回復性と高可用性のためのAzure Availability Zonesを導入 (Introducing Azure Availability Zones for resiliency and high availability)

Posted: 2017/09/25 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , ,

image


Tom Keane (Microsoft Azure、Head of Global Infrastructure)

お客様に最も要求の厳しいミッション クリティカルなワークロードのためのプラットフォームを提供するという、我々の約束の一環として、Microsoftのグローバル クラウド インフラストラクチャの機能拡張を発表できて、興奮しています。

本日から、お客様は、Azure 可用性の高いアプリケーションを構築するために、Azure Availability Zonesのプレビューを使い始めることができます。Azure Availability Zonesは、Azure回復性機能を向上させ、お客様が自分の組織に適したビジネス継続性ソリューションを選択する際の選択肢を増やします。また、我々は、お客様がサービス提供の際に自信を持てるように、GA (一般提供) 時には業界最高の返金対応のある99.99%の仮想マシン アップタイムSLAを提供する形で、Azure Availability Zonesを設計しました。

Azure Availability Zonesは、1つのAzureリージョン内部の、障害が分離されたロケーションであり、冗長性のある電力、冷却装置、ネットワーキングを提供します。Azure Availability Zonesは、お客様が、データセンター障害に対する高可用性と耐障害性のある形で、ミッション クリティカルなアプリケーションを実行できるようにします。(他のどのクラウド プロバイダーよりも多い) 世界中で42の発表済みリージョンを持ち、地球上で最大級のネットワークに支えられているAzureは、世界中でユーザーや顧客により近い場所にアプリケーションを配置するために必要なスケールを提供しています。Azure Availability Zonesは、バージニア州の「米国東部2」、オランダの「西ヨーロッパ」の2リージョンでプレビューとなりました。年内には、パリの「フランス中央」リージョンを含む、米国、ヨーロッパ、アジアのさらなるリージョンでプレビューを提供することを計画しています。

我々は、Azureの地理的拡張とともに、我々のグローバル ネットワークの拡張やアップグレードといった、最高のクラウド エクスペリエンスの提供のための投資を行っています。本日、我々のグローバル ネットワークへの最大の追加となる、MAREA大西洋横断海底ケーブルの設置完了も発表します。MAREAは、Microsoft、Facebook、Telxius 3社のジョイント プロジェクトであり、世界中のお客様の需要とサービスのイノベーションをサポートするための、我々の最新のインフラストラクチャの取り組みです。MAREAは、大西洋を横断する過去最高のキャパシティを持つケーブルであり、バージニア州とスペインを接続する最初のケーブルです。MAREAは、フランスで提供予定の最新のAzureリージョンを含む、米国、ヨーロッパでの高速で信頼性の高い接続への高まりつつある需要をサポートするのに役立つでしょう。

Azure Availability Zonesについてさらに学び、プレビューに登録するには、http://aka.ms/az にアクセスしてください。

Microsoftのグローバル ネットワークMAREA大西洋横断海底テーブルについて、さらに調べるには、それぞれのリンクにアクセスしてください。


広告
コメント
  1. […] 回復性と高可用性のためのAzure Availability Zonesを導入 (Introducing Azure Availabilit… […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中