「translation」タグのついた投稿


ほとんどのモダン アプリケーションは、(IoTデバイスから来る変化への反応、モバイル アプリでのユーザーのクリックへの応答、顧客の要求からのビジネス プロセスの開始といった) イベントを使って構築されています。イベント ベース プログラミングの発展によって、(サーバーレス コンピューティング エンジンであるAzure Functions、サーバーレス ワークフロー オーケストレーション エンジンであるAzure Logic Appsといった) サーバーレス プラットフォームへの注目が高まっています。これら2つのサービスによって、インフラストラクチャ、プロビジョニング、スケーリングについて全く心配することなく、自分のアプリケーションに集中できます。

(さらに…)


Azure Web Appsに継続的にデプロイするJenkinsネイティブの機能を提供する、Azure App Service Plugin for Jenkinsのリリースを発表できて、誇らしく思います。環境によって、Visual Studio Team ServicesをJenkinsとともに使うことも、自分のクラウド アプリ/サービスをリリースするためにこのプラグインを活用することもできます。Azure Web Appsによって、開発者は、.NET、Node.js、PHP、Python、Javaを使って、強力なWebサイトやWebアプリを迅速に構築、デプロイ、管理できます。

(さらに…)


コンテナーは、開発者がアプリケーションを開発し、アプリケーションがデプロイされ、システム管理者が自分の環境を管理する方法を根本的に変えてきました。コンテナーは、幅広く受け入れられたオープンな標準を提供し、プラットフォーム間、クラウド間の単純な移植性を可能にしています。本日、コンテナーをデプロイすることをさらに簡単にする、新しいAzureサービスを発表できて、とても興奮しています。クラウドでのこの種のサービスとしては最初となるAzure Container Instances (ACI) は、非常に単純かつ高速に、管理する仮想マシン インフラなしに、コンテナーを提供する、新しいAzureサービスです。ACIは、クラウドでコンテナーを実行する、最も高速かつ簡単な方法です。

(さらに…)


AzureCAT patterns & practicesチームは、Azureアーキテクチャ センターで9つの新しいデザイン パターンを公開しました。これら9つのパターンは、マイクロサービスの設計、実装時に特に有益です。業界内のマイクロサービスへの興味の高まりが、これらのパターンを文書化する動機でした。

(さらに…)


Microsoft Cognitive Toolkit バージョン2.0が、GA (一般提供) となる完全リリースになりました。Cognitive Toolkitは、大量データに対して複数GPU、複数マシンにわたってスケールできるユーザー独自のニューラル ネットワークを、ユーザーが作成、訓練、評価できるようにすることで、エンタープライズ対応で製品級のAIを可能にします。

(さらに…)


近年、コンテナーはクラウド トランスフォーメーションの最前線におり、これには正当な理由があります。コンテナー テクノロジは、組織がアプリケーションをより簡単に構築し、デプロイし、クラウドとの間で移動できるようにします。このアジリティとポータビリティの向上によって、コンテナーは、アプリケーションをクラウドにおける新しい「通貨」にするのに役立ちます。Microsoftは、Azureにおけるコンテナー化されたワークロードへの興味とそのデプロイの両方が、爆発的に増えていることを確認しています。そして、我々は、Azureがこのワークロードを実行する最高の場所になるようにすることにコミットしています。

(さらに…)


image
Frank Seide (左) と Chris Basoglu (右) が、Microsoft Cognitive Toolkitを構築する鍵でした (写真撮影: Scott Eklund/Red Box Pictures)。

Microsoftが、Microsoft Cognitive Toolkitのアップデート バージョンをリリースしました。Microsoft Cognitive Toolkitは、音声認識、画像認識、検索関連性といった領域の進展を加速させる、CPUやNVIDIA GPUの上で動作するディープ ラーニング (深層学習) のためのシステムです。

(さらに…)