新しいAzure App Serviceを発表

Posted: 2015/03/25 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , , , , , ,

モバイル ファースト、クラウド ファーストの世界では、あらゆる企業は、顧客と関わり合ってつながりを持ち、社員の生産性をさらに向上することを可能にする、素晴らしいモバイルとWebのエクスペリエンスを提供する必要があります。このようなアプリは、あらゆるデバイスで動作し、あらゆる場所にあるデータを消費、統合できる必要があります。

本日、こういったソリューションを提供する強力な新機能である、新しいAzure App Serviceのリリースを発表できて、興奮しています。Azure App Serviceは、セキュリティ、信頼性、スケーラビリティの厳しいニーズを満たしながら、あらゆるプラットフォームやデバイス向けのWebアプリやモバイル アプリの作成、SaaSソリューション (Office 365、Dynamics CRM、Salesforce、Twilioなど) との簡単な統合、オンプレミス アプリケーション (SAP、Oracle、Siebelなど) との簡単な接続、ビジネス プロセスの簡単な自動化を可能にする、統合されたサービスです。

Azure App Service

Azure App Serviceには、(Azure Websites、Azure Mobile Servicesとして) これまで別々に提供していたWebアプリ、モバイル アプリの機能が含まれています。また、本日初めて導入する、強力な新しいロジック/ワークフロー アプリとAPIアプリの機能や、人気の高い多数のSaaSやオンプレミス アプリケーション (Office 365、SalesForce、Dynamics、OneDrive、Box、Dropbox、Twilio、Twitter、Facebook、Marketoなど) を統合するロジック ワークフローの構築を非常に簡単にする、組み込みのコネクターも含まれています。

低料金で、これらの機能すべてを一緒に使えます。実際、新しいAzure App Serviceの料金は、これまでのAzure Websites機能の料金と全く同じです。Websitesサービスになじみがあるなら、これまでサポートされていた機能のすべてに加えて、新しいモバイル機能、新しいワークフロー機能、多数のSaaSやオンプレミスのソリューションへの新しいコネクターを、追加料金なしで利用可能になりました。

Webアプリ、モバイル アプリ、ロジック アプリ、APIアプリ

Azure App Serviceによって、Webアプリ、モバイル アプリ、ロジック アプリ、APIアプリを簡単に作成できるようになります:

image

単一のAzure App Serviceのデプロイの中で、これらの種類のアプリをいくつでも実行できます。自分のアプリは、Azure App Serviceによって自動的に管理され、(他のユーザーから分離された) 管理されたVMで実行されます (これは、自分のアプリが他のユーザーと同じVMで実行されることを、心配する必要がないことを意味しています)。実際のリソース消費を基にして自分のアプリが使うVM数を自動的に増減する、Azure App Serviceで組み込みの自動スケール機能を使えます。

これは、、Webとモバイルのエクスペリエンスを提供し、幅広いアプリやデータ ソースを統合する自動化されたビジネス プロセスを含んでいる、スケーラビリティの高いアプリを構築、実行するための、信じられないほどコスト効率の良い方法を提供します。

Azure App Serviceがサポートしているさまざまな種類のアプリのさらなる詳細は、次の通りです。Azure App ServiceのWebアプリは本日からGA (一般提供) となり、モバイル アプリ、ロジック アプリ、APIアプリはパブリック プレビューとして利用可能です:

Webアプリ

Azure App ServiceのWebアプリ機能には、これまでAzure Websitesがサポートしていた機能が100%含まれています。その機能は、次の通りです:

  • .NET、Node.js、Java、PHP、Pythonコードのサポート
  • 組み込みの自動スケール機能 (実際の負荷を基にした自動的なスケール アウト/イン)
  • 統合されたVisual Studioからの発行や、FTPでの発行
  • Visual Studio Online、GitHub、BitBucketでの、継続的インテグレーション/デプロイ機能
  • 仮想ネットワークのサポートと、オンプレミスのネットワークやデータベースへのハイブリッド接続
  • ステージング デプロイと、運用環境でのテスト機能
  • 長期にわたるバックグラウンド タスクのための、WebJobs機能

