image


9月に、我々は、Open Neural Network Exchange (ONNX) フォーマットを発表しました。このフォーマットは、相互運用性を向上させ、AIの開発/デプロイの摩擦を減らすために、Microsoftが共同作成したものです。秋の間に、我々とビジョンを共有している多数の企業がONNXエコシステムのサポート発表し、12月には、ONNX v1がリリースされました。

続きを読む »

広告

image

CPU脆弱性の問題が公開されました。セキュリティを最優先し、この脆弱性によってAzureのお客様が危険にさらされることがないように、Azure Virtual Machinesのメンテナンスのスケジュールを前倒しします。

続きを読む »

image


Prasanth Pulavarthi

本日、我々は、Open Neural Network Exchange (ONNX) のリリースの準備ができたことを発表します。ONNXは、Microsoftが共同開発している、AIエコシステムの相互運用性と革新のためのオープン ソースのモデル表現です。ONNXフォーマットは、AIをすべての人にとって利用しやすく価値のあるものにする、オープン エコシステムの基盤です。開発者は自分のタスクに最適なフレームワークを選択でき、フレームワークの作者は革新的な拡張に集中でき、ハードウェア ベンダーは最適化を合理化できます。

続きを読む »

image


Conor Cunningham (Partner Architect, SQL)

数年前、Microsoft SQL Server製品チームは、SQL Serverコード ベースを共有している新しいクラウドPaaS (Platoform as a Service) である、Azure SQL Databaseを発表しました。クラウド ファースト サービスの稼働は、完全に対応するために数年の投資を費やした、レガシー SQL Serverエンジニアリング モデルの大幅な変更を必要としました。このエンジニアリング モデルの変更によって、Azure SQL Database、SQL Serverの両方に良い影響を与えた大きな利点がありました。

続きを読む »

image

ASCII.jpで、今年10月から週刊連載「週刊アジュール」を始めました。昨日公開した第15回で、年内の連載は終了です。

一覧で見てみると、Azureのアップデートの速さを実感しますね。

続きを読む »

image

このブログ ポストは、「Microsoft Azure Tech Advent Calendar 2017」の最終日 12/25の投稿として書いています。


マイクロソフトのパブリック クラウド プラットフォーム「Microsoft Azure」は、2017年も引き続き急激な機能拡張を続けてきました。1年前のAzureってどうだったっけ、と思い出すのが難しいくらいですね。

続きを読む »

iamge


1/4 追記

こちらをご覧ください。


12/28 追記

セルフサービス期間の開始日時が早まり、12/28からセルフサービス メンテナンスが可能になっています。セルフサービス期間の終了日時に変更はありません。

なお、リージョン、VMのシリーズなどによっては、セルフサービス メンテナンスを実行できない場合があります。その場合は、予定メンテナンスのスケジュールでVMの再起動が行われます。

  • セルフサービス期間: 2017年12月28日-2018年1月9日 (UTC)

次のブログ ポストのアップデートもご確認ください。

image


IaaSのAzure Virtual Machinesには、再起動を伴わないインプレース移行、再起動を伴うメンテナンスという、2種類のメンテナンスがあります。

続きを読む »