ビッグ データを万人向けに

Posted: 2014/02/13 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , ,

今週は、Microsoftデータ プラットフォーム (英語 / 日本語 (機械翻訳) / 日本語)にとって本当に心躍る一週間です。月曜日には、Power BI for Office 365 (英語 / 日本語 (機械翻訳)) の一般提供 (GA) を発表しました。今朝は、Hadoop 2.2クラスターが、Windows Azure HDInsight (我々のクラウド ベースのHadoopサービス) 向けのプレビューとしてサポートされるようになったことを発表しました。そして、業界トップのビッグ データ イベントの1つであるStrataで、私が講演を行い、ビッグ データを万人向けにすることについて話したところです。

数週間前、モダンなビジネス エンタープライズにおけるデータの性質の変化 (英語 / 日本語 (機械翻訳)) に関する考えを共有し、データには「新たな価値」があるという結論を導きました。Microsoftは、ビッグ データを数十億の人々に提供するという大胆なビジョンを持っています。これがビッグ データに対する我々の考え方です。数十億の人々がより情報を持ち、周囲の世界に関するより良い観点を持てるのです。

私が「ビッグ データを数十億の人々に提供する」と言うとき、データを介して人々が生活し仕事する方法を変えることについて話しています。そして、データ サイエンティストや専門家だけではなく、あらゆる人について話しています。ビッグ データは、あらゆる階層の人々にとって有益です。ビッグ データは、エンタープライズにとっても確かに有益です。あらゆる種類のビジネスや組織の人々は、より速い決断や洞察のために、明らかにビッグ データの力を必要としています。しかし、ビッグ データは、(人々が自分の生活の他の側面に対する回答や洞察を探しているにせよ、単に自分の好奇心を満たしているにせよ) 消費者、市民、あらゆる世代の人々にとっても有益です。

「好奇心を満たす」個人的な例を共有させてください。一週間前、息子たちとワールド カップ、ブラジルでのワールドカップ開催、ロシアでのオリンピック開催について話していました。どういうわけか、会話は進んで、大陸ごとの国々の人口について思い巡らしていました。私は、我々のBIツールであるPower BI for Office 365とExcelを使って、わずか数分で次のビューを作成できました。Excelを開き、国の人口に関するPower Query検索を行い、欲しいデータを発見し、そのデータをワークシートに追加しました。それから、大陸ごとの国について検索し、そのデータを発見し、それを別のワークシートに追加しました。2つのワークシートをPower Viewに挿入し、それらをリンクし、適切なデータ列をPower Viewキャンバスにドラッグし、大陸をスライサー (フィルターの一種) にすれば完成です! 息子たちが好奇心を持っている情報を手に入れました。

image

このちょっとした話は、分析と可視化のために異なるデータ ソースを迅速かつ簡単にまとめた際に、何が可能になるかを明らかにします。私の家族は、スムーズにアクセスできる構造化情報の力のために、昼食時の会話でより情報を得られました。私と一緒に働いている会計やエンジニアリングの専門家が毎日、何をしているかを想像してみてください。Power BIは、私のビジネスや組織の日々の運営方法を変えています。

Microsoftでは、データ洞察の力を実世界の課題に最も近い人々の手に任せることを目指しています。専門家が、スプレッドシートを作成するのと同じくらい簡単に、データの分析と可視化を行って解決策を探すようにさせたいのです。このことから恩恵を受けるさまざまな人々のことを考えてみてください。農家は、どのように作付けと畜産の慣習を変えるでしょうか? 法執行の慣習は、どのように変わるでしょうか? 都市計画立案者は、どのようにコミュニティのすべての市民に、より良い体験を生み出すでしょうか?

我々の見方では、ビッグ データを数十億の人々に提供するには、人々が毎日使える堅牢なツール、あらゆる種類のデータ セットへの簡単なアクセス、完全なデータ プラットフォームという、3つの要素の複合効果が必要です。

本日、我々のデータ プラットフォームへの最新の機能追加とアップデートによって、我々のビジョンにまた一歩近づきました。最初に触れたように、月曜日に、Power BI for Office 365の一般提供 (GA) を発表しました。これは、人々がExcelで簡単にデータの発見、分析、可視化を行い、価値のある洞察を見つけ、Office 365によってどこからでもその洞察を共有し協力できるようにするために、クラウド コンピューティング、生産性ソフトウェア、BIにおけるMicrosoftの強みをまとめるものです。それだけではなく、これは導入して一発で動くターンキーであり、ユーザーに力を与えつつ、IT部門に作業を管理し最大化できる能力を与えます。加えて、Hadoop 2.2をサポートするWindows Azure HDInsightのプレビューを利用可能にします。Windows Azure HDInsightは、オープン ソースとクラウド デプロイの柔軟性を、エンタープライズにおけるHadoopの採用を加速させるために必要なセキュリティと管理性と融合します。この新バージョンでは、Hadoopの最新バージョンのいくつかの主要な機能を活用するために、HDInsightをアップデートしました。

今は、データ業界において本当に心躍るときです。我々は、ビッグ データを数十億の人々に提供する転換点にいます。これは、今起きつつあることです。医者、農家、弁護士、教師、マーケティング チームが、ビッグ データを日々の意思決定に組み込み、ビジネスを行う方法を根本的に再発明しつつあります。

関連情報

コメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中