クラウド上のWindowsアプリ: Microsoft Azure RemoteAppの紹介

Posted: 2014/05/14 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , ,

AzureクラウドからWindowsアプリケーションを配信するMicrosoftの新しいサービス「Azure RemoteApp」のプレビューを発表できて、興奮しています。Azure RemoteAppは、RDP (リモート デスクトップ プロトコル)/RemoteFXの高品質でWAN対応のユーザー エクスペリエンスを特徴とし、実績あるWindows Serverのリモート デスクトップ サービスのインフラストラクチャの上に構築され、一流のクラウド プロバイダーであるAzureのグローバル スケールと信頼性を活用し、どこからでもアクセス可能な「サービスとしてのWindowsアプリケーション」すぐに使える完成したサービスを提供します。

我々は、ここ数年で、RemoteAppのエクスペリエンスが個人デバイス ユーザーの関心を呼んでいることに気付きました。iPad、Androidスマートフォン、WindowsノートPC、Macのどれであっても、ユーザーは自分のデバイスとの個人的な絆を築いています。ユーザーは、遊びだけでなく仕事にも個人デバイスを使いたいのです。そのために、仕事のアプリケーションへのセキュアなアクセスを必要としています。組織は、この生産性を活用するために、ますますこういったアクセスを提供することを選びつつあります。知識労働者とIT部門の両方にとって、アプリケーションへのアクセスが最重要です。これが、我々がAzure RemoteAppのプレビュー リリースでアプリケーションに集中している理由です。

http://remoteapp.azure.com/ で、自分自身でサービスを体験し、今すぐプレビューに参加できます。

主な機能

エンド ユーザー エクスペリエンス

Windows ServerのRemoteAppになじみのある方は、Azure RemoteAppのユーザー エクスペリエンスを即座に理解するでしょう。アプリケーションはリモートで動作していますが、ユーザーには、アプリケーションがローカルのクライアント デバイスで動作しているように見えます。Azure RemoteAppは、ネットワークの遅延や喪失に対して回復性があるWAN対応のプロトコル「RDP」を使っています。アプリケーションは、定型的なテキスト入力からマルチメディアまでの、多様な対話型のシナリオやコンテンツに適した、高品質、高速、滑らかなユーザー エクスペリエンスで配信されます。

サポートされるクライアント

今回の発表では、新しいWindows向けのMicrosoft RemoteAppアプリをリリースします。また、Azure RemoteAppをサポートするために、iOS、Android向けのMicrosoft Remote Desktopアプリをアップデートします。近日中に、Mac、Windows Phone、Windows RT向けのクライアント アプリにも、Azure RemoteAppのサポートを追加する予定です。

http://remoteapp.azure.com/ で、自分のデバイス向けの適切なクライアント アプリをダウンロードできます。

ユーザー向けの永続ストレージ

Azure RemoteAppは、ユーザーに50GBの永続ストレージを提供します。このストレージは、信頼性が高くフォールト トレラントなAzure Storageによって支えられており、永続的です。

Windows Server 2012 R2 セッション仮想化

Azure RemoteAppは、Windows Serverのリモート デスクトップ サービス機能の上に構築されています。ユーザーは、効率性の高いアプリケーション ホスティング環境を提供するセッション仮想化を介して、基になる共通のインフラストラクチャを共有します。

プリインストールされたOffice 2013

Officeは、間違いなく最も重要で普及しているアプリケーション スイートです。プレビュー期間中、Azure RemoteAppで、プリインストールされたMicrosoft Office 2013 ProPlusを提供します。

動的なスケーラビリティ

Azure RemoteAppは、Azureのスケーラブルなファブリックの上に構築されており、Windowsアプリ向けのPaaS (サービスとしてのプラットフォーム) を提供することで、Azureを拡張します。この環境は動的にスケーラブルであり、ユーザー接続に応じてリアルタイムでキャパシティを拡大/縮小します。従来型のデスクトップ仮想化環境では、キャパシティ プランニングと資本支出 (CapEx) が主な関心事でした。これに対し、Azure RemoteAppでは、高価なハードウェアに投資する必要はなく、組み込みの動的なスケーラビリティを活用できます。

グローバル展開

Azure RemoteAppは、Azureのグローバルなデータセンター ネットワークから恩恵を受けます。プレビューでは、6つのリージョン (米国西部、米国東部、西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、東アジア、東南アジア) でAzure RemoteAppを提供しています。

デプロイの2つの選択肢: クラウドのみとハイブリッド

2つもデプロイ モデルでAzure RemoteAppを使えます。スタンドアロンのクラウドのみのデプロイは、迅速にプロビジョニングされ、即座にアクセス可能で、自動的にメンテナンスされるアプリ ホスティング サービスを提供します。あるいは、自分自身のアプリケーションをクラウドに持ち込み、それをオンプレミスのインフラストラクチャに接続できます。これは、Windows Server RDSのカスタマイズ性とAzureのスケーラビリティや直感的な管理を組み合わせるハイブリッド デプロイで、アプリケーションを実行します。もう少し詳しく、これを見ていきましょう。

