Azure: ExpressRoute専用ネットワーク、Webサイトのバックアップ/復元、モバイル サービスの.NETサポート、Hadoop 2.2など

Posted: 2014/02/22 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , , , , , ,

今朝、Windows Azureに対する多数の拡張をリリースしました。本日の新機能と発表は、次の通りです:

* ExpressRoute: 専用、プライベート、高スループットのオンプレミスとのネットワーク接続性
* Webサイト: バックアップ/復元のサポート
* モバイル サービス: .NETのサポート、通知ハブとの統合、PhoneGapのサポート
* HDInsight: Hadoop 2.2のサポート
* 管理: 共同管理者の上限を10ユーザーから200ユーザーに拡大
* 監視: 管理ポータルに統合されたサービス障害通知
* 仮想マシン: VMエージェントと背景情報 (BGInfo) のサポート
* Active Directory: さらなるSaaSアプリ、さらなるレポート、セルフ サービス グループ管理
* BizTalkサービス: EDIFACTプロトコルのサポート、サービス バスとの統合、バックアップ/復元

これらの改善すべては現在利用可能になっており、今すぐ使うことができます (いくつかの機能はまだプレビューであることに注意してください)。詳細は、次の通りです:

ExpressRoute: 専用、プライベート、高スループットのオンプレミスとのネットワーク接続性

本日、新しいExpressRouteサービスのパブリック プレビューをリリースしました。ExpressRouteによって、AzureデータセンターとオンプレミスのIT環境との間の、専用、プライベート、高スループットのネットワーク接続性が可能になります。ExpressRouteを使うと、パブリック インターネットにトラフィックを流す必要なしに、既存のデータセンターをAzureに接続でき、保証されたネットワーク サービス品質 (QoS) を実現でき、既存のプライベート ネットワーク/データセンターの自然な拡張としてAzureを使えるようになります。

本日から、Equinixデータセンターを介して専用接続を確立するか、あるいは、AT&Tが提供するMPLS VPNにAzureサービスを追加することができます。また、本日、Level3 Cloud Connect Solutionsを介してプライベート接続を可能にするために、Level3との戦略的な提携を発表します。

ExpressRouteの構成

本日のリリースで、ExpressRoute回線を介して自分のローカル ネットワークへの接続を構成できるようにするために、仮想ネットワーク サービスにアップデートを行いました。

仮想ネットワークを新規作成する際に、サイト間VPNオプションの選択時に、ExpressRouteを構成するオプションが現れるようになりました。

image

また、すでに作成済みの仮想ネットワークに対して、「構成」タブでExpressRouteを使うようにサイト間接続を構成できます。

ExpressRouteでサイト間接続を拡張したら、その仮想ネットワークにデプロイされているすべてのVMやクラウド サービスは、専用接続を介してリモート ネットワークに接続でき、より高速な速度、より低いレイテンシ、完全なネットワーク分離が可能になります。サブスクリプションでまだExpressRouteを有効化していない場合は、こちらで登録できます。

Webサイト: バックアップ/復元のサポート

先月、Windows Azure Webサイトに2つの素晴らしい新機能を追加しました (英語 / 日本語)。(アトミックなデプロイを可能にする) ステージング発行、(バックグラウンド タスクを可能にする) Webジョブ のサポートです。

本日のリリースで、Webサイトにもう1つの素晴らしい新機能を追加しました。バックアップ/復元のサポートです。新しいWebサイトのバックアップのサポートによって、自分のWebアプリのスナップショット バージョンを、そのアプリが使うSQLデータベースやMySQLデータベースとともに保存できるようになります。手動でバックアップを行うか、あるいは、自動的に (たとえば、1日1回、午前0時に) バックアップする自動化ルールを設定することができます。後でWebサイトを以前の状態に復元するか、あるいは、元のサイトのバックアップを基にしてWebサイトを新規作成することができます。

新しいバックアップ/復元機能は、お客様が「標準」レベルを使って実行しているすべてのWebサイトで、追加料金なしで利用可能です。これは、さらに自信を持って自分のWebアプリを実行する、素晴らしい方法を提供します。

バックアップ サポートの有効化

Webサイトでのバックアップ サポートの有効化は、簡単です。Webサイトの新しい「バックアップ」タブに進むだけです:

image

手動でバックアップを実行するために、コマンド トレイにある「今すぐバックアップ」オプションをクリックします。あるいは、自動化バックアップ ルールを設定するために、「自動化されたバックアップ」オプションを「オン」に設定し、バックアップを実行したい時間を構成し、「保存」ボタンをクリックします。

