Azure SQL Databaseの素晴らしい新機能を発表

Posted: 2015/08/31 カテゴリー: Uncategorized
タグ:, , , , ,

本日、さらに優れたクラウド アプリケーションの構築を可能にする、Azure SQL Databaseのいくつかの新機能をリリースします。

  • Elastic Database Pools機能向けの、2つの新しい料金レベルを導入します。Elastic Database Poolsによって、あなたとあなたのアプリ専用のプライベートなリソース プール上で、分離され独立している複数のデータベースを実行できます。これは、SaaS (サービスとしてのソフトウェア) 開発者が、経済的な方法で個別の顧客をより良く分離するための、素晴らしい方法を提供します。
  • また、SQL Databaseに、さらに大きなデータベースを実行できるようになる、著しく多くのコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングのリソースを備えた、新しいより上位のスケール オプションを導入します。

これらの機能追加は両方とも、今すぐ使い始められます。

Elastic Database Pools

あなたが数十、数百、あるいは数千のデータベースを持つSaaS開発者の場合、Elastic Database Poolsは、あなたが管理する予算内で多数のデータベースにわたってパフォーマンスを達成、維持、管理するプロセスを、劇的に簡素化します。

image

(特にB2BのSaaSアプリでの) 一般的なSaaSアプリケーションのパターンは、SaaSアプリが、各顧客のデータを格納するために別々のデータベースを使うことです。これには、各顧客のデータを別々に分離するという利点があります (そして、これによって、各顧客のデータを別々に暗号化し、別々にバック アップする、といったことが可能になります)。このパターンは、分離とセキュリティの観点からは素晴らしいものですが、各データベースが結局は予測不可能なさまざまなリソース消費 (CPU、I/O、メモリのパターン) を行い、各顧客のピークや谷の予測は難しいので、プロビジョニングすべきリソース量を知ることは難しくなります。開発者には、これまで2つの選択肢がありました。ピーク時の使用量を基にして、データベース リソースを過剰にプロビジョニングし、過剰に料金を支払うか、または、コストを削減するために、ピーク時のパフォーマンスと顧客満足度を犠牲にして、不十分にプロビジョニングするかです。

Microsoftは、特に開発者がこの問題を解決するために、Elastic Database Poolsを開発しました。Elastic Database Poolsでは、データベース リソース (CPU、I/O、メモリ) の共有プールを割り当て、そのプール上の分離された複数のデータベースを作成、実行できます。プールに追加した各データベースに対して、好みの最小/最大パフォーマンスSLAを設定できます (これによって、データベースが、プール内の他のデータベースに不当に影響を与えないようにします)。また、管理APIによって、複数のデータベースをまとめてスクリプト化/管理する そしてオプションとして (さまざまな運用に便利な) 複数のデータベースにわたるクエリを実行するのが、ずっと簡単になります。そして、特にElastic Database Poolsに複数のデータベースを追加した際には、 (各顧客はさまざまなピークや谷を持つ傾向があるため) 通常の使用負荷を平均でき、各データベースを別々に実行した場合に比べて、結局は必要となるデータベース リソースがずっと少なくなります (そして、結果として料金がより少なくなります)。

次の図は、SaaS開発者がElastic Database Pools機能を活用した際に見られる、典型例を示しています。個別の各データベースは、使用率のの観点ではさまざまなピークや谷を持っています。複数のデータベースをElastic Database Poolsに組み合わせると、(ピークや谷がさまざまな時間に発生することが多いので) ピークや谷が平準化される傾向があり、各データベースのリソースを別々に用意した際に必要となるリソースに比べて、必要となる全体リソースがずっと少なくなります:

image

また、Elastic Database PoolsはSQL Databaseサービスを使って構築されているので、SQL Databaseに組み込まれている、基になる「サービスとしてのデータベース」機能のすべてを活用できます。99.99% SLA、追加料金なしで組み込まれている複数のHA (高可用性) レプリカのサポート、パッチ適用時のダウン タイムなし、地理レプリケーション、PITR (ポイント イン タイム復元)、データのTDE暗号化、行レベル セキュリティ、フル テキスト検索などです。最終結果は、多くの柔軟性とコスト削減を提供する、本当に素晴らしいデータベース プラットフォームです。

