Windows Azureにおける、CentOS 6.3からCentOS 6.5へのアップデート手順

Posted: 2014/02/25 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , ,

Widnows Azure仮想マシンのギャラリーで提供しているCentOSのOSイメージが6.3から6.5にアップデートされました。ここでは、既存のCentOS 6.3ベースの仮想マシンのアップデート方法を紹介します。


さらなる機能、パフォーマンス、安定性を提供するために、Windows Azureプラットフォームにアップデートが展開されつつあります。それに伴い、プラットフォームへのアップデートを活用するために、OpenLogicが提供するCentOS 6.3を実行している既存の仮想マシンを、互換性のある最新のカーネルとエージェント ソフトウェアでリフレッシュすべきです。

実行中のVMをアップデートするには、次の手順に従ってください…

実行中の仮想マシンの、既存のCentOS 6.3 Yum構成ファイルを修正

Yumを構成

  1. /etc/yum.conf から次の行を削除
http_caching=packages
exclude=kernel*
  1. 次を実行することで、キャッシュ済みのすべてのYumメタデータを削除
sudo yum clean all

Yumアップデート

  1. yum update と yum upgrade を実行
sudo yum update
sudo yum upgrade

アップデートを確認

  1. 次を実行することで、アップデートに成功したことを確認
lsb_release -a 

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中