データベースの設定、使用、管理方法に関して) プレミアム データベース管理のホワイトペーパー (英語 / 日本語 (機械翻訳))をまとめました。

占有容量プレビューへの招待のリクエストには、2つの手順が必要です:

  1. プレビュー機能ページにアクセスし、プレミアム プレビュー プログラムへのアクセスをリクエストします。初期の受け付けでは、アクティブで有償のWindows Azureサブスクリプションとアカウント管理者の責任を持ったお客様が対象になります。
  2. サブスクリプションでプレビュー プログラムがアクティブ化されたら、Windows Azure管理ポータルで、対象のSQLデータベース サーバーのダッシュボードかクイックスタートから、プレミアム データベースのクォータをリクエストします。

プレミアム データベースの登録の詳細については、短いチュートリアル ページ「Sign up for the preview of Premium for Windows Azure SQL Database」(Windows Azure SQLデータベース向けのプレミアム プレビューの登録) (英語 / 日本語 (機械翻訳))を確認してください。SQLデータベースのプレミアムの料金に関する詳細については、Windows Azure SQLデータベースの料金ページにアクセスしてください。

Traffic Manager: Windows Azure管理ポータルへの統合

Windows Azure Traffic Managerは、Windows Azure管理ポータルに追加された最新のサービスです。Windows Azure Traffic Managerによって、Windows Azureにホストされているクラウド サービスや仮想マシンへのネットワーク トラフィックの分散を制御できます。Traffic Managerは、クラウド サービスの複数のデプロイをグループ化できるようにすることでこれを行い、それらに対するトラフィック負荷規則を管理できるようにします。

使い方の例として、Traffic Managerがクラウド サービスの信頼性と可用性を高めるのに役立つシナリオを考えてみましょう。(3つの異なるクラウド サービス (myServiceEastUS、myServiceWestUS、myServiceCentralUS) を使って) 3つのサブリーション (米国東部、米国西部、米国中北部) にわたってデプロイされているクラウド サービスがあるとしましょう:

5

クラウド サービスを効率化し、クラウド サービスに対して行われたリクエストの応答時間を最小化したい場合、あるIPアドレス範囲や場所からのリクエストが、その特定の範囲や場所からの応答時間が最小になるデプロイ済みサーバーに向かうように、ネットワーク リクエストを制御したいかもしれません。Windows Azure Traffic Managerを使うと、これを簡単に行えるようになります。

Windows Azure Traffic Managerは、世界中の多様な場所からクラウド サービスにpingすることで、ルーティング テーブルを作成し、応答時間を計算します。それから、可能な最小の応答時間で処理されるように、このテーブルを使ってクラウド サービスへのリクエストをリダイレクトします。

これの設定方法は、次の通りです。「新規」>「ネットワーク サービス」>「Traffic Manager」>「簡易作成」を介して、Traffic Managerプロファイルを作成します:

6

「Load Balancing Method」(負荷分散方式) ドロップ ダウンから「パフォーマンス」を選択します。Traffic Managerに入れたい3つのデプロイ エンドポイント (今回は、米国東部、米国西部、米国中北部の異なるデプロイ)を選択し、「作成」ボタンをクリックします:

7

Traffic Managerプロファイルを作成したら、外部向けのドメイン「www.myservice.com」がTraffic ManagerのDNS (今回は、myservicetm.test.trafficmgr.com) に解決されるように、更新できます。

Windows Azure管理ポータルで作成したばかりのTraffic Managerプロファイルをクリックすることで、後でTraffic Managerプロファイルに追加のクラウド サービス エンドポイントを追加し、監視と健全性の設定を変更し、(DNS TTLや負荷分散方式といった) 他の構成設定を変更できます。

たとえば、パフォーマンスの代わりに、フェイルオーバー シナリオと高可用性に対して最適化されるように、後で負荷分散方式を変更したいと仮定しましょう。たとえば、すべてのリクエストを米国西部に処理させ、米国西部のデプロイに障害が発生した場合は米国東部に処理させ、米国東部にも障害が発生した場合は米国中北部のデプロイに処理させたいとしましょう。Traffic Managerプロファイルの「構成」タブに進み、「Load Balancing Method」(負荷分散方式) を「フェイルオーバー」に変更することで、これを行えます:

8

次に、米国西部のデプロイ myServiceWestUSが一覧の最初になり、次にmyServiceEastUSとmyServiceCentralUSが来るように、フェールオーバー優先度リストを変更します:

9

それから、「保存」をクリックして、変更を確定します:

10

これらの設定を変更することで、クラウド サービスのデプロイに対する自動フェイルオーバー規則を有効化し、複数サブリージョンの信頼性を実現しました。Windows Azure管理ポータルの本日のアップデートによる、新しく統合されたTraffic Managerのエクスペリエンスによって、これらすべての構成/設定が非常に簡単になりました。

自動スケール: モバイル サービス、サービスバス、傾向と警告

3週間前、Webサイト、クラウド サービス、仮想マシン向けに、新しい自動スケールのサポートを追加しました (英語 / 日本語)。

自動スケールによって、理想的なパフォーマンスとコストのバランスを達成できるように、(手動介入の必要なしに) あなたのために動的にアプリケーションを自動的にスケールさせるよう、Windows Azureを構成できるようになります。一度構成すると、自動スケールは、アプリケーションの負荷に応じて、稼働しているインスタンス数を定期的に調整します。利用可能になったこの3週間で、自動スケールが大規模に採用されていることを確認しています。本日、利用可能となった自動スケールのさらなる機能を発表できて興奮しています。

Windows Azureモバイル サービスのサポート

自動スケールが、(Webサイト、仮想マシン、クラウド サービスに加えて) モバイル サービスのバックエンドを自動的なスケールをサポートするようになりました。この機能は、モバイル サービスの標準層、プレミアム層の両方で利用可能です。

モバイル サービスで自動スケールを有効化するには、単にモバイル サービスの「スケール」タブに進み、「自動スケール」を「オン」に設定し、使いたいスケール ユニットの最小/最大範囲を構成します:

11

この機能が有効化されると、Windows Azureは、モバイル サービスへの日次API呼び出し回数を定期的に確認し、APIクォータの90%を超えた場合、(設定された有効化したい最大インスタンス数に達するまで) スケールアウトさせます。

毎日午前0時 (UTC) に、Windows Azureは、構成された最小インスタンス数までスケールインさせます。これによって、稼働するモバイル サービスのインスタンス数を最小化し、料金を節約できます。

サービス バス キューの深さ規則

自動スケールの最初のプレビューは、2つの異なる負荷メトリックをベースにして、ワーカー ロールと仮想マシンを動的にスケールさせる機能がサポートしていました:

  • ワーカー ロール/仮想マシンのCPUの割合
  • ストレージ キュー深さ (キューで処理を待っているメッセージ数)

本日のアップデートで、サービス バス キューの深さをベースにして、仮想マシンとクラウド サービスをスケールさせることもできるようになりました。これは、キューで処理を待っているメッセージのバックログをベースにして、稼働しているバックエンド システムの数を動的に増減させたいシナリオに最適です。

これを有効化するには、仮想マシンやクラウド サービスの「スケール」 タブで「キュー」自動スケール オプションを選択します。自動スケール セクションで「キュー」を選択する際は、「アカウントまたは名前空間」ドロップ ダウンをクリックします。ストレージ アカウントとサービス バス名前空間両方の一覧が表示されます:

12

サービス バス名前空間を選択すると、「キュー名」セクションにその名前空間のキューの一覧が表示されます。自動スケールに監視させたい特定のキューを選択します:

13

ストレージ キューと同様に、サービス バス キューの深さによるスケーリングによって、「マシンあたりのターゲット」を定義できます。このターゲットは、各ワーカー ロール インスタンス/仮想マシンが処理できるメッセージ量を表しているべきです。たとえば、ターゲットが200で、キューに2000メッセージある場合は、自動スケールは10台のマシンまでスケールさせます。アプリケーション負荷が変化するにつれて、自動スケールは動的にスケールアウト/インさせます。