モバイル サービス: .NETのサポート、通知ハブとの統合、PhoneGapのサポート

本日、Windows Azureモバイル サービスに対して、一連の素晴らしいアップデートをリリースします。アップデートは、次の通りです:

  • .NETのサポート: ASP.NET Web APIを使ってバックエンド ロジックを書き、モバイル サービスを使って実行できるようになりました
  • 通知ハブとの統合: モバイル サービスが、プッシュ通知のために (プッシュ通知のさらに高度な一連のシナリオを可能にする) 通知ハブを使うようになりました
  • 統合されたPhoneGapのサポート: PhoneGapアプリをモバイル サービスに簡単に統合できるようになりました

それぞれのさらなる詳細は、次の通りです:

.NETのサポート

本日から、.NETとASP.NET Web APIフレームワークを使ったモバイル サービスのバックエンド ロジックの作成を完全にサポートするようになりました。これは、次の利点を提供します:

  1. 素晴らしいモバイル アプリを構築するために。モバイル サービスとともにASP.NET Web APIとVisual Studioを使えます
  2. 既存のWeb APIをモバイル サービスに発行し、モバイル認証やプッシュ通知といったモバイル サービスの追加機能を統合できます
  3. ODataコントローラーなどのWeb APIの機能、BreezeなどのWeb APIベースのサード パーティ フレームワークを最大限に活用できます
  4. Visual Studioを使って、自分のマシン上でローカルで、あるいはAzure上でリモートで実行されているモバイル サービス.NETバックエンドをデバッグできます
  5. モバイル サービスによって、我々が、あなたに代わってあなたのWeb APIの実行/管理/監視/スケールを行います

ASP.NET Web APIとモバイル サービスの組み合わせは、非常に強力で本当に使いやすいモバイル バックエンドを提供します。

.NETを使ったモバイル サービスでの作業の開始

本日の新しい.NETのサポートを使ってモバイル サービスでの作業を開始するのは、簡単です。Windows Azure管理ポータルにアクセスし、モバイル サービスを新規作成するだけです (「新規」>「コンピューティング」>「モバイル サービス」)。作成ウィザードの最初の画面で、バックエンド言語として新しい.NETオプションを選択します:

image

モバイル サービスを新規作成したら、役に立つクイック スタート ページが表示されます:

image

バックエンド言語として.NETを簡単に使い始めるには、このクイック スタート ページに表示されているサンプル プロジェクトをクリックしてダウンロードします。

ダウンロードしたパッケージを展開し、ソリューション ファイルを開きます。モバイル サービス.NETテンプレート プロジェクトが表示されます。これは、追加のモバイル サービスNuGetパッケージが含まれた、単なるASP.NET Web APIプロジェクトであることに注意してください:

image

注: 今後のアップデートで、Visual Studioでのさらに高度なモバイル サービス ツールのサポートを提供する予定です。これは、標準Web APIプロジェクト上に、追加のモバイル サービス ツール機能を提供します。ですが、本日のプレビューでは、単にVisual Studioで既存の標準Web APIプロジェクト テンプレートを使ってます。

モバイル サービスのローカル実行

ダウンロードしてその内容を調べたプロジェクトで、TodoItemController.cs コントローラー ファイルを開きます。このコントローラーは、簡単なリモート データ シナリオを可能にする、モバイル サービスで提供するようになった組み込み TableController .NETクラスの使い方を示しています (注: これを使わずに、標準コントローラー基底クラスから自分のコントローラーを派生させ、EF、NHibernateといった既存のデータAPIを使うこともできます)。

プロジェクト内の既定の TodoItemController.cs は、TodoItems リソースに対する主要なCRUDメソッドのすべてのスキャフォールディングをサポートしています。

image

GetAllTodoitems() メソッド内にブレークポイントを設定します。それから、Visual StudioでF5を押し、モバイル サービスをローカル実行します。モバイル サービスは、プロジェクトに含まれているWeb APIコントローラーに対する、ローカルのヘルプ ページをサポートしています。これによって、ローカルでのテストが本当に簡単になります。

