「azurevm」タグのついた投稿

image

このブログ ポストの部分訳です。


Azureでは、LinuxやWindowsを実行しているすべての仮想マシン (VM)は、最も近い「分」まで切り捨てた分単位で課金されます。ユーザーが使った「分」に対して課金されます。これはコストを削減し、課金を簡素化します。LinuxやWindowsのVMが、10分59秒 (659秒) の間、実行されていた場合を考えてみましょう。Azureでは、600秒に対してのみ課金されますが、他のクラウド プロバイダーでは、659秒に対して課金されます。実際には、我々は何年にもわたってこれを行ってきています。

(さらに…)

広告

image


Tom Keane (Microsoft Azure、Head of Global Infrastructure)

お客様に最も要求の厳しいミッション クリティカルなワークロードのためのプラットフォームを提供するという、我々の約束の一環として、Microsoftのグローバル クラウド インフラストラクチャの機能拡張を発表できて、興奮しています。

(さらに…)

image

Azureで、可用性ゾーン (アベイラビリティゾーン) が提供されることになりました。Azure Blogのポストの日本語訳は、追って公式版が出る予定なので、概要だけを簡単に。

(さらに…)

image

image

IaaSのAzure Virtual Machinesの従来のSLAでは、本質的に同じ機能を提供する2台以上のVMを単一の「可用性セット」(Availability Set) 内に配置することで、その中の最低1台のVMへの接続性に対して月間99.95%のSLAが提供されていました。

(さらに…)

10/1からAzure Virtual Machineの値下げを行い、11月に新しいAv2シリーズを導入します。

(さらに…)

Azureでは、SQL ServerのライセンスをBYOL (ライセンス持ち込み) することも、分単位の課金で支払うこともできます。

(さらに…)