これまでAzure Websitesサービスを使ってアプリをデプロイしていたお客様は、本日、自分のアプリが管理ポータルで「Webアプリ」と呼ばれるようになったことに気づくでしょう。これまでと全く同様にアプリを実行し続けられます。また、オプションとして、追加料金を支払う必要なしに、自分のソリューションにモバイル アプリ、ロジック アプリ、APIアプリの機能を追加することもできるようになりました。

モバイル アプリ

Azure App Serviceのモバイル アプリ機能は、これまでAzure Mobile Servicesを使って提供していた中核機能を提供します。また、本日導入する次のいくつかの新機能も含まれています:

  • 組み込みの自動スケール機能 (実際の負荷を基にした自動的なスケール アウト/イン)
  • Traffic Managerのサポート (自分のアプリを世界中に地理的にスケール)
  • Visual Studio Online、GitHub、BitBucketでの、継続的インテグレーション/デプロイ機能
  • 仮想ネットワークのサポートと、オンプレミスのデータベースへのハイブリッド接続
  • ステージング デプロイと、運用環境でのテスト機能
  • 長期にわたるバックグラウンド タスクのための、WebJobs機能

統合されたApp Service機能を提供するようになったので、単一のAzure App Serviceのデプロイを使って、Webアプリとモバイル アプリの両方を実行できるようになりました。これによって、Webとモバイルのバックエンドに対して別々に料金を支払う必要がなくなり、代わりにオプションとして、さらにコストを削減するために自分のリソースをプールできるようになります。

ロジック アプリ

Azure App Serviceのロジック アプリ機能は新機能であり、ワークフローやビジネス プロセスを自動化できます。たとえば、自分のアプリがAPIを呼び出すたびに毎回、自分のアプリがデータベースにデータを保存するたびに毎回、または、タイマーで (たとえば1分に1回) 自動的に実行されるワークフローを構成できます。そして、自分のワークフロー内で、Dynamics CRM/Salesforceのレコードを作成/取得する、フォロー アップのために営業に電子メールやSMSメッセージを送信する、Facebook/Twitter/Yammerにメッセージを投稿する、Office 365でミーティング/リマインダーをスケジュールするといったタスクを行えます。

このようなワークフローの構築は、Azure App Serviceでは非常に簡単です。(ソース コードとしてチェックインできる) JSONファイルを使って宣言的に、または、本日Azureポータルに導入された新しいロジック/ワークフロー デザイナーを使って、ワークフローを定義できます。たとえば、ここでは、自動的に繰り返すワークフローを構成するために、新しいロジック デザイナーを使いました。このワークフローは、1分ごとに実行され、TwitterでAzureに関するツイートを検索し、社員にフォロー アップさせるために (Twilioを使って) SMSメッセージを自動的に送信します:

image

このワークフローの作成は非常に簡単であり、新しいロジック アプリ デザイナーを使うと、わずか1分ほどしかかかりません。ワークフローを保存すると、Azure App Serviceを使って構築したWebアプリやモバイル アプリが使っているのと同じVM/インフラストラクチャ内で、ワークフローが自動的に実行されます。これは、追加で何かをデプロイしたり、追加料金を支払ったりする必要がないことを意味しています。AzureにWebアプリやモバイル アプリをデプロイした場合、追加料金なしで、前述のワークフローや統合のシナリオのすべてを行えるようになりました。

Azure App Serviceの本日のリリースには、自分のロジック アプリ ワークフローを構築、自動化するために使える、次の組み込みコネクターのサポートが含まれています:

コネクター
  • Box
  • Chatter
  • 待機
  • Dropbox
  • Azure HDInsight
  • Marketo
  • Azure Media Services
  • OneDrive
  • SharePoint
  • SQL Server
  • Office 365
  • Oracle
  • QuickBooks
  • Salesforce
  • SugarCRM
  • Azure Service Bus
  • Azure Storage
  • タイマー/繰り返し
  • Twilio
  • Twitter
  • IBM DB2
  • Informix
  • WebSphere MQ
  • Azure WebJobs
  • Yammer
  • Dynamics CRM
  • Dynamics AX
  • ハイブリッド接続
プロトコル
  • HTTP、HTTPS
  • ファイル
  • フラット ファイル
  • FTP、SFTP
  • POP3、IMAP
  • SMTP
  • SOAP + WCF
BizTalk Services
  • バッチング/デバッチング
  • 検証
  • 抽出 (XPath)
  • 変換 (+ マッパー)
  • 変換 (XML-JSON)
  • 変換 (XML-FF)
  • EDIFACT
  • AS2
  • TPMOM
  • ルール エンジン

image

これらのコネクターを組み合わせることで、自分のアプリ内で実行されてスケールするタスクを構築、調整するための、非常に強力な方法が提供されます。これを使って、ずっと高度なWebアプリやモバイル アプリを構築できるようになりました。

ロジック アプリの使い方をさらに学ぶために、Scott Hanselman、Josh Twistによるロジック アプリのAzure Fridayビデオをご覧ください

APIアプリ

Azure App ServiceのAPIアプリ機能は、(ASP.NET Web APIや他の言語の同様なフレームワークを使って) 自分が作成するAPIと、他のSaaS/クラウド プロバイダーのAPIの両方に対して、APIの簡単な作成、消費、呼び出しを可能にする追加機能を提供します。

APIアプリは、自分のアプリケーション内での単純なアクセス制御や資格情報管理と、幅広い言語に簡単にAPIを公開、統合できるSDKの自動生成機能を可能にします。オプションとして、APIアプリをロジック アプリとご統合できます。

作業の開始

Azure App Serviceでの作業の開始は、簡単です。Azureプレビュー ポータルにサイン インし、画面左下の「新規」ボタンをクリックします。「Web + mobile」サブ メニューを選択すると、Webアプリ、モバイル アプリ、ロジック アプリ、APIアプリを作成できます:

image

Webアプリ、モバイル アプリ、ロジック アプリ、APIアプリをいくつでも作成でき、追加料金なしで、単一のAzure App Serviceデプロイ上でこれらのアプリを実行できます。

さらに学ぶ

3/25 3:00 (日本時間) に、Azure App Serviceのローンチ イベントをオンラインで開催します。Azure App Serviceのさらなる詳細、Scott Hanselmanによる素晴らしいデモ、自分の経験に関するお客様とアナリストによる話があります。こちらで (英語 / 日本語)、無料でオンライン イベントを視聴できます。

また、Scott Hanselmanによる新しいAzure FridayのAzure App Serviceのビデオも確認してください。新機能のすべてを詳しく説明し、Azure App Serviceを使ったWebアプリ、モバイル アプリ、ロジック アプリ、APIアプリの構築方法を紹介しています:

それから、このサービスと今すぐ作業を開始する方法をさらに学ぶために、ドキュメント センター (英語 / 日本語) にアクセスしてください。料金の詳細はこちらです (英語 / 日本語)

まとめ

If you don’t already have a Azure account, you can sign-up for a free trial and start using all of the above features today. Then visit the Microsoft Azure Developer Center to learn more about how to build apps with it.

Microsoft Azureの本日のリリースによって、多数の素晴らしい新シナリオが可能になり、クラウドにホストされた素晴らしいWebやモバイルのアプリケーションの構築がさらに簡単になります。

もしAzureアカウントをまだ持っていない場合は、無料評価版 (英語 / 日本語) に登録して、これらの機能すべてを今すぐ使い始めることができます。それから、Microsoft Azureデベロッパー センター (英語 / 日本語) にアクセスして、アプリの構築方法についてさらに学んでください。

関連情報

コメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中