ヘルプ ページの GetAllTodoItems のリンク (“GET tables/TodoItem”) をクリックし、このWeb APIコントローラーのメソッドのドキュメントを表示します。ヘルプ ページのAPIテストのリンク (“try this out”) をクリックし、GetAllTodoItems APIを呼び出してテストします。予想通り、事前に設定済みのブレークポイントに達します。ローカルで開発/テストし、すべての操作をデバッグできることによって、ソリューション開発が本当に簡単になります。

モバイル サービスのAzureへの発行

ローカルでモバイル サービスの開発が完了したら、それをAzureに発行できます。

今後のアップデートで、Visual Studioでの統合された直接のモバイル サービス発行をサポートする予定です。本日のリリースでは、最も簡単な発行方法は、Windows Azure管理ポータルのモバイル サービス ダッシュボードにアクセスし、Webデプロイ発行設定ファイルをダウンロードすることです:

image

発行設定ファイルをダウンロードしたら、VSソリューション エクスプローラーでWeb APIプロジェクトを右クリックし、「発行」コンテキスト メニュー コマンドをクリックするだけです。発行ウィザードで、(モバイル サービスをAzureに簡単にデプロイできるようにする) ダウンロード済みの発行ファイルを選択できます。

モバイル サービスの.NETサポートについてさらに学ぶには、次のチュートリアルを確認してください:

通知ハブとの統合

本日のリリースで、通知ハブをモバイル サービスとともに使うことを、本当に簡単にします。この統合は多くの一般的なシナリオを簡素化し、プッシュ チャネルを明示的に管理する必要をなくします。また、これは、モバイル サービスのお客様に、より強力な次の機能を提供します:

  • タグとタグ式を使った、高度なターゲティング
  • スケーラブルなブロードキャスト プッシュのサポート
  • テンプレートを使った、個人用設定とローカライズ

本日の通知ハブとの統合は、まだプレビューです。モバイル サービスの「プッシュ」タブを使って、有効化できます:

image

有効化したら、(.NETベース、またはNode.jsベースのAPIを使って) バックエンドでの単一のAPI呼び出しで、任意の、あるいはすべてのユーザーにプッシュ通知を簡単に送信できます。

統合されたPhoneGapのサポート

モバイル サービスは、Xamarin、PhoneGap、Senchaといった多数のクロス プラットフォーム モバイル クライアント フレームワークを、すでにサポートしています。本日、Windows Azure管理ポータルで、統合されたPhoneGapクイック スタートを追加しました。これによって、PhoneGapとモバイル サービスによるクロス プラットフォーム モバイル アプリの開発が、劇的に簡素化されます:

image

HDInsight: Hadoop 2.2のサポート

HDInsightは、Windows Azure向けの100%互換のApache Hadoopベースのディストリビューションです。HDInsightでは、Windows Azure BLOBストレージに格納されたデータや、コンピューティング ノードにローカルのネイティブHDFSファイル システムを活用し、大量データを高速処理できます。

HDInsightサービスで、(プレビュー モードで) Hadoop 2.2クラスターをサポートするようになりました。この新しいアップデートによって、(最大40倍の) 桁違いに高速なクエリ応答時間と (最大80%の) ずっと優れたデータ圧縮が提供され、YARNの利点を活用できるようになります。

我々のデータ チームの発表ブログ ポスト (英語 / 日本語 (機械翻訳)) や次のチュートリアル (英語 / 日本語 (機械翻訳)) で、Hadoop 2.2の改善についてさらに学べます。

管理: サブスクリプションあたりの共同管理者数を10から200に拡大

昨秋、より良いエンタープライズ認証エクスペリエンスに対応するために展開した、Azureの多数の拡張についてブログを書きました (英語 / 日本語) 。この改善には、AzureサブスクリプションをActive Directoryテナントに関連付ける機能、多要素認証をサポートしたAzureへのActive Directory SSOを有効化する機能が含まれていました。

本日、各Azureサブスクリプションに対し、共同管理者数を200まで拡大できる、素晴らしい管理面の改善を行います (以前は、サブスクリプションあたりの共同管理者の最大数は10でした)。共同管理者の上限拡大によって、巨大なチームが単一のAzureサブスクリプションを共有し、多くのサブスクリプション管理シナリオを簡素化することが、より簡単になります。

