[WITH THE VISION 2017] IoT/AI時代を生き抜くためのデータ プラットフォーム (Leveraging Azure Data Services for App Development)

Posted: 2017/07/21 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , , , , , , , , , ,

image

福岡で開催されている「WITH THE VISION 2017」で、Azureのデータ プラットフォームの話をしてきました。グローバル企業なので、スライドは英語です(笑)

「うちのデータはとにかくRDBに投げ込んでOLTP…」 変化の激しい昨今のITビジネスにおいて闇雲にRDBを利用することは本当に正しいのでしょうか? クラウドでは実に多様なデータ サービスが提供されています。本当にそれらを活用できないのでしょうか? 活用せずして将来的に競争力のあるアプリケーションやサービスを提供できるのでしょうか?
本セッションでは、そんな疑問にお答えして、Microsoft Azureが提供するデータ サービスを活用することで一歩進んだ魅力的なアプリケーションを構築するためヒントをお届けします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中