新リリース! “Developing big data solutions on Microsoft Azure HDInsight” (Microsoft Azure HDInsightにおけるビッグ データ ソリューションの開発)

Posted: 2014/07/01 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , ,

Microsoft patterns & practicesチームは、最近、新しいガイダンス “Developing big data solutions on Microsoft Azure HDInsight” をリリースしました。このガイダンスには、異なる読者を対象にした3種類の内容が含まれています。

セクション1: “Understanding Microsoft big data solutions” (Microsoftビッグ データ ソリューションの理解) は、ビッグ データ ソリューションの原則や利点の概要、ビッグ データ ソリューションと従来型のデータベース システムとの間の違いを扱います。これには、目標の定義、データソースの特定といったより深い話題を検討することによる、ビッグ データ ソリューションの計画と設計のための一般的なガイダンスが含まれています。これは、どこで、いつ、どのように、ビッグ データ ソリューションの採用から恩恵を受けるかを判断するのに役立ちます。また、このセクションでは、Azure HDInsightと、包括的なMicrosoftデータ プラットフォームにおけるAzure HDInsightの位置付けも議論します。

セクション2: “Designing big data solutions using HDInsight” (HDInsightを使ったビッグ データ ソリューションの設計) には、ビッグ データ処理に固有の、典型的なバッチ処理のユース ケースを満たすソリューション設計のためのガイダンスが含まれています。たとえ、自分のソリューションのプラットフォームとしてHDInsightを使わないことを選んだとしても、このセクションの情報が役に立つことが分かるでしょう。

セクション3: “Implementing big data solutions using HDInsight” (HDInsightを使ったビッグ データ ソリューションの実装) は、HDInsightクラスターにデータをロードするための選択肢とテクニック、クラスター内のデータを処理するためにHDInsightで使えるツール、レポートやグラフを生成するためにHDInsightから分析/可視化ツールに結果を転送する方法や、(データベース、データ ウェアハウス、エンタープライズBIシステムなどの) 既存のデータ ストアに結果をエクスポートする方法といった、幅広い話題を検討します。また、このセクションには、プロセスのすべて、あるいは一部を自動化し、ソリューションを管理、監視するのに役立つ情報も含まれています。

image

このガイダンスの実現を助けてくれた皆さん、ありがとうございました!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中