Windows Azure Plugin for Eclipse with Javaのアップデート – Kepler、Windows Azure SDK、「小さい方が良い」デプロイ オプション

Posted: 2013/08/07 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , ,

Microsoft Open Technologiesは、Windows Azure Plugin for Eclipse with Java (英語 / 日本語 (機械翻訳)) の8月プレビュー (英語 / 日本語 (機械翻訳)) をリリースしました。このリリースには、新しいWindows Azure SDK v2.1のサポート (前提条件)、Eclipseバージョンのサポートに対する変更、JDKとサーバーのデプロイ方法に対する変更が含まれています。Eclipseユーザーは、すでにEclipseでプラグイン アップデート通知を確認しているかもしれないので、Windows Azure SDKの前提条件に注意してください。完全な詳細に関しては、ドキュメントのアップデート (英語 / 日本語 (機械翻訳)) をご覧ください。

ハイライト

  • Windows Azure SDKのアップデート – このアップデートは、新しいWindows Azure SDK v2.1と同期しており、アップデートのためにはこのSDKが必要です。
  • Keplerのサポート – Keplerを使っているEclipseユーザー向けに、我々はKeplerをサポートするようになりました! 今後は、Indigo (3.7)、Juno (4.2)、Kepler (4.3) で新しいプラグイン リリースをテストするので、最小必須バージョンがIndigoになることに注意してください。Helios (3.6) でも動作するかもしれませんが、我々は、このバージョン以降、もはやHeliosでプラグインをテストしません。
  • JDK/アプリケーション サーバー構成における「パッケージに含める」オプションが削除されました5月に (英語 / 日本語関連ポスト)、ずっと効率的でチームに適した、JDKとサーバーをBLOBに自動アップロードし、そこからデプロイするオプションを導入しました。将来の拡張のために道を開くため、今回のプラグイン リリースで、JDKとアプリケーション サーバーをデプロイ パッケージに含めるオプションを、このオプションに置き換えます。まだパッケージに含めるオプションを使っているプロジェクトは、BLOBからデプロイするオプションに自動的に変換されます。次の画面は、JDK向けのデプロイ プロジェクトのUIの例です:

1

そして、次の画面は、デプロイのためにアプリケーション サーバーを選択する際のものです:

2

プラグインの取得

Windows Azure Plugin for Eclipse with Javaのダウンロードとインストールの完全な手順 (英語 / 日本語 (機械翻訳)) と、アップデートされたドキュメント (英語 / 日本語 (機械翻訳)) をご覧ください。

継続的なフィードバック

今回のアップデートは、Windows AzureへのJavaアプリケーションのデプロイをより簡単にするための、Microsoft Open Technologiesによる継続的な作業の1つです。ご存知かもしれませんが、先月、我々は、Windows Azure向けのOpenJDKビルドに関して、Azul Systemsと提携しました。このプラグインは、異種混在の開発環境で作業している我々のお客様にとって、重要な要素です。いつものように、この最新リリースの動作や新機能の評価について、我々にお知らせください! フィードバックや質問を送るには、MSDNフォーラムStack Overflowをお使いください。

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中