クラウド デプロイ

クラウド デプロイは、クラウドでアプリケーションをホストする、スタンドアロンですぐに使える方法を提供します。プロビジョニングは簡単で高速です。ユーザーは、数分でログインしてアプリケーションを使えます。アプリとOSは、定期的なアップデートによって常に最新に維持されます。また、Microsoft Antimalware Endpoint Protectionが、継続的な防御を提供します。ユーザーは、接続するために、Microsoftアカウントか企業の資格情報を使います。It管理者は、どのアプリを誰に提供するかを考える必要があるだけです。それ以外は、あなたに代わってMicrosoftが対処します。

クラウドのみのモードでのRemoteAppの設定は、簡単です。Azureポータルの新規サービス設定ウィザードで、RemoteAppは「アプリケーション サービス」カテゴリにあります。「簡易作成」を選択し、名前とリージョンを指定し、テンプレート イメージとして「Office 2013 ProPlus」を選択し、OKをクリックします。

image

RemoteAppサービスがプロビジョニングされ、数分後に準備が完了します。
image

これだけです! ここで行う必要があるのは、どのアプリを誰に提供したいかを決定することだけです。RemoteAppサービスのクイック スタート ページで、これら2つの作業が強調表示されています。

どのアプリケーションが発行されているかを管理するために、「RemoteAppプログラム」一覧を使えます。Officeスイートのいくつかのアプリは、既定で発行済みです。OneDrive for Business、Publisher、Accessといった他のアプリも利用可能です。ブラウザーとして、Internet Explorerが利用可能です。最後に、電卓やペイントといったお気に入りアプリも含まれています。「発行」をクリックすることで、これらのアプリを見つけられます。

image

「ユーザー アクセス」表示では、そこから発行したサービスやアプリにアクセスできるユーザーを管理できます。クラウド デプロイ モデルでは、Microsoftアカウントでユーザーを識別できます。加えて、AzureサブスクリプションがAzure Active Directoryに関連付けられている場合、そのディレクトリのユーザーにもアクセス権を付与できます。

image

ユーザーの接続時には、「セッション」タブでログオン ユーザーを表示できます。あるいは、使用状況の概要表示については、サービスのダッシュボードをご覧ください:

image

ハイブリッド デプロイ

クラウド デプロイ モデルは、標準的な生産性アプリ スイート「Office」へのアクセスを提供する理想的な方法です。これに対し、ハイブリッド デプロイ モデルは、はるかに多くのカスタマイズを提供します。アプリ、OS、設定を制御できます。自分でテンプレート イメージを所有し、Azureポータルを介して直接管理します。アプリは、ドメインに参加した環境で動作し、オンプレミスのネットワークやデータに完全にアクセスできます。Azure ADとの統合によって、ユーザーは、ログオンするために、自分の企業の資格情報を使えます。Azure RemoteAppのハイブリッド デプロイ モデルでは、4つの主な概念が重要な役割を果たします:

  • フェデレーション アイデンティティ
  • ハイブリッド ネットワーク
  • ハイブリッド管理
  • カスタム テンプレート イメージ
フェデレーション アイデンティティ

Azure RemoteAppのハイブリッド デプロイでは、ユーザーは、ハイブリッド アプリケーションにアクセスするために、なじみのある企業のIDを使えます。動作している中核のテクノロジは、Azure Active DirectoryDirSyncです。Azure Active Directoryは、オンプレミスのActive Directoryと同期できる、クラウドのディレクトリです。ユーザーのパスワードをクラウドに同期するか、あるいはADFSを使うことでパスワードをオンプレミスだけに保持することを選択できます。AzureポータルのActive Directoryセクションで、これを構成できます。

ハイブリッド ネットワーク

Azure RemoteAppのハイブリッド デプロイでは、クラウドで動作するアプリケーションが、オンプレミスで利用可能なデータやリソースにシームレスにアクセスできます。この機能は、Azure Virtual Networkのサイト間VPNの上に構築されています。RemoteAppの仮想ネットワーク (VNet) は、企業ネットワークに橋渡しをするためにこのテクノロジを拡張します。そのため、Azureにホストされたアプリは、オンプレミスにホストされたアプリケーションと同じデータやネットワークにアクセスできます。

RemoteApp管理インターフェイスの「仮想ネットワーク」タブを使って、RemoteAppのVNetを管理できます。これは、構成済みのVNetの一覧を表示します。

image

RemoteAppのVNetは、Azure VNetの上に構築されているため、類似した構成オプションを持っています。クラウドとローカル オンプレミス ネットワークのアドレス空間を提供し、DNSサーバーを識別し、VPNデバイスのパブリックIPアドレスを指定します。

image

ハイブリッド管理

Azure RemoteAppのハイブリッド デプロイでは、企業のポリシーがクラウドをカバーし、クラウドにホストされたアプリを制御します。オンプレミスのActive Directoryが、ここでの基盤のテクノロジです。グループ ポリシー、System Center、他の多くのエンタープライズ管理/ポリシー ツールが、この目的のためにADに依存しています。RemoteAppは、RDセッション アプリケーションをホストしているホスト サーバーのVMを、オンプレミスのドメインに参加させることで、この制御を可能にします。

