Azure SDK 2.7 for .NETを発表

Posted: 2015/08/05 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , , , , , , ,

本日、Visual Studio 2013/2015向けのAzure SDK 2.7を発表できて、興奮しています。また、Visual Studio 2015の最終リリースも発表できて、興奮しています。Azure SDK 2.7は、Visual Studio 2015の最終リリースをサポートする、最初のAzure SDKです。このポストでは、アップデートと、新しいツールがAzure開発のエクスペリエンスをどのように改善するかをまとめます。

Azure SDK 2.7 for .NET (英語 / 日本語) (VS 2015 | VS 2013 向けのダウンロード]

  • Visual Studio 2015向けのサイン インの改善: Visual Studio 2015向けのAzure SDK 2.7は、RBAC (ロール ベースのアクセス制御) (英語 / 日本語)、CSP (Cloud Solution Provider)、DreamSpark (英語 / 日本語) や他の種類のアカウント/サブスクリプションを介したAzureへのアクセスをサポートするようになりました。
  • Visual Studio 2015向けのクラウド エクスプローラー: Azure SDK 2.7には、Visual Studio 2015向けのクラウド エクスプローラーが含まれています。これは、Visual Studioからの自分のAzureリソースの検索や表示、そのプロパティの確認、主な開発や診断のアクションのための、高いパフォーマンスとスケーラビリティを備えたツールです。
  • Visual Studio 2015でのVirtual Machinesのリモート デバッグ: Azure Resource Managerスタックを使って作成されたVirtual Machines上で稼働するプロセスのリモート デバッグ。
  • Azure Resource Manager Tools: Azure Resource Manager Tools: Azure Resource Manager Toolsが、新しいVisual Studio Onlineビルド タスクでより簡単に動作するように、アップデートされました。また、RBAC (ロール ベースのアクセス制御) や新しい種類のサブスクリプションで動作するように改善されました。
  • Azure App Service Tools: また、Visual Studio 2015で、App Service Toolsも利用可能になりました。今回のアップデートによって、Web Appsのリモート プロファイリングがサポートされ、API Apps向けのSwagger生成が改善され、複数アカウントでのサイン インがサポートされます。App Service Toolsは、すべての機能に対してAzure Resource Management APIを使うようになり、DreamSpark、CSP (Cloud Service Provider) に対応しました。また、今回のアップデートで、Visual Studio 2015開発者向けに、Azure API Appsプレビュー リリースのサポートを追加しました。
  • HDInsight Tools: 今回のリリースでは、Tez上で動作するHiveジョブに対する実行グラフの表示を追加し、Hive DMLのIntelliSenseサポートを拡張し、SCP.Net向けのNuGetを追加し、Stormテンプレートをアップグレードし、Pig向けの新しいテンプレートを追加しました。
  • Azure Data Factory Tools: Azure SDKに、Azure Data Factory Toolsが含まれるようになりました。我々の目的は、Azure Data Factoryでの作成のエクスペリエンスを簡素化し、作業開始とデプロイの課題を解消することです。Azure Data Factory Toolsは、最適なエクスペリエンスと高度なツールを備え、新規ユーザー、高度なユーザー両方の生産性と効率性を改善します。今回のリリースでは、お客様は、Visual Studioのインターフェイスを使って、データ パイプラインを対話型で作成、デプロイできます。このツールのさらなる情報については、Azure Data Factoryのブログ ポスト (英語 / 日本語) をご覧ください。

Visual Studio 2015向けのサイン インの改善

Visual Studio 2015によって、複数のAzureアカウントに同時にサイン インでき、繰り返しサイン アウト、サイン インを行う必要なしに、自分の複数のアカウントにわたるリソースにアクセスするのが簡単になります。Visual Studio 2015とAzure SDK 2.7には、以前のリリースで見られた資格情報のプロンプトを減らす多数の修正が含まれています。このブログ ポスト (英語 / 日本語) で、サイン インの改善についてさらに確認できます。

加えて、サーバー エクスプローラーのAzureノード、新しいクラウド エクスプローラー、およびすべてのAzure関連のダイアログに、アカウント ピッカーが含まれるようになったので、自分の複数のアカウントの間で簡単に切り替えられます、アカウント間で簡単に切り替えられるようになり、自分のアカウント資格情報を再入力する必要がある場合にだけメッセージが表示されるので、もはや認証プロンプトが自動的に表示されることはありません。次に示した「Web Appの作成」ダイアログは、アカウント ピッカーが適切なアカウントやサブスクリプションの選択にどのように役立つかを示しています。

image

また、Azure SDK 2.7では、RBAC (ロール ベースのアクセス制御) を介したAzureリソースへのアクセスがサポートされています。そのため、もはや、自分のAzureサブスクリプションに共同管理者としてアカウントを追加する必要はありません。個別のユーザーに、そのユーザーが必要とするリソースやアクションへのアクセスだけを与えることを選択でき、Visual Studioがエクスペリエンスを最適化します。こちらで (英語 / 日本語)、RBAC (ロール ベースのアクセス制御) の使用について、さらに確認できます。

また、Visual Studioにサイン インするために、DreamSpark プログラムやCSP (Cloud Solution Provider) を介して取得されたものなど、さらなるアカウント/サブスクリプションの種類も使えます。加えて、複数のディレクトリに属する複数のユーザー アカウントがある場合、複数のサブスクリプションの管理をより簡単にするために、単一のディレクトリに属するアカウントをフィルタリングできます。

現在、DreamSparkとCSP (Cloud Solution Provider) のアカウントはVisual Studio 2015でのみサポートされており、Visual Studio 2013はSDKの今後のアップデートでサポートされる予定です。

Visual Studio 2015向けのクラウド エクスプローラー

クラウド エクスプローラーは、近いうちにサーバー エクスプローラーのAzureノードに置き換わる予定の、新しいツール ウィンドウです。我々は、サーバー エクスプローラーのAzureノードに関して、多数のフィードバックを頂いてきました。たとえば、多数のリソースやサブスクリプションを扱う際のパフォーマンス不足、新しいAzure Resource Managerリソース、リソース グループ、RBAC (ロール ベースのアクセス制御) の多くが未サポートであることなどです。クラウド エクスプローラーは、これらの問題すべてを解決し、Visual Studioから自分のAzureリソースすべてに対して開発や診断のアクションを列挙、実行できるようにするツールを提供します。

クラウド エクスプローラーの本日のリリースでは、サーバー エクスプローラーでApp Service、Storageアカウント、SQL Database、Virtual Machines向けに利用可能なほとんどのアクションをサポートしており、今後のアップデートで、サーバー エクスプローラーでサポートされている他のリソースに対するアクションを追加する予定です。加えて、DocumentDBやローカルのAzure Service Fabricクラスターといった、現在サーバー エクスプローラーでサポートされていない他のリソースにも拡張できます。自分がAzure Resource Managerスタック/新ポータル内に持っているリソースのすべてを確認できます。いくつかのリソースは現在「ポータルで開く」アクションしか持っていませんが、今後のアップデートで多くのリソースに対して追加のアクションやプロパティを追加する予定です。

image

従来型のリソース種類表示に加えて、リソース グループ表示もあることに気づくでしょう。これによって、自分のリソース グループ内のリソースすべてを確認し、それに対してアクションを実行することができます。また、ツール ウィンドウ下部のアクション パネルにも気づくでしょう。我々は、これによって、さまざまなリソースに対してどのアクションを実行できるかを、より簡単に確認できると信じています。また、接続文字列やStorageキーといったコード作成時にしばしば必要となる重要なプロパティを、迅速に表示、コピーできるプロパティ パネルが、下部にあります。

また、名前によってリソースを検索する機能も含めました。これによって、興味があるリソースだけを見つけるのが、簡単になります。本日のリリースは、リソース種類表示での検索をサポートしており、我々は、リソース グループ表示での検索もサポートするために活発に作業しています。

最後に、ツールバーの設定アイコンをクリックすることで、アカウント間で切り替えたり、アカウント内でリソースを確認したいサブスクリプションをフィルタリングしたりできるパネルが表示されます。アカウント ピッカー ドロップダウンで「アカウントを追加」オプションをクリックすることで、このパネルから新規アカウントを追加できます。

image

新しいクラウド エクスプローラーを試し、ツール ウィンドウ下部のフィードバック リンクを使って、あなたの考えを我々にお知らせください。クラウド エクスプローラーのさらなる詳細については、この記事 (英語 / 日本語 / 日本語) をご覧ください。

Visual Studio 2015でのVirtual Machinesのリモート デバッグ

クラウドで動作しているリモート プロセスにデバッガーをアタッチすることは、非運用環境でのデバッグのための人気の高い開発者のシナリオです。Azure SDK 2.7では、古いVirtual Machinesで利用可能だったものと同じリモート デバッグ機能が、Azure Resource Managerスタックを基にした新しいVirtual Machinesでも使えるようになりました。クラウド エクスプローラーで仮想マシンを選択し「デバッグを有効化」アクションをクリックすることで、仮想マシンのデバッグを有効化できます。

image

デバッグを有効化したら、仮想マシンで利用可能なアクション一覧に「デバッガーをアタッチ」が現れます。「デバッガーをアタッチ」をクリックすると、その仮想マシン上で動作しているすべてのプロセスを一覧する「プロセスにアタッチ」ダイアログが現れます。デバッガーをアタッチするために、デバッグしたいプロセスを選択し、「アタッチ」ボタンをクリックします。たとえば、仮想マシン上で動作しているWebアプリケーションをリモート デバッグするために、w3wp.exeプロセスにアタッチできます。

image

Azure Resource Manager Tools

Azure Resource Manager Toolsには、Azureで自動化や新しい種類のサブスクリプションを扱うための、多数の改善が含まれています。Visual Studio 2015にPowerShell Tools for Visual Studioが含まれるようになり、Azure Resource Managerテンプレートをデプロイするために使うPowerShellスクリプトを扱うのが、より簡単になりました。

RBAC (ロール ベースのアクセス制御) と、DreamSparkやCSP (Cloud Solution Provider) といった新しい種類のサブスクリプションの導入に伴い、このツールは、Azure Resource Managerプラットフォームのすべての種類のサブスクリプションやアクセスをサポートするようになりました。

また、今回のリリースでの新機能に、デプロイ時の成果物の格納のために、古いStorageに加えて、新しいStorageアカウントを使う機能があります。SDKの以前のバージョンで作成した既存のAzureリソース グループ デプロイ プロジェクトがある場合、この新機能をサポートする必要があれば、自分のPowerShellスクリプトをアップグレードできます。また、新機能が必要ない場合は、既存のプロジェクトや成果物を引き続き使うこともできます。

Azure PowerShellタスクで共有の環境変数やターゲットを活用することで、Visual Studio Onlineでの自動ビルドの設定をより簡単にする.targetsファイルへの変更とともに、デプロイに使うPowerShellスクリプトに追加の変更も行われています。Azure リソース グループ プロジェクトの以前のバージョンで、これらの変更を使いたい場合は、単に自分のソリューションにSDK 2.7のファイルをコピーして使うことができます。

最後に、Azure Resource ManagerでのAzure Virtual MachinesのGA (一般提供) とともに、Azureリソース グループ プロジェクトの作成、編集時に、簡素化されたVMテンプレートが利用可能になりました。(Azure Resource Manager Toolsは、Visual Studio 2012やVisual Web Developerの全バージョンで利用できません。)

Azure App Serviceツールの改善

Azure App Service (英語 / 日本語) を使っているWeb開発者にとって、今回のリリースには大幅な改善があります。その多くは、前述のサイン インとクラウド エクスプローラーのエクスペリエンスの改善によるものです。また、今回のリリースでは、リモート プロファイリングのサポートも追加しました。これは、ローカル環境で使い慣れた素晴らしい診断機能のすべてを、Azure開発のエクスペリエンスに提供します。また、Azure API Appsプレビュー テンプレートでのSwagger生成プロセスに、いくつかの改善を加えました。Web開発者向けに追加した素晴らしい新機能を、次でさらに詳細に説明します。

Azure Web Appsのリモート プロファイリング

今回のアップデートでは、Cloud Servicesツールのエクスペリエンスで提供していた既存のプロファイリング機能に似た、Web Apps向けのリモート プロファイリングのサポートを追加することで、リモート診断/デバッグ機能を拡張しました。Webアプリをプロファイリングするには、サーバー エクスプローラーでアプリのノードを右クリックし、「プロファイリングを開始する」を選択します (今後のリリースで、この機能をクラウド エクスプローラーに移行する予定です)。リモート プロファイリング セッションが開始され、動作中のサイトにアクセスするにつれて、プロファイリング データがAzureにキューイングされます。サーバー エクスプローラーを使ってリモート プロファイラーを停止すると、Azure Web Appsに収集されたプロファイリング データがVisual Studio 2015にダウンロードされ開かれます (リモート プロファイリングは、現在Visual Studio 2015でのみサポートされています)。それから、データを調査し、自分のサイトがAzureでどのように動作しているのかを理解できます。

image

このブログ (英語 / 日本語) で、Visual Studio 2015の他のパフォーマンス/診断ツールのアップデートについてさらに学んでください。

Azure API Appsプレビュー テンプレート

API Appsプレビュー テンプレートを前に進めてVisual Studio 2015をサポートし、テンプレート コードのいくつかの側面を改善しました。カスタム操作フィルター実装の追加によって、SwashbuckleによるAPI AppsのSwagger生成時に、重複しているSwagger操作識別子が回避されるようになります。次に示したVisual Studioコード エディターにおけるSwaggerConfig.csファイルは、複数の操作が同じ識別子を持つ結果、Visual Studioのコード生成機能を壊すことのないようにするために、Web Tools ExtensionsがSwashbuckle構成に対して行うカスタマイズの1つを示しています。

image

Azure API Appsのドキュメント (英語 / 日本語) で、この種のカスタマイズについてさらに確認してください。

クライアント開発者向けのSwaggerテンプレートの微調整の良い影響

この変更はSwagger出力の複雑さを減らし、結果として、Visual Studioで生成されるコードの品質を改善します。任意の.NETアプリがバック エンドのAzure API Appsを呼び出して通信するために必要とするC#クライアント コードを生成、出力する、(次に示した) API Apps利用ダイアログで使っている機能によって、自分のクライアント アプリからデプロイ済みの自分のAPI Appsを呼び出すのが、これまでになく簡単になりました。また、Visual Studio 2015でSwaggerファイルの閲覧機能を提供したので、AzureにデプロイされたWeb APIプロジェクトだけでなく、ローカルのWeb APIプロジェクトも扱えます。

image

Swashbuckleが有効化されたSwagger生成を備えたWeb APIプロジェクトは、API Appsクライアント生成ツールから利用されるように、Web APIのコードを開放します。テンプレートで行った新しい改善によって、どのクライアント メソッドがどのAPI呼び出しになるかを判断するために使える、より明示的で分かりやすい命名法を持ったより綺麗な生成コードとなります。次のコードは、Web APIのコードと、Visual Studioで生成されたREST APIクライアント ライブラリを使ったコンソール アプリケーションのコードを並べて示しています。Swaggerを使って自分のAPIを修飾した際に、クライアント開発者に公開される型特定性と高度なオブジェクト モデルを確認できます。

image

Hadoop Tools for Visual Studio

今回のアップデートには、Azure上でHadoopを使っているVisual Studio開発者向けツールの一連のアップデートが含まれています。

Tez上のHive向けのHiveジョブ グラフ

実行エンジンとしてTezを使っている際に、Hiveジョブ実行のより詳細な表示を確認できるようになりました。この表示は、チューニングの機会を見つけ、実行フローをより良く理解するのに役立ちます。この情報は、HDInsightの最新バージョンで作成されたWindows、またはLinuxのクラスター上で実行された、完了済みのジョブで利用可能です。

image

Hive DMLのIntelliSenseサポートの拡張

ほとんどすべてのHive DML (データ操作言語) 文をサポートし、SELECT文のサポートがずっと改善された、拡張されたHive IntelliSenseを使えるようになりました。列、組み込みUDF、サブクエリ、INSERT OVERWRITE文、CTAS文などに対する候補を確認できます。

image

SCP.NET SDK向けのNuGetサポート

SCP.NET SDK向けのNuGetサポートの導入によって、自分のSCP.NETを最新に保つのがずっと簡単になりました。アップデートが利用可能になると、NuGetパッケージのアップグレード通知が表示され、いつでもプロジェクトを右クリックし、「NuGetパッケージを管理する」を選択できます。

image

新しいプロジェクト テンプレート

Visual Studio IDEで、Pigスクリプトを作成しHDInsightクラスターに送信できるようになりました。また、DocumentDB、Azure SQL Database、HBaseといった他のAzureサービスとともにStormを使うのを簡素化するのに役立つ、多数の新しいサンプルもあります。

image

他のリソース

このポストで説明した話題に関する、他の素晴らしいリソースの一覧です:

まとめ

以前のバージョンからの重大な変更と、プレビュー機能の既知の問題については、Azure SDK 2.7のリリース ノート (英語 / 日本語) を確認するようにしてください。Visual Studio 2015のリリース ノート (英語 / 日本語)Visual Studio 2013 Update 5のリリース ノート (英語 / 日本語) で、新機能についてさらに学んでください。修正されたバグと既知の問題の一覧については、Visual Studio 2015のKB記事 (英語 / 日本語)Visual Studio 2013 Update 5のKB記事 (英語 / 日本語) を確認してください。

もしAzureアカウントをまだ持っていない場合は、無料評価版 (英語 / 日本語) に登録して、これらの機能すべてを今すぐ使い始めることができます。それから、Azureデベロッパー センター (英語 / 日本語) にアクセスして、アプリの構築方法についてさらに学んでください。

Connectを介してバグを、UserVoice (英語 / 日本語) を介して提案を、Visual Studio IDEの気に入った機能の報告 (Send-a-smile) (英語 / 日本語) を介してちょっとした思い付きをお知らせください。SDK 2.7リリースは、Visual Studio 2015を念頭に置いて設計された最初のSDKリリースです。また、SDK 2.7は、Visual Studio 2013向けにもリリースされますが、Visual Studio 2012向けのSDK 2.7リリースはありません。Visual Studio 2015のリリースに伴い、今後、Visual Studio 2012向けにAzure SDKのアップデートを提供する予定はありません。

関連情報

コメント
  1. […] Studio 2015のRTM (英語 / 日本語) と、Azure 2.7 SDK for .NET (英語 / 日本語) のクラウド開発ツールの最新バージョンをリリースしました。このVisual […]

  2. […] Studio 2013のサポートの改善: Azure SDK 2.7.1は、Azure SDK 2.7リリース (英語 / 日本語) でVisual Studio 2015向けに利用可能だった機能を、Visual Studio […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中