[オープンソースカンファレンス2017 Hokkaido] Azureのグローバル分散NoSQLデータベース サービス「Azure Cosmos DB」を使ってみよう

Posted: 2017/07/19 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , ,

image

「オープンソースカンファレンス2017 Hokkaido」で、Azure Cosmos DBの話をしてきました。

Microsoftのパブリック クラウド「Microsoft Azure」は、今年5月に、新しいNoSQLデータベース サービス「Azure Cosmos DB」をリリースしました。Azure Cosmos DBは、JSONドキュメント、グラフ、キー/バリューといった複数のデータ モデルをサポートし、MongoDB プロトコル (ドキュメント)、Apache TinkerPopのGremlin言語 (グラフ) など、オープンソース実装との互換性も持っています。世界中のAzureリージョンへのレプリケーションも簡単に構成できます。本セッションでは、Azure Cosmos DBの全体像を紹介し、デモを交えつつ、Azure Cosmos DBの使いこなす方法をお伝えします。

Cosmos DB関連リンクです。

きたあず (JAZUG札幌支部) 松田さんのAzure App Service on Linuxセッションも、併せてどうぞ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中