AKS (マネージドKubernetes) とAzure Container Registryの改善 (Introducing AKS (managed Kubernetes) and Azure Container Registry improvements)

Posted: 2017/10/25 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , , , ,

iamge


Gabe Monroy (PM Lead, Containers @ Microsoft Azure)

本日、我々の新しいマネージドKubernetesサービスであるAKS (Azure Container Service) のプレビューを発表できることを、誇りに思います。我々は、現在ACSとして知られている、過去6か月で300%成長したAzure Container Serviceにおける、現行のKubernetesサポートにお客様が心を奪われているのを、目にしています。我々は、今回のAKSのプレビューで、移植性を犠牲にすることなくKubernetes環境を管理、運用することを、さらに簡単にします。この新サービスは、Azureにホストされたコントロール プレーン、自動アップグレード、自己回復、簡単なスケーリング、開発者/クラスター運用担当者の両方にとって単純なユーザー エクスペリエンスという特徴を持っています。AKSによって、お客様は、複雑さや運用上のオーバーヘッドなしに、オープン ソースのKubernetesの利点を享受できます。

次のデモで、AKSクラスターをプロビジョニングし、Kubernetes 1.7.7から1.8.1にクラスターをアップグレードし、3ノードから10ノードにクラスターをスケールするのが、いかに簡単かを確認してください。

iamge

作業の開始を助けるために、AKSは無料になっています。自分のビジネスに付加価値を与えるVMに対してのみ、料金を支払います。管理インフラストラクチャーに対して時間単位で課金する他のクラウド プロバイダーとは違って、AKSでは、Kubernetesクラスターの管理に対する料金はありません。結局のところ、クラウドでは、自分が利用したものに対してのみ料金を支払うべきです。なぜAKSが適切かについてのビデオを見て、今すぐ無料でAKSを試してください

iamge

2015年以来、複数のコンテナー オーケストレーターのサポートを備えたAzure Container Serviceを利用可能でしたが、今回の新機能や革新的な価格設定は、コンテナー オーケストレーションのオープン ソース標準として台頭してきたKubernetesに集中しています。Kubernetes固有のコミュニティの関与や、その移植性によって、Kubernetesは標準とすべき最適なオーケストレーターになっています。これは、Microsoftにとって驚くようなことではありません。Kubernetesの共同作成者であるBrendan Burnsは、現在、Azureにおけるコンテナーの取り組みを主導しています。今年、Microsoftは、Kubernetesの革新の中心にいる企業であるDeisを買収しました。Microsoftは、Kubernetesを開発者にとってさらに使いやすいものにするために、これまで以上にKubernetesのアップストリームに貢献しDraftのような革新的なソフトウェアを開発しています。この深まりつつあるKubernetesへの集中を考え、我々は、我々のマネージドKubernetesサービスをAKSと呼ぶことにします。

たとえば、次のコマンドは、Azure CLIを使ってKubernetesクラスターを簡単に新規作成する方法を示しています。

az aks create –n myCluster –g myResourceGroup

また、我々は、メットライフESRIなどのお客様が、Docker Enterprise EditionやMesosphere DC/OSといった他のオーケストレーターのデプロイに対して引き続き興味を持っていることを目にしています。結果として、我々は、人気の高いオープン ソースのコンテナー ソリューションを簡単に作成するための、Azure上での既存のACSデプロイ エンジンのサポートを継続する予定です。共通のお客様のニーズに対処するために、我々は、Azure MarketplaceでDockerMesosphereのエンタープライズ向け製品との統合を拡張すべく、両社と協力し続けます。Azure Marketplaceは、ACSと同じ簡単なデプロイを提供しながら、(付加価値のある商用機能と24×7のサポートを提供する) Enterprise Editionへの簡単なインプレース アップグレードを追加します。

AKSの発表に加えて、Azure Container Registry (ACR)のマネージドSKUのGA (一般提供) も発表します。ACRは、3つの新しい料金プラン (Basic、Standard、Premium) を通してニーズに合わせてスケールするプライベート レジストリを提供します。Azureのグローバル リージョンにわたるスケールを提供するために、ACRの地理レプリケーションのプレビューも発表します。お客様は、地図をクリックして、任意の数のリージョンにわたって複製された単一レジストリを管理できるようになりました。ACRに対するコンテナー イメージのプッシュ/プルは、最も近いレジストリにルーティングされます。ACRの地理レプリケーションによって、お客様は、自分のグローバルのデプロイを単一のエンティティとして管理できるようになります。地理レプリケーションは、グローバル スケールで運用しているお客様の要望に応える他に類を見ない機能であり、Azureを、ずっと少ないグローバル リージョンを持つ競合とさらに差別化します。地理レプリケーションを活用し、リージョンにデプロイする方法を紹介しているビデオを見てください。

iamge

今は、Azureと我々のお客様にとって心躍る瞬間です。お客様やパートナーが我々の新しいマネージドKubernetesサービス上で構築することを、楽しみにしています。


広告
コメント
  1. […] AKS (マネージドKubernetes) とAzure Container Registryの改善 (Introducing AKS (managed Kuber… […]

  2. […]  詳細は、筆者のブログポスト「AKS(マネージドKubernetes)とAzure Container Registryの改善」、Azure Container Service(AKS)のドキュメントをご覧ください。 […]

  3. […]  詳細は、筆者のブログポスト「AKS(マネージドKubernetes)とAzure Container Registryの改善」、Azure Container Service(AKS)のドキュメントをご覧ください。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中