Elastic Database Pools向けの新しいBasic、Premiumレベル

今年の//Buildカンファレンスで、Azureでの新しいElastic Database Poolsのサポートを発表し、Standardレベルでのパブリック プレビューを開始しました。Standardレベルでは、Elastic Database Pools内の個別のデータベースを、最大100eDTUのパフォーマンスまでバーストできます (DTUは、コンピューティング、I/O、ストレージのパフォーマンスの組み合わせを表しています)。

本日、より幅広いパフォーマンスとコストの選択肢を可能にするため、Basic、PremiumレベルのElastic Database Poolsを追加します。

  • BasicレベルのElastic Database Poolsは、軽い使用量のSaaSシナリオに最適です。BasicレベルのElastic Database Poolsでは、個別のデータベースのパフォーマンスを最大5eDTUまでバーストできます。
  • PremiumレベルのElastic Database Poolsは、データベースあたりで最高のパフォーマンスを必要とするデータベース向けに設計されています。PremiumレベルのElastic Database Poolsでは、個別のデータベースのパフォーマンスを最大1,000eDTUまでバーストできます。

Elastic Database Poolsのこれら3つの料金レベルのオプションは、SaaS開発者が活用できる多大な柔軟性と選択性を提供し、幅広いさまざまなシナリオに対応するように設計されています。

料金レベル間でのデータベースの簡単な移行

我々がサポートする素晴らしい機能の1つに、(異なる料金レベルのプールを含む) さまざまなElastic Database Pools間で個別のデータベースを簡単に移行できる機能があります。たとえば、SaaS開発者は、自分のアプリケーションの試用版である顧客をスタートさせ、その顧客のために、非常にコスト効率の良いBasicレベルのElastic Database Pools内のデータベースを実行できます。その顧客の使用量が成長するにつれて、ダウンタイムなしにデータベースをStandardレベルのElastic Database Poolsに自動移行できます。その顧客が成長し、多大な量のリソースを必要とする場合、データベースをPremiumレベルのElastic Database Poolsに移行するか、または、データベースを大量のリソース容量を備えたスタンドアロンのSQL Databaseとして実行することができます。

これは多大な柔軟性と機能を提供し、さらに優れたアプリケーションの構築を可能にします。

Elastic Database Poolsの管理

Elastic Database Poolsの素晴らしいことの1つに、このサービスが、データベースを実行しているインフラについて心配する必要なしに多数のデータベースを簡単に管理するための、管理機能を提供していることがあります。

Azure管理ポータルを使って、または、コマンド ライン ツールや管理REST APIを介して、Elastic Database Poolsを作成、管理できます。また、本日のアップデートで、Elastic Database Poolsに対してデータベースを追加、削除するT-SQLを使えるように、機能を追加します。また、本日のアップデートで、Elastic Database Pools内のデータベースのリソース使用率の計測するT-SQL機能を追加します。これによって、データベースごとの使用率を監視、追跡するのがずっと簡単になります。

image

Elastic Database Poolsのレベル別の機能

プレビュー期間中、我々は、Elastic Database Poolsの密度を制御する多数のパラメーターを調整してきており、今後も調整し続ける予定です。

特に、プールあたりのデータベース数、プールのeDTU数の現在の上限は、GA (一般提供) リリースに向かって進むにつれて我々が着実に増加させる予定のパラメーターです。我々の計画は、同時に99.99%の可用性SLAを維持しつつ、プールあたりで可能な最高密度、最大のプール サイズ、Elastic Database Poolsの最高の経済性を提供することです。