監視: 管理ポータルに統合されたサービス障害通知

クラウドでは、残念ながらサービス障害が時々発生します。お客様から頂いていたリクエストの1つが、サービスに問題が発生した際の通知プロセスの改善と、より良くリアルタイムでユーザーごとにカスタマイズされたステータス情報の提供でした。抽象サービスに問題があることを知るだけよりは、それが自分のアプリが使っている特定のサービス インスタンスかどうか、そして、もしそうなら、その最新の健全性ステータスがどうなっているかを知りたいでしょう。

本日のリリースで、Azure管理ポータルにおける直接のAzureインシデント通知サポートを導入します。そして、使っている特定のサービス インスタンスを基にして、この通知をカスタマイズします。自分のアプリに影響を与えるサービス障害インシデントの発生時に、ポータルで通知を確認できるようになりました:

image

次の種類のインシデントに対して、このアラートを表示します:

  • 部分的なパフォーマンス低下
  • 部分的なサービス中断
  • 完全なパフォーマンス低下
  • 完全なサービス中断
  • 勧告 (アドバイザリ)

通知ウィンドウで「OK」をクリックすると、インシデントに関するさらなる詳細を提供するダイアログが表示されます:

image

このダイアログには、インシデントのタイムスタンプ、サービス名、インシデントの種類、インシデントに関連する最新アップデートの説明、(可能な場合) 問題のサービスを使っている自分のサブスクリプションサブスクリプションIDといった、主要な情報が含まれています。今回のリリースでは、仮想マシン、クラウド サービス、ストレージ、SQLデータベース、サービス バス、Webサイトに関連するインシデントに対して、サブスクリプションIDが提供されます。他のサービスに対しては「Not Available」と表示されますが、我々は、今後のリリースでサポートを追加するために作業しています。

このインシデント詳細ダイアログ下部のリンクをクリックすることで、このダイアログから「操作ログ」ページに進めます。このページでは、同じサブスクリプションID情報を持つインシデント履歴のフィルタリングされたビューが提供されます。これによって、このサービスに関連する過去のすべてのインシデントの完全な詳細を (インシデントの開始/終了時間とともに) 確認できます。

Azure上で使っている特定のサービスに関連する障害やアップデートの検出を簡単にするために、すべてのAzureサービス対応すべく、今後の数リリースにわたってこの機能の拡張を継続する予定です。

仮想マシン: VMエージェントと背景情報 (BGInfo) 拡張機能

本日のリリースで、仮想マシンの管理をさらに強力にするのに役立つ新機能を追加します。VMエージェントのサポートです。

クラウド サービス (Web/ワーカー ロール) を使っている方は、特定の管理機能を支援するために、我々がインスタンス内部でエージェントを使っていることをご存じかもしれません。本日のリリースで、(今後、仮想マシンにも同様の管理機能を提供していく予定の) IaaS VM向けの新しいVMエージェントを導入します。

VMエージェントは、Windows/Linux VM内部でオプションとして実行できる、軽量で目立たないプロセスです。VMエージェントは、拡張機能をインストールして管理するために使えます。拡張機能は、VMの機能を拡張し、一般的な管理シナリオをより簡単にするのに役立つ、ソフトウェア モジュールです。今後数か月にわたって、(自分の仮想マシンでオプションとして有効化できる) 多数の新しい拡張機能をリリースする予定です。

「簡易作成」でVMを作成すると、VMエージェントは自動的にインストールされます。「ギャラリーから」オプションを使い、「Install the VM Agent」(VMエージェントのインストール) チェックボックスの選択を解除してVMを作成することで、VMエージェントのインストールからオプトアウトできます:

image

背景情報 (BGInfo) 拡張機能

VMエージェントの本日のリリースで有効化した小さいながらも便利な拡張機能が、「BGInfo」と呼ばれる拡張機能です。この拡張機能は、RDP接続時に、VMインスタンスのデスクトップにWindows VMに関する情報を表示します。これは、VMの構成設定 (内部/パブリックIP、ディスク領域、メモリ、デプロイIDなど) を迅速に理解する簡単な方法を提供します:

image

今後数か月にわたって、VMの管理サポートをさらに拡張する、追加の拡張機能のリリースを継続する予定です。

Active Directory: さらなるアプリ、さらなるレポート、セルフ サービス グループ管理

本日のリリースで、さらなるSaaSアプリとのSSO統合をサポートするためにWindows Azure Active Directoryをアップデートし、さらなる組み込みレポートで (現在プレビュー中の) Windows Azure Active Directory プレミアムを拡張し、エンド ユーザーのセルフ サービスおよび代理のグループ管理を追加しました。

