Azure App Service、Azure FunctionsのWindows Server 2016へのアップグレード

Posted: 2017/12/04 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , ,

image


これは、すべてのAzure App Serviceユーザーに送信された電子メールのコピーです。

Azure App Service、Azure FunctionsのホストOSの次の計画メンテナンス

パフォーマンス、セキュリティ、オペレーショナル エクセレンスは、常に我々にとっての最優先事項です。我々は、最高水準を維持できるようにするために、Azure App Service、Azure FunctionsのホストOS上で、これから計画メンテナンスを行います。今回のアップデートは、2017年12月4日 月曜日に始まり、2018年1月まで継続される予定です。

あなたがAzure App ServiceやAzure Functionsを現在使っている1つ以上のサブスクリプションの管理者なので、あなたはこの電子メールを受け取っています。

このメンテナンスは、あなたにどのように影響を与えますか?

今回のアップデートは、我々のサービスをよりセキュアで安定したものにすることに加えて、Azure App Service、Azure FunctionsのインフラストラクチャをWindows Server 2016に移行します。このアップデートは、Azure App Service、Azure FunctionsでHTTP/2プロトコルをサポートするための道を開きます。HTTP/2サポートについては、このサポートが世界中でGA (一般提供) になった際に、それをお伝えする予定です。

ほとんどのアップデートは、プラットフォームのインフラストラクチャ上で実行されているユーザーのサービスに影響を与えることなく、実行可能です。今回のアップデートでは、あなたは自分のWebアプリの再起動に気づくでしょう。これは、通常の月次OSアップデートの間に行われるのと同じです。我々の目標は、サービス中断を回避することです。そして、サービスのあらゆるアップグレードと同様に、我々は展開中にプラットフォームの正常性を監視する予定です。

推奨アクション

  • Windows Server 2016で作業している場合は、ローカル環境で自分のアプリをテストしてください。
  • Windowsは多数のコンポーネントをWindows Server 2016と共有しているので、任意のWindows 10環境で自分のアプリをテストしてください。

展開中に問題にぶつかった場合は、我々に連絡してください。

ありがとうございます。
あなたのAzureチーム


FAQ

今回のアップグレードからオプト アウトできますか?

いいえ、できません。我々は、パフォーマンス、セキュリティ、コンプライアンスの理由から、PaaSサービスとしてサービスをアップグレード、リフレッシュし続けます。そして、毎回、我々のVMすべてに対してこれを行っています。

これは、App Service Environment (App Service環境、ASE) にも影響を与えますか?

1月の計画メンテナンス完了後しばらくしたら、App Service EnvironmentをWindows Server 2016にアップグレードする予定です。

どのリージョンに最初に展開されますか?

Azure App Serviceは、今後数週間にわたって今回のアップデートを徐々に展開していく予定です。下の「自分のアプリがアップデートされているかどうかを、どのように確認できますか?」の手順に従うことで、自分のアプリがアップデートされているかどうかを判断できます。

Windows Server 2016のどのビルドが使われる予定ですか?

1607 (ビルド 14393.1770) になりそうですが、まだ最終決定されていません。後で再確認してください。

HTTP/2は、いつ利用可能になりますか?

Windows Server 2016へのアップグレードは、HTTP/2サポートを追加するための道を開きますが、このサポートは初回のアップグレードには入りません。しかし、我々は近いうちにサポートするつもりです。現在、提供予定時期は共有できませんが、間違いなくサポートする予定です。

自分のアプリがアップデートされているかどうかを、どのように確認できますか?

  • 自分のKuduサイト (https://YourAppName.scm.azurewebsites.net/) にアクセスします。
  • 「Environment」タブをクリックします。
  • 「System info」セクションで「OS version」を探します。バージョンが6.2.xの場合、まだWindows Server 2012です。10.0.xの場合、Windows Server 2016です。
広告
コメント
  1. […] Azure App Service、Azure FunctionsのWindows Server 2016へのアップグレード […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中