Microsoftにおけるオープン ソース: Microsoft Open Technologiesの次の章

Posted: 2015/04/19 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, ,

3年前、Microsoft内の革新的なスタートアップ子会社として、Microsoft Open Technologies, Inc. (MS Open Tech (英語 / 日本語)) が設立されました (英語 / 日本語)。MS Open Techの目的は、オープン ソースやオープン標準のコミュニティと協力して、重要な相互運用可能なテクノロジを提供することで、Microsoftの業界とのオープンな協力を加速することでした。現在、MS Open Techはその主要な目的を達成し、オープン ソースのテクノロジとエンジニアリングのプラクティスが、Microsoftで急速に主流になりつつあります。今こそ、MS Open TechがMicrosoftに再合流し、Microsoftがオープン ソースやオープン標準への取り組みを深めるための次の一歩を踏み出すのを助ける時期です。

MS Open Techは、その運営の間、Microsoftが多数のオープン ソース コミュニティとつながるのを助けてきました。MS Open Techのプロジェクトによって、SDK、ツール プラグイン、(Chef、Puppet、Dockerといった) テクノロジとの統合を通して、Linux、Java、その他の開発者がAzureを使うのがより簡単になりました。我々は、MicrosoftのサービスとAPIをiOSとAndroidに持ち込むのを助けてきました。我々は、Apache Cordova、Cocos2d-x、OpenJDK、dash.jsといったオープン ソース プロジェクトに貢献してきました。我々は、Office 365をMoodle学習プラットフォームに持ち込みました。そして、我々は、HTML5、HTTP/2、WebRTC/ORTC向けの標準に関して業界と協力することで、Open Webとつながるのを助けてきました。

同時に、オープン ソースは、Microsoftの文化の主要部になりました。Microsoftのオープン ソース エコシステムと非Microsoftテクノロジへの投資は、これまでになく多くなっています。そして、我々はほかのプラットフォーム向けにアプリケーション、サービス、ツールを構築しているので、我々のエンジニアは毎日、オープン ソース プロジェクトに関わっています。現在、Microsoftのエンジニアは、GitHub、CodePlexを合わせて2,000近いオープン ソース プロジェクトに参加しています。オープン ソースの協力を通して、Microsoftは、Linuxの第一級サポートをAzureに持ち込み、DockerをAzureとWindowsに統合するためにDockerを協力し、Apache HadoopとLinuxの上でAzure HDInsightを構築し、AndroidやiOS、Node.jsやPython向けの開発ツールを提供してきました。そして、Microsoftは独自のオープン ソース コミュニティを活発に構築しつつあります。.NET Foundationを通して、Microsoftは.NETと.NETベースの多数のプロジェクトをオープン ソースにし、それらをLinuxなどのプラットフォームに持ち込みつつあります。我々は、TypeScriptの強力なオープン ソース コミュニティを構築し、TypeScriptを新しいユーザーと開発者に持ち込むために、AngularやEmberといったプロジェクトと提携してきました。我々は、WinJSやWindows Driver Frameworks (WDF) といったテクノロジをオープン ソースにしてきました。そして最近、我々は、データ向けのオープン ソース テクノロジのリーダーであるRevolution Analyticsを買収しました。

前に進む

MS Open TechがMicrosoftに再合流するので、チーム メンバーは、 社内の他のチームとともに、Microsoft Open Technology Programs Officeの作成を含むオープン性を支持する任務で、より幅広い役割を果たす予定です。Programs Officeは、MS Open Techで発展したオープン ソースやオープン標準と協力する際の学びと実践を、社内全体にスケールさせる予定です。

加えて、Microsoftのチームやエンジニアがオープン ソース コミュニティと直接関わり、成功するMicrosoftのオープン ソース プロジェクトを作り出し、Microsoftのオープン ソース プロジェクトにコミュニティからの貢献を取り入れるプロセスを合理化するのを助けるために、Microsoft Open Technology Programs Officeはツールとサービスを提供する予定です。

MS Open Techは、過去3年間で多くのことを達成しました。私は、MS Open TechがMicrosoftのオープン性への取り組みの不可欠な要素として受け入れられたことを、個人的に誇りに思っています。XML 1.0の作成作業をしていた頃から常に、Microsoftがオープン ソースとオープン標準の世界に関わり、そこでパートナーになることが、私や社内の多くの同僚の目的でした。オープン開発の文化がMicrosoftにおけるテクノロジの構築方法を方向付けつつあるので、我々全体の取り組みが現実になりつつあることは、私にとって励みになります。

Jean Paoli (Microsoft Open Technologies、President)

MS Open Techのせいかについてさらに学んでください:

関連情報

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中