3月, 2018 のアーカイブ


Service Fabric is going open source

円周率の日、おめでとうございます、皆さん! 本日、共有すべき心躍るニュースがあります。

(さらに…)

広告

Microsoft AIプラットフォームの多彩な機能が実現する、インテリジェントなアプリ開発【デブサミ2018】

デブサミ2018のセッション レポートが出ました。

(さらに…)

Azureアプリケーションの設計原則

3/9に開催したウェビナー (ウェブ セミナー) では、「Azureアプリケーション アーキテクチャ ガイド」、特に「Azureアプリケーションの設計原則」を紹介しました。オンデマンドで視聴できます。

(さらに…)


Translatorによってもはやログされなくなった、APIのお客様のテキスト翻訳 (API customer text translations no longer logged by Microsoft Translator)

Microsoft Translatorサービスの品質を改善するためのトレーニングを目的として、Microsoft Translator Text APIの翻訳をログすることは、もはやありません。Microsoft Translator Text APIを通して翻訳のために送信されたデータは、保持されません。送信されたテキストの記録は、Microsoftデータ センターの永続ストレージに保存されません。

(さらに…)


Kam VedBrat (Group Program Manager, Windows AI Team)

Windows Developer Day

Microsoftは、会社全体にわたって、AIと機械学習に莫大な投資をしています。Office 365のAI機能は、サブスクライバーの仕事の生産性向上を助け、Windows 10のフォト アプリのインテリジェント機能は、人々がビデオを作成し大量の写真から検索するのを簡単にし、Windows Helloは、顔を認識してユーザーをWindowsデバイスに迅速にログインさせるために、AIを使っています。また、我々は、Bing検索やCortanaでユーザーの質問に答えるために、広告主が顧客とのより深いつながりを構築できるようにするために、そして、セキュリティのプロが最新の脅威から企業を守るのを助けるために、AIを使っています。Microsoft Researchは、最先端の音声認識マシン リーディング/理解、コンピューター ビジョンを推進し続けています。我々は、小型デバイスにAIをスケールさせ、絵を描けるAIも構築しました!

(さらに…)

Announcing new milestones for Microsoft Cognitive Services vision and search services in Azure


Joseph Sirosh (Corporate Vice President, Artificial Intelligence & Research)

人工知能 (AI) は、ビジネスのデジタル トランスフォーメーションの最も破壊的な原動力の1つとして現れてきています。Microsoftは、開発者、データ サイエンティスト、企業の誰もが、固有の差別化された方法で人間の創造性を拡張するために、AIの恩恵を受けるべきだと信じています。我々は20年以上にわたってAIの研究を行ってきており、それを我々の製品やサービスに注入してきています。現在、我々は、単純ながら強力なツールを通して、それをあらゆる人にもたらしつつあります。こういったツールの1つが、Microsoft Cognitive Servicesです。Microsoft Cognitive Servicesは、開発者が、iOS、Android、Windowsといったデバイスやプラットフォームにわたって、ビジョン、音声、言語、知識、検索のAI機能をアプリケーションに簡単に追加できるようにする、クラウドにホストされた一連のAPIです。

(さらに…)

LUIS.AI: Automated Machine Learning for Custom Language Understanding


Joseph Sirosh (Corporate Vice President, Artificial Intelligence & Research)

このブログ ポストは、Riham Mansour (Principal Program Manager, Fuse Labs) と共同執筆されました。

会話型システムは、急速にバーチャル アシスタント、顧客サービス、IoT (Internet of Things) といったソリューションの主要コンポーネントになりつつあります。会話型システムは、人間の声を理解し、ユーザーが言いたかったことの理解を基にして対応するコンピューターの能力のことを指しています。さらに、このシステムは、声やテキストだけに依存しているわけではありません。このシステムは、こういった対話を処理し理解するために、視覚、音、感覚を使うでしょう。これは、デジタル領域と我々が生きている現実との間の境界線をさらに曖昧にします。チャットボットは、会話型システムの一般的な一例です。

(さらに…)