SaaSアプリケーションへのActive Directory SSOの有効化

人気の高い600以上のアプリとのActive Directoryシングル サインオン (SSO) を有効化しました。これらのアプリケーションを自分の組織のActive Directoryと統合するには、Windows Azure管理ポータルで自分のActive Directoryを選択し、「アプリケーション」タブに進み、「追加」ボタンをクリックします:

image

それから、「組織で使用するアプリケーションを追加」を選択します。これによって、人気の高い600以上のSaaSアプリケーションから、統合するアプリケーション選択できます:

image

アプリを自分のActive Directoryと統合したら、自分のディレクトリ内のどのユーザーがそのアプリにサインインできるかを選択できます。これを行うと、http://myapps.microsoft.com/ サイトにログインしたユーザーに対して、アクセス パネルにそのアプリが表示されます。これによって、ユーザーは、企業の資格情報を使ってそのアプリにサインインして使い始めることができます。

プレミアムのセキュリティ/使用量レポート

Windows Azure ADプレミアムは、アイデンティティ/アクセス管理に関するエンタープライズのニーズに対応するために設計されています。これは現在プレビュー中であり、テナント ブランディングやセルフ サービス パスワード リセットといったプレミアムの機能を、プレビュー中は無料で使えます。プレビュー終了時に、有料サービスに変更される予定です。

Windows Azure ADプレミアム プレビューでの作業の開始方法についてさらに調べるには、Active Directoryブログのこのブログ ポスト (英語 / 日本語 (機械翻訳)) をご覧ください。手短に言えば、このプレビューを評価するには、2段階のプロセスがあります。まず、Windows Azureプレビュー機能ページに進み、「try it now」をクリックし「無料評価版」などのサブスクリプションを選択することで、Windows Azure Active Directoryプレミアムを自分のサブスクリプションに追加します。それから、Windows Azure管理ポータルでディレクトリを選択し、そのディレクトリの「構成」タブで「プレミアム機能」スライダーを「有効」に移動します。

image

使用量レポート

本日のアップデートで、自分の組織のユーザーがどのようにアプリケーションにアクセスしているかをより良く理解するのに役立つ新しいレポートを、Windows Azure Active Directoryプレミアムに追加しました。

レポート」タブをクリックして、アカウント侵害の可能性のあるシナリオを強調する追加のビューを確認できるようになりました。これらのレポートは、疑わしい活動があるIPアドレスからのサインイン、不正なサインイン活動、アカウントが侵害された可能性のあるユーザー一覧を表示します。

Windows Azure ADプレミアムでの、代理およびセルフ サービスのグループ管理

本日のリリースで、プレミアム プレビューの一環として、代理およびセルフ サービスのグループ管理のサポートも追加しました。以前のアップデートでは、Windows Azure管理ポータルで管理者がグループを表示/管理できるようにしていました。今回、組織内のエンド ユーザーもグループの作成とグループへの参加が可能になりました。

ディレクトリでプレミアム プレビューを有効化したら、ディレクトリのメンバーであるユーザーは、http://myapps.microsoft.com/ にアクセスしてサインインし、「グループ」タブをクリックすることで、グループ管理のエクスペリエンスを得られます。ユーザーは、ディレクトリに存在するグループのすべてを参照し、グループへの参加をリクエストできます。また、自分がメンバーになっているグループや、自分が所有しているグループだけを表示するように、ビューをフィルタリングできます:

image

image

また、ユーザーは、グループを新規作成できます。

image

これらのグループは、SaaSアプリケーションへのアクセスや、SharePoint Onlineなどのアプリケーション自体の中のアクセスを制御するために使えます。現在、これらのグループは、メールに対応していません。我々は、今後のリリースでこの機能を追加する予定です。

プレミアムのこれらの機能やその他の機能のさらなるアップデートについては、Active Directoryチーム ブログ (英語 / 日本語 (機械翻訳) / 日本語 (一部のみ)) をご覧ください。

BizTalkサービス: EDIFACTプロトコルのサポート、サービス バスとの統合、バックアップ/復元

本日のリリースで、Windows Azure BizTalkサービスを多数の新機能でアップデートします。BizTalkサービスをすでにお使いの場合、環境は、次の新機能で自動的にアップデートされます:

EDIFACTプロトコルのサポートと、X12スキーマのアップデート

D10BまでのバージョンのEDIFACTメッセージングを、プラットフォームでネイティブにサポートするようになりました。EDI契約の新規作成時に、(X12の代わりに) EDIFACTをターゲット プロトコルとして選択し、契約を構成できるようになりました。本日のアップデートで、EDIFACTのバッチ処理、追跡、AS2といった機能は、すべてサポートされています。

6030までのX12メッセージングと、受信確認としてメッセージ型997に加えて999も、サポートされるようになりました。

サービス バス キュー/トピックからのメッセージのプル

サービス バス キュー/トピックからのメッセージのプルのサポート: これによって、仲介サービスを書く必要なしに、BizTalk「ブリッジ」がサービス バス キュー/トピックから直接、メッセージをプルできます。新しいBizTalkサービスSDKのインストール後に、BizTalkサービス プロジェクトのVSツールボックスで、新しいソースが利用可能になります:

image

これによって、ブリッジで処理するためにメッセージをFTPエンドポイント、サービス バスキュー、サービス バス トピックからプルし、ルーティング ルールを基に、FTPエンドポイント、サービス バスキュー、サービス バス トピックに送り返す、次のような複雑な構成が可能になります:

image

サービス バス キュー/トピックでの、サービスバス共有アクセス署名 (SAS) のサポート

AzureポータルやVisual Studioで、契約やブリッジとともにサービス バス キュー/トピックを構成するために、SASキーを使えるようになりました。

BizTalkアダプター サービスで、オンプレミスのSQL Serverが不要に

本日から、すべてのBizTalkアダプター構成データが、オンプレミスのSQL Server Expressに追加の構成を必要とすることなく、クラウドに格納されるようになりました。既存のお客様向けには、SDKインストールが、既存の構成をクラウドにアップデート/移行するオプションを提供します:

image

バックアップ/復元のサポート

BizTalkサービスのバックアップ/復元操作が、Azure管理ポータルを介して簡単に構成/管理できるようになりました。次の5つの手順で、バックアップ/復元をスケジューリングできます:

  1. デプロイの「構成」ページに進み、「バックアップ状態」を「なし」から「自動」に変更します
  2. デプロイのバックアップを保存したいストレージ アカウントを追加します
  3. 初回の実施と定期的なスケジュールを微調整します
  4. 保有期間の日数を入力するか、既定の20日のままにします
  5. 構成変更を「保存」します

操作ログのサポート

Azureポータルで「管理サービス」タブを使って、作成、削除、バックアップなどのBizTalkサービス管理操作を表示できるようになりました。これによって、サービスで実行されたすべての管理操作を監査/確認することが簡単になります。

これらの機能が皆さんの統合シナリオに付加価値を与え、皆さんのBizTalkサービスのエクスペリエンスを強化することを期待しています。BizTalkサービスのフォーラム (英語 / 日本語 (機械翻訳)) とUserVoice (英語 / 日本語 (機械翻訳)) を介して、皆さんからのフィードバックをお聞かせください。

まとめ

Windows Azureの本日のリリースによって、多数の素晴らしい新シナリオが可能になります。

もしWindows Azureアカウントをまだ持っていない場合は、無料評価版に登録して、これらの機能すべてを今すぐ使い始めることができます。それから、Windows Azureデベロッパー センターにアクセスして、アプリの構築方法についてさらに学んでください。

関連情報

コメント
  1. […] 前回のブログ ポスト (英語 / 日本語)で、Azureにホストされている仮想マシンに対するオプションの拡張機能として、新しいVMエージェントについて紹介しました。VMエージェントは、WindowsやLinuxのVM内でオプションとして実行可能な、軽量で控えめなプロセスです。それから、「拡張機能」をインストールし管理するために、VMエージェントを使えます。拡張機能は、VMの機能を拡張し、一般的な管理シナリオをより簡単にするのに役立つ、ソフトウェア モジュールです。 […]

  2. […] 以前のポストで (英語 / 日本語)、Azureにホストされた仮想マシンに対するオプションの拡張機能として導入した、新しいVMエージェントについて紹介しました。VMエージェントは、Windows/Lunux VM内で稼働するようにオプションとして有効化できる、軽量で控え目なプロセスです。そして、拡張機能をインストールして管理するために、VMエージェントを使えます。拡張機能は、VMの機能を拡張し、一般的な管理シナリオをより簡単にするのに役立つ、ソフトウェア モジュールです。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中