「sqldatabase」タグのついた投稿

image

Azure 東日本リージョン、西日本リージョンでの最近の障害で影響を受けた皆様、申し訳ございません。

(さらに…)

数週間前、Azure SQL DatabaseサービスのElastic Database Poolsで、新しいBasic、Premiumレベルのプレビュー リリースを発表しました (英語 / 日本語)。Elastic Database Poolsによって、自分と自分のアプリ専用のプライベートなリソースのプールで、複数の分離され独立したデータベースを実行できます。これは、SaaS (サービスとしてのソフトウェア) 開発者が経済的な方法で個別の顧客をより良く分離する、素晴らしい方法を提供します。

(さらに…)

Azure SQL Databaseが、パブリック プレビューとしてAzure Active Directory認証をサポートするようになりました。これは、Azure Active Directory (Azure AD) のIDを使ってSQL Databaseに接続するメカニズムです。Azure Active Directory認証によって、データベース ユーザーや他のMicrosoftサービスのIDを、1か所で集中管理できます。IDの集中管理は、SQL Databaseのユーザーを管理する単一の場所を提供し、権限管理を簡素化します。さらに学ぶには、ドキュメント (英語 / 日本語 / 日本語) をお読みください。

(さらに…)

Index Advisorは、データベースのインデックスの設計とレイアウトを最適化することでデータベースのパフォーマンスを改善するのを助ける、Azure SQL Databaseの新機能です。

(さらに…)

Azure SQL Databaseの行レベル セキュリティ (Row-Level Security、RLS) (英語 / 日本語 / 日本語) が、GA (一般提供) になりました。RLSによって、単一のデータベースのテーブルに多数のユーザー向けのデータを格納しながら、同時に、ユーザーのID、ロール、実行コンテキストを基にして、行レベルのアクセスを制限できます。RLSは、データベース自体の中にアクセス ロジックを集中させます。これによって、アプリケーション コードが簡素化され、コード内のエラーの危険性が減ります。

(さらに…)

本日、さらに優れたクラウド アプリケーションの構築を可能にする、Azure SQL Databaseのいくつかの新機能をリリースします。

(さらに…)

2014年9月に、Azure SQL Database Web/Businessエディションの終了を発表し (英語 / 日本語)、新しいBasic/Standard/Premiumサービス レベルを推奨しました。新しいレベルは、高度に予測可能なパフォーマンスを提供するように設計されており、ポイント イン タイム復元、時間単位の課金、Web/Businessエディションで利用できないさらなる機能を提供しています。Azure SQL Databaseアップデート (V12) では、さらなるパフォーマンスを提供し、拡張されたT-SQL対応などを導入しました。

(さらに…)