指定した組織ユニット (OU) に対するドメインジョイン権限を持つサービス アカウントを提供することで、これを構成できます。RDセッション ホストのVMは、このOUに参加します。自分のハイブリッド クラウド デプロイに固有のポリシーを対象にするために、OUを使えます。

image

カスタム テンプレート イメージ

ハイブリッドのRemoteAppサービスは、自分が提供したテンプレート イメージで動作します。テンプレート イメージは、RDセッション ホストの役割が含まれているWindows Server 2012 R2を基にしている必要があります。また、Azure RemoteAppを介して公開したいアプリケーションで構成されている必要もあります。RDセッション ホストのVMは、このテンプレート イメージのインスタンスとして作成されます。

RemoteApp管理インターフェイスの「テンプレート イメージ」タブを使って、自分のテンプレート イメージを管理できます。これは、アップロード済みのテンプレート イメージの一覧と、それらの特徴的な機能を表示します。新しいアップロードの開始、アップロードを再開するスクリプトの取得、テンプレート イメージの削除を行えます。

image

パッチとアップデートの管理

ハイブリッドのRemoteAppサービスとクラウドのみのRemoteAppサービスとの間の主な違いの1つは、ソフトウェア アップデートの処理方法です。

クラウドのみのRemoteAppサービスでは、OSとアプリケーションのアップデートについて心配する必要はありません。サービスが自動的にメンテナンスを行い、継続的にアップデートを展開します。結果として、常に最新のOSとMicrosoft Office 2013のバージョンを利用できます。

これに対し、ハイブリッドのRemoteAppサービスでは、自分で管理します。RDセッション ホストのインスタンスが自分のドメインに参加しているので、Windows Updateサービス、グループ ポリシー、System Centerといったオンプレミスのソフトウェア管理ツールを使って、インスタンスを制御できます。

また、RDセッション ホストのVMの作成元のテンプレート イメージも完全に制御できます。そのため、OS、アプリケーション、設定をアップデートするために、イメージ ベースの管理も使えます。このアップデート機能は、RemoteAppサービスのクイック スタート ページで利用可能です。

image

新しいテンプレート イメージでRemoteAppサービスをアップデートする際、ログオン済みのユーザーをどうするかの決断を求められます。既定のオプションは、接続済みのユーザーに影響を与えることなしに、バックグラウンドでアップデートを展開することです。アップデートが完了すると、ユーザーは、新しいアプリと設定を使うために、ログオフと再接続を求められます。もう1つのオプションは、期限があるアップデート向けです。ユーザーは、即座にログオフすることを求められます。アップデートが完了するまで、ユーザーはアプリに接続できません。どちらの場合でも、ユーザーの永続ストレージは維持されます。

image

プレビュー リリースの機能のまとめ

プレビュー期間中のAzure RemoteAppの主な機能のまとめは、次の通りです。

料金 (ユーザーごと) プレビュー中は無料
Windows Serverのバージョン Windows Server 2012 R2
リモーティング プロトコル RDP
Microsoft Office Professional Plus 2013
自分自身のアプリケーションの持ち込み
デバイス プラットフォーム Windows 7/8.x、iOS、Android、Mac OS、
(近日対応: Windows Phone、Windows RT)
Microsoftアカウントのサポート
Active Directoryとの
フェデレーション アイデンティティ
オンプレミスITインフラストラクチャとの統合
永続ストレージ (ユーザーごと) 50GB
プレビュー時の初期キャパシティ 2つのリモート サービス インスタンス、
リモート サービス インスタンス
あたり10ユーザー
(プレビュー期間中、お客様は追加の
キャパシティをリクエスト可能)
リージョン 米国西部、米国東部、
西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、
東アジア、東南アジア

今すぐお試しください!

Azure RemoteAppのさらなる情報と作業の開始方法については、http://remoteapp.azure.com/ にアクセスしてください。Azure RemoteAppのWebサイトで、さらなる情報を確認し、プレビューへの参加をリクエストできます。

そして、皆さんの考えをお知らせください! こちらへのコメントかAzure RemoteAppフォーラムで、我々に連絡を取れます。

関連情報

コメント
  1. 甲斐 より:

    お世話になります
    非常に興味深いサービスなので
    価格次第では利用したいと思っています。
    ここで質問しても良いのでしょうか?

    WindowsPCから利用する場合、以下の機器は
    Azure RemoteAppで直接利用出来ますか?

    ・PC内臓HDDドライブ、DVDドライブ
    ・USB接続したメモリ、HDDドライブ、DVDドライブ
    ・USB接続したプリンタ、スキャナ、デジカメ
    ・USB接続したiPhone、Android

    宜しく回答願います
    甲斐

  2. クライアントPCのローカルストレージは、サポートされています。汎用的なUSBリダイレクションは、今回のプレビューでは未サポートですが、USB接続されたプリンターやストレージなどの周辺機器はサポートされています。

  3. 甲斐 より:

    さとう様

    早速の回答を有難うございます。
    Azure RemoteAppにiTunesを入れて
    CDから楽曲を取り込んでみます。
    iTunesからiPhoneへの転送は難しそうですね

    甲斐

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中