Microsoft Azure – 革新、品質、そして料金

Posted: 2014/04/01 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , ,

コモディティ サービスに関してはAmazonの料金に合わせるという以前からの約束に従い、コンピューティングを最大35%、ストレージを最大65%値下げ

仮想マシン

4/3に、これまで提供していたインスタンス (「標準」インスタンス) に加えて、「基本」インスタンス (A0-A4) を導入。「基本」インスタンスは、「標準」インスタンスで提供されているロード バランサー機能、自動スケール機能を提供しないが、「標準」インスタンスより最大27%安価。「基本」インスタンスは、ロード バランサーが不要な運用環境や、開発/テスト環境向け。

5/1から、メモリ集中型インスタンス (A5-A7) を、Linuxで最大35%、Windowsで最大27%値下げ。今後数か月で、メモリ集中型の「基本」インスタンスも導入予定。

ストレージ

5/1から、ブロックBLOBストレージを、LRS (ローカル冗長ストレージ) で最大65%、GRS (地理冗長ストレージ) で最大44%値下げ。

今後数か月で、新しい「ZRS」(ゾーン冗長ストレージ) を導入予定。GRSは、2つのリージョンにそれぞれ3つのコピー (合計で6つのコピー) を保持。ZRSは、(同一リージョン内で、あるいは2つのリージョンにわたって) 3つのコピーを保持。ZRSは、GRSより最大37.5%安価になる予定。

リージョン別料金

今回のアップデートで、リージョン別の料金体系を導入 (東日本/西日本リージョンではすでに導入済みでしたが)。

関連情報

コメント
  1. takaosuzuki より:

    Date: Mon, 31 Mar 2014 22:28:09 +0000
    To: takao-suzuki@live.jp

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中