Azure SQL Databaseが新しいService Tierを導入

Posted: 2014/04/25 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , ,

新しいTierによって、エクスペリエンスを改善し、さらなるビジネス継続性の選択肢を提供。

Microsoft Azure SQL Databaseは、プレビュー中のPremiumに、新しいService Tier (Basic、Standard) を追加。今月Buildで発表したPremiumの新機能が利用可能に。本日、3つのTierすべてのプレビューも利用可能に

新しいService Tier

幅広い負荷に対し予測可能なパフォーマンスを提供するために設計。ビジネス継続性機能、99.95% アップタイムSLA、最大500GBを、より安価で提供。

  1. Basic: 軽いワークロード向け。パフォーマンス目標は、時間あたりのトランザクション数
  2. Standard: 中程度のパフォーマンスとビジネス継続性機能
  3. Premium: ミッション クリティカルDB向け。最高のパフォーマンス (秒あたりのトランザクション数) と、高度なビジネス継続性機能

パフォーマンス レベル

容易に増減可能な、スループットのレベルを導入。予測可能なパフォーマンスを実現。

事業継続

本日から、3つのTierのプレビューで、新しいビジネス継続性機能を提供。インポート/エクスポート機能やData Syncによる回避策が不要に。

  • セルフサービス復元: セルフサービスでバックアップからDBを復元。詳細はこちら
  • アクティブ地理レプリケーション: Premiumの機能。任意のAzureデータセンターに、最大4つの読み取り専用セカンダリ。フェールオーバーのタイミングとフェールオーバー先を制御可能。詳細はこちら

Service Tierの詳細

Basic Standard Premium
アップタイムSLA 99.95% * 99.95% * 99.95% *
DBサイズ上限 2GB 250GB 500GB
セルフサービス復元 過去24時間以内の最新復元ポイント 過去7日以内の任意のポイント 過去35日以内の任意のポイント
災害復旧 別のAzureリージョンに復元 ** 地理レプリケーション、パッシブなレプリカ ** アクティブ地理レプリケーション / 最大4つの読み取り専用レプリカ
パフォーマンス レベル Basic S1、S2 P1、P2、P3

* SLAは、GA (一般提供) 時に有効に。プレビューの使用条件はこちら
** すべてのDR (災害復旧) 機能は利用可能になっていない。詳細はこちら

Web、Businessの今後

現在のEdition (Web、Business) には変更なし。12か月後以降にサービス終了予定。移行のため、Basic、Standard、PremiumのGA (一般提供) 後、最低6か月はサービス継続予定。

追加リソース

関連情報

コメント
  1. […] 詳細については以下を参照してください。 Azure SQL データベースに新しいサービス レベルを導入 Azure SQL Databaseが新しいService Tierを導入 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中