次の表は、現在のプレビューにおける、Elastic Database Poolsの各レベル オプションに対するパフォーマンス パラメーターです。

Basic Elastic Standard Elastic Premium Elastic
Elastic Database Pools
プールあたりのeDTUの範囲 (プレビューでの上限) 100-1200eDTU 100-1200 eDTU 125-1500eDTU
プールあたりのストレージの範囲 10-120GB 100-1200 GB 63-750 GB
プールあたりの最大データベース数 (プレビューでの上限) 200 200 50
プールと追加eDTUの推定月間コスト (プレビュー料金) 0.2ドル/時から (約149ドル/プール/月)。各追加eDTUは、0.002ドル/時 (約1.49ドル/月)。 0.3ドル/時から (約223ドル/プール/月)。各追加eDTUは、0.003ドル/時 (約2.23ドル/月)。 0.937ドル/時から (約697ドル/プール/月)。各追加eDTUは、0.0075ドル/時 (約5.58ドル/月)。
eDTUあたりのストレージ eDTUあたり0.1GB eDTUあたり1GB eDTUあたり0.5GB
Elastic Database
データベースあたりの最大eDTU (プレビューでの上限) 0-5 0-100 0-1000
データベースあたりの最大ストレージ 2 GB 250 GB 500 GB
データベースあたりのコスト (プレビュー料金) 0.0003ドル/時 (約0.22ドル/月) 0.0017ドル/時 (約1.26ドル/月) 0.0084ドル/時 (約6.25ドル/月)

我々は、プレビューが進行するにつれて、前述のパラメーターを検討し続け、プールあたりの最大データベース数を増加させる予定です。皆さんからのフィードバックを楽しみにしています。

新しいより上位スケールのSQL Databaseパフォーマンス レベル

また、本日、Elastic Database Poolsの拡張に加えて、スタンドアロン データベース向けの、新しいSQL Database Premiumパフォーマンス レベル オプションもリリースします。

本日、スケール アップしたいSQL Database向けに、さらに高いパフォーマンスのデータベースのオプションを提供する、新しいP4 (5000DTU)、P11 (1750DTU) レベルを追加します。また、新しいP11レベルは、最大1TBまでのサイズのデータベースをサポートするようになりました。

開発者は、10個のさまざまなSQL Databaseパフォーマンス レベルから選択できるようになりました。必要に応じていつでも、データベースのダウンタイムや中断なしに、簡単にスケール アップ、スケール ダウンできます。各データベース パフォーマンス レベルは、99.99% SLA、(SLAを得るために複数インスタンスを購入する必要がなく、SLAが各データベースに組み込まれていることを意味する) 追加料金なしで組み込まれている複数のHA (高可用性) レプリカのサポート、パッチ適用時のダウン タイムなし、PITR (ポイント イン タイム復元) オプション (バックアップを必要としない復元) 、データのTDE暗号化、行レベル セキュリティ、フル テキスト検索をサポートしています。

image

さらに学ぶ

http://azure.microsoft.com/ Webサイト (英語 / 日本語) にアクセスして、SQL Databaseについてさらに学べます。SQL Databaseが提供する機能についてさらに学ぶために、SQL Database製品ページ (英語 / 日本語) を確認し、SQL Databaseを使った素晴らしいアプリケーションの構築方法をさらに学ぶために、技術ドキュメント (英語 / 日本語) をお読みください。

まとめ

データベースの本日のアップデートによって、開発者は、さらに優れたクラウド アプリケーションを構築し、アプリケーションをより高度でよりインテリジェントにするためにデータを使えるようになります。我々は、皆さんが構築したソリューションを見るのを本当に楽しみにしています。

関連情報

コメント
  1. […] リリースを発表しました (英語 / 日本語)。Elastic Database […]

  2. […] 2015/08/27 Elastic Database Poolsに新しいサービス帯が追加されました。 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中