Archive for December, 2017

image


Prasanth Pulavarthi

本日、我々は、Open Neural Network Exchange (ONNX) のリリースの準備ができたことを発表します。ONNXは、Microsoftが共同開発している、AIエコシステムの相互運用性と革新のためのオープン ソースのモデル表現です。ONNXフォーマットは、AIをすべての人にとって利用しやすく価値のあるものにする、オープン エコシステムの基盤です。開発者は自分のタスクに最適なフレームワークを選択でき、フレームワークの作者は革新的な拡張に集中でき、ハードウェア ベンダーは最適化を合理化できます。

(more…)

image


Conor Cunningham (Partner Architect, SQL)

数年前、Microsoft SQL Server製品チームは、SQL Serverコード ベースを共有している新しいクラウドPaaS (Platoform as a Service) である、Azure SQL Databaseを発表しました。クラウド ファースト サービスの稼働は、完全に対応するために数年の投資を費やした、レガシー SQL Serverエンジニアリング モデルの大幅な変更を必要としました。このエンジニアリング モデルの変更によって、Azure SQL Database、SQL Serverの両方に良い影響を与えた大きな利点がありました。

(more…)

image

ASCII.jpで、今年10月から週刊連載「週刊アジュール」を始めました。昨日公開した第15回で、年内の連載は終了です。

一覧で見てみると、Azureのアップデートの速さを実感しますね。

(more…)

image

このブログ ポストは、「Microsoft Azure Tech Advent Calendar 2017」の最終日 12/25の投稿として書いています。


マイクロソフトのパブリック クラウド プラットフォーム「Microsoft Azure」は、2017年も引き続き急激な機能拡張を続けてきました。1年前のAzureってどうだったっけ、と思い出すのが難しいくらいですね。

(more…)

iamge


1/4 追記

こちらをご覧ください。


12/28 追記

セルフサービス期間の開始日時が早まり、12/28からセルフサービス メンテナンスが可能になっています。セルフサービス期間の終了日時に変更はありません。

なお、リージョン、VMのシリーズなどによっては、セルフサービス メンテナンスを実行できない場合があります。その場合は、予定メンテナンスのスケジュールでVMの再起動が行われます。

  • セルフサービス期間: 2017年12月28日-2018年1月9日 (UTC)

次のブログ ポストのアップデートもご確認ください。

image


IaaSのAzure Virtual Machinesには、再起動を伴わないインプレース移行、再起動を伴うメンテナンスという、2種類のメンテナンスがあります。

(more…)

image

先週の「週刊アジュール」でも紹介したのですが、「Azure アーキテクチャ センター」の日本語訳が公開されています。次のドキュメントがあります。

(more…)

image

先週の「週刊アジュール」でも紹介したのですが、電子書籍「Microsoft Azure開発者ガイド」(The Developer’s Guide to Microsoft Azure) の第2版がリリースされました。第2版では、日本語訳もリリースされています。

(more…)

image

Azureの書籍「Microsoft Azure実践ガイド」が発売されます。タイトルにあるように実践的な内容になっているので、是非お読みください。第1章「Azureの概要」は無料公開されていますよ。

(more…)

image


Lili Cheng (Corporate Vice President, Artificial Intelligence and Research Group)

会話AI、すなわち、人とコンピューターとの対話をより自然にすることは、テクノロジが我々の社会の至る所で使われるようになって以来の目標でした。我々の使命は、会話AIのツール、機能を地球上のあらゆる開発者、あらゆる組織にもたらし、企業が独特の差別化された方法で人の創意工夫を拡張するのを助けることです。

(more…)

image


Subramanian Ramaswamy (Principal Program Manager)

Azure Service Fabricは、Azureのインフラストラクチャや (Skype for Business、Azure Cosmos DB、Azure SQL Database、Dynamics 365、Cortanaといった) 他のMicrosoftのサービスなどを支える基盤テクノロジである、分散システム プラットフォームです。Azure Service Fabricは、Windows、Linux向けのスケーラブルなマイクロサービス、コンテナー アプリケーションの構築、管理を、簡単にします。Azure Service Fabricは、Build 2017カンファレンスでのWindows Server 2016サポートのGA (一般提供) 発表、Ignite 2017カンファレンスでのUbuntu Linux 16.04サポートのGA (一般提供) 発表によって、ここ数か月間、本番環境シナリオでのコンテナー オーケストレーションをサポートしています。Ignite 2017では、2分以内に、3,500ノードにわたるクラスターに100万コンテナーをスケジューリング、配置するデモを行いました。これは、Azure Service Fabricでは、決してパフォーマンスやスケールを心配する必要がないことを意味しています。今後、これに関するより詳細なブログ ポストを公開する予定です。

(more…)