履歴傾向監視

また、CPUによって自動スケールする場合、ロール/仮想マシンの過去1週間のCPU使用率のミニ グラフを示すようになりました。これは、最初に自動スケールを構成する際に適切なターゲットを設定し、自動スケールを有効化した後に自動スケールがどのようにCPU使用率に影響を与えたかを確認するのに役立ちます:

14

警告

ある稀なシナリオで、何らかの理由によって自動スケール エンジンが規則の実行に失敗する場合があります。自動スケールの失敗が起こっている場合、Windows Azure管理ポータルであなたに知らせるようになりました:

15

ポータルでこれを確認した場合は、目標を達成するために十分なコンピューティング インスタンスが現在デプロイされていることを確認するために、サービスの応答性と容量を監視することをお薦めします。

加えて、自動スケール エンジンが、仮想マシンやWebサイトから (CPUの割合といった) メトリックの取得に失敗した場合は (これは、断続的なネットワーク障害やマシンの診断障害によって引き起こされる場合があります)、以前に容量が低すぎると判断されていた場合には、エンジンは、特殊な1回限りのスケールアウト アクションを実行する可能性があります。その後、自動スケール エンジンが再びメトリックを取得できるまでは、さらなるスケール アクションは実行されません。

仮想マシン

Windows Azureの本日のアップデートには、Windows Azure管理ポータルを使った仮想マシンの作成/関m利方法に対する、いくつかの素晴らしい拡張も含まれています。

より高度なカスタム作成ウィザード

管理ポータルの「ギャラリーから」オプションを使って仮想マシンを新規作成する際に、仮想マシンのさらなるオプションを公開するようになりました:

16

ギャラリーから仮想マシン イメージを選択する際に、追加オプションを構成するために使えるアップデートされた画面があります。クラウド サービスに仮想マシンを配置する機能、可用性セットを作成/管理する機能が含まれます:

17

ウィザードでの仮想マシン作成の一部として、ネットワーク エンドポイントを構成/管理できるようにする、新しい画面もあります:

18

既定でリモートPowerShellを有効化するようになり、ユーザーが他のWell-knownプロトコル エンドポイントを構成するのが本当に簡単になりました。ドロップ ダウン リストからWell-knownプロトコルを選択するか (上のスクリーンショットがその方法を示しています)、または独自のポート マッピング設定を手動で入力することができます。

仮想マシンの裏側にあるクラウド サービスの公開

また、今月から、単一のデプロイ内にグループ化された1つ以上の仮想マシンをホストするために使われている、基になるクラウド サービスを公開するようになったことに、気付いたかもしれません。以前は、管理ポータルで、仮想マシンの裏側にクラウド サービスがある事実を表面化させていませんでした。現在は、もしそうしたい場合は、基になるクラウド サービスにいつでもアクセスできるようになりました (これによって、より高度な設定を制御/構成できるようになります)。

追加の注意:

  • 仮想マシン ギャラリーを使って、既存の「空の」クラウド サービスに仮想マシンをデプロイできるようになりました。これによって、仮想マシンをデプロイする前に、デプロイのDNS名をカスタマイズしたいシナリオが可能になります。
  • 仮想マシン作成ウィザードに対して行った変更を使って、さらに簡単にクラウド サービスに複数の仮想マシンを追加できるようになりました。
  • クラウド サービスにホストされている仮想マシンに対するネットワーク負荷トラフィック分散を実現するために、新しいTraffic Managerを使えるようになりました。
  • クラウドサービスが公開されましたが、仮想マシンに対する追加料金はありません。クラウドサービスは、常に作成されていました。単に、より高度な構成オプションを表面化させるために、今後はクラウド サービスを隠すことをやめるようにするだけです。

まとめ

本日のリリースには、さらに優れたクラウド ソリューションの構築を可能にする、多数の素晴らしい機能が含まれています。もしWindows Azureアカウントをまだ持っていない場合は、無料評価版に登録して、これらの機能すべてを今日から使い始めることができます。それから、Windows Azure開発者センター (英語 / 日本語 (機械翻訳)) にアクセスして、アプリの構築方法についてさらに学んでください。

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中