Microsoftのパフォーマンスの高いオープン ソースのディープ ラーニング ツールキットがGA (一般提供) に

Posted: 2017/06/02 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , ,

Microsoft Cognitive Toolkit バージョン2.0が、GA (一般提供) となる完全リリースになりました。Cognitive Toolkitは、大量データに対して複数GPU、複数マシンにわたってスケールできるユーザー独自のニューラル ネットワークを、ユーザーが作成、訓練、評価できるようにすることで、エンタープライズ対応で製品級のAIを可能にします。

(以前はCNTKと呼ばれていた) このツールキットのバージョン2.0は、2016年10月にベータとして始まり、4月3日にRC (リリース候補) になり、そして今回、本番環境のワークロードに対して利用可能になりました。Cognitive Toolkit上でネイティブに動作するKerasサポートのプレビュー、モデル評価のJavaバインディングとSparkサポート、訓練済みモデルをCPU上で評価する速度を向上するためのモデル圧縮、Cognitive Toolkitを最速のディープ ラーニング フレームワークにするパフォーマンス改善といった新機能があります。

このオープン ソースのツールキットは、GitHubで公開されています。ベータ公開以降、数百の新機能、パフォーマンス改善、修正が追加されました。最近、Cognitive Toolkitのパフォーマンスが独自に測定され、Cognitive Toolkitは、単一GPUで類似プラットフォーム間で最高のパフォーマンスを達成しました。

image

ソース: http://dlbench.comp.hkbu.edu.hk/

複数GPUでは、パフォーマンスはさらに向上しスケールします。たとえば、NVIDIAの最新のVolta GPU (V100) では、64個のV100まで、パフォーマンスが順次良くなっていることが分かります。

image

このGAリリースで次の3つの新機能を紹介できて、興奮しています。

Kerasサポート (パブリック プレビュー): Keras APIは、ユーザーがAIアプリケーションを開発できるように設計されたものであり、ユーザー エクスペリエンスに最適化されています。Kerasは、コグニティブな負荷を削減するためのベスト プラクティスに従っています。Kerasは、一貫性のある単純なAPIを提供し、一般的なユース ケースで必要となるユーザー アクション数を最小化し、ユーザー エラーに対して明確で対応可能なフィードバックを提供します。Kerasは、機械学習の事前の経験がない数千の人々に、ディープ ラーニングを開放しました。多数のKerasユーザーが、既存のKerasレシピを変更することなく、Cognitive Toolkitのパフォーマンスから恩恵を受けられるようになったことを発表できて、我々は嬉しく思います。Kerasサポートは現在パブリック プレビューであり、我々はこの機能を改善し続けます。

JavaバインディングとSparkサポート: Cognitive Toolkitは、Python、またはBrainScriptを使ってモデルを訓練した後に、Python、BrainScript、またはC#でモデルを評価する多くの方法を提供してきました。GAリリースでは、ユーザーは、新しいJava APIでCognitive Toolkitのモデルを評価できるようになりました。これによって、Cognitive Toolkitは、ディープ ラーニング モデルをJavaベースのアプリケーションに統合したいユーザーや、Sparkのようなプラットフォームでの大規模な評価に最適なものになります。

モデル圧縮: (モバイル製品などで使われている) ロー エンドCPUでの訓練済みモデルの評価では、リアル タイムのパフォーマンスの達成が難しくなります。これは、カメラから来るリアル タイム ビデオの画像学習向けに訓練されたモデルの評価を試みる際に、特に当てはまります。Cognitive ToolkitのGAリリースでは、(完全精度のものに比べて数倍高速な) いくつかのFP (浮動小数点) 演算の量子化実装を可能にする拡張機能を導入します。この素晴らしい高速化は、サーバーや低電力の組み込みデバイスで、評価の正確度をほとんど失うことなく、ずっと高速なCognitive Toolkitモデルの評価を可能にします。

Cognitive Toolkitは、幅広いMicrosoft製品、ディープ ラーニングを大規模にデプロイする必要のある世界中の企業、最新のアルゴリズム/テクニックに興味のある学生に広く使われています。我々は、他のフレームワークを使っているデータ サイエンティストや開発者が、今Cognitive Toolkitを試すべき一連の理由をまとめました。

連絡先

GitHub IssuesStack Overflow@mscntkを通して、我々といつでも連携できます。


関連情報